各種の数式を作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

Excel には、さまざまな種類の計算結果を実現するための単純および複雑なの数式がサポートしています。数式には、作成する数式の種類に応じて、関数、 セル参照、 定数、および演算子を含めることがあります。1 つの関数、入れ子になった関数、または 1 つまたは複数の結果を計算する配列を使用することができます。

次のいずれかの操作を行います。

定数と演算子を使用して簡単な数式を作成します。

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. 「=」(等号) を入力します。

  3. 数式を入力するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 計算に使用する定数および演算子を入力します。

数式

説明

=5+2

5 に 2 を加算します。

=5-2

5 から 2 を減算します。

=5/2

5 を 2 で除算します。

=5*2

5 を 2 で乗算します。

=5^2

5 を 2 乗します。

  • 数式に使用する値が入力されているセルをクリックし、使用する演算子を入力し、値が入力されている別のセルをクリックします。

数式

概要 iption

=A1+A2

セル A1 とセル A2 の値を加算します。

=A1-A2

セル A1 の値から A2 の値を減算します。

=A1/A2

セル A1 の値を A2 の値で除算します。

=A1*A2

セル A1 の値を A2 の値で乗算します。

=A1^A2

セル A1 の値を A2 で指定された指数値でべき乗します。

  1. ヒント: 目的の計算結果が得られるまで、必要に応じて数式内に最大 8192 文字の定数と演算子を入力できます。

  2. 返すキーを押します。

セル参照と名前を使用して数式を作成します。

このセクションの最後の例の数式では、他のセル、または相対セル参照の相対参照を含みます。その値が他のセルの値に依存している場合、数式を含むセルは参照先のセルと呼びます。たとえば、セル B2 は、数式= C2が含まれている場合、依存するセルです。

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. 数式バーでは、等号 (=) を入力します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 参照を作成するには、別のブックのセル、セル範囲、別のシート内の場所または場所を選択します。選択、移動するセルの枠線をドラッグしたり、選択範囲を拡張する境界線の隅をドラッグすることができます。

    • [挿入] メニューで、 名前範囲への参照を入力するには、] をポイントし、し、[貼り付け] をクリックします。名前の貼り付け] ボックスでをクリックし、目的名を選択OK

数式

説明

=C2

セル C2 の値を使用します。

=Sheet2!B2

Sheet2 のセル B2 の値を使用します。

=資産-負債

"資産" という名前のセルの値から、"負債" という名前のセルの値を減算します。

  1. 返すキーを押します。

関数を使用して数式を作成する.

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. 関数、[数式] タブの [関数] の下で、数式を開始するにはを挿入するをクリックし、使用する関数を選択します。

    注: [数式] タブで、使用する関数がわからない場合は、関数では、[可能な数式を参照する参照をクリックします。

  3. 引数を入力します。

    ヒント: 引数としてセル参照を入力するには、シート上のセルを選択します。

数式

説明

=SUM(A:A)

列 A に含まれるすべての数値を合計します。

=AVERAGE(A1:B4)

指定範囲内のすべての数値の平均値を返します。

  1. 数式を完了したら、[戻るキーを押します。

ネストした関数を使用して数式を作成します。

入れ子になった関数では、別の関数の引数の 1 つとして、関数を使用します。64 レベルまでの関数をネストすることができます。次の数式は、別の番号 (f2: f5) のセットの平均値が 50 より大きい場合にのみ (集合 g2: g5) の数値を合計します。それ以外の場合、0 が返されます。

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. [数式] タブの [関数] の下で、関数の数式を開始するのにはを挿入するをクリックし、し、使用する関数を選択します。

    注: [数式] タブで、使用する関数がわからない場合は、関数では、[可能な数式を参照する参照をクリックします。

  3. 引数を入力するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 引数としてセル参照を入力するには、シート上のセルを選択します。

    • 引数として使用するには、別の関数を入力するには、必要な引数ボックスに、関数を入力します。SUM(G2:G5)真の場合に、IF 関数のボックスの編集を追加する例

    • [引数] に表示される数式の要素は、前の手順で選択した関数を反映します。たとえば、場合] をクリックした場合の引数] セクションには、IF 関数の引数が表示されます。

  4. 数式を完了したら、[戻るキーを押します。

1 つの結果を算出する配列数式を作成します。

配列数式を使用すると、1 つの結果を生成するのにいくつかの計算を実行します。配列数式では、標準的な数式の構文を使用します。等号 (=) で始まるすべてと、配列数式の組み込みの Excel 関数を使用することができます。この種類の配列数式は、1 つの配列数式を使って、複数の異なる数式を置き換えることで、シートのモデルを簡素化できます。

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. 使用する数式を入力します。

    たとえば次の数式では、株価と株数の配列の集計値を計算していますが、各セルの行を使用した銘柄ごとの集計値の計算や表示は行っていません。

    数式を入力すると{= SUM (B2:C2 * B3:C3)} 、配列数式としてと Excel のマルチプル株数 (500 * 10 と 300 * 15)、銘柄ごとの価格を 9500 の合計の値を取得するためには、その計算の結果を追加します。

  3. コマンド キーを押しながら Return キーを押して、数式を配列数式として入力します。

    {} (かっこと終わり中かっこのペア) の間に数式が自動的に挿入します。

    注: 

    • 数式の前後のかっこを入力して手動で変換されません、配列数式に- コマンド + 配列数式を作成するのには、RETURN キーを押すこと必要があります。

    • 配列数式を編集するでは、配列数式の中かっこ ({}) が表示されなくなり、 コマンド + 中かっこを追加して、配列数式に、変更を適用するには、もう一度 RETURN キーを押すこと必要があります。

複数の結果を算出する配列数式を作成します。

シートの一部の機能は、配列の値を返すまたは引数として使用するには、値の配列を必要とします。配列数式を使用して複数の結果を計算するには、同じ数の行と列配列引数としてがされているセルの範囲に配列を入力してください。

  1. 配列数式を入力するセル範囲を選択します。

  2. 使用する数式を入力します。

    TREND 関数はたとえば、一連の 3 つの売り上げ高 (列 B) を指定すると、3 か月 (列 A) の一連の定額法の売り上げ高の値を決定します。数式のすべての結果を表示するには、列 C (C1:C3) の 3 つのセルに入力されます。

    配列数式として数式=TREND(B1:B3,A1:A3)を入力すると、3 つの結果 (22196、17079、および 11962)、次の 3 つの売り上げ高と 3 か月に基づくが生成されます。

  3. コマンド キーを押しながら Return キーを押して、数式を配列数式として入力します。

    {} (かっこと終わり中かっこのペア) の間に数式が自動的に挿入します。

    注: 

    • 数式の前後のかっこを入力して手動で変換されません、配列数式に- コマンド + 配列数式を作成するのには、RETURN キーを押すこと必要があります。

    • 配列数式を編集するでは、配列数式の中かっこ ({}) が表示されなくなり、 コマンド + 中かっこを追加して、配列数式に、変更を適用するには、もう一度 RETURN キーを押すこと必要があります。

数式の作成に関するヒントとテクニックをについてください。

参照の種類を簡単に変更する

相対参照、絶対参照、複合参照を切り替えるには:

  1. 数式が入力されているセルを選択します。

  2. 数式バーでを変更する参照を選択します。

  3. [数式] タブで、関数では、[スイッチのリファレンスをクリックします。

数式オートコンプリートを使用する

簡単に作成し、数式を編集および入力や構文エラーを最小限に抑えることをするには、数式オートコンプリートを使用します。等号 (=) を入力し、(最初の文字が表示トリガーとして機能する) の文字を開始するには、有効な関数とセルの下の名前の動的な一覧が表示されます。挿入した後、関数または名前を数式に (TAB キーを押してまたはリストのアイテムをダブルクリックして) 挿入トリガーを使用して、適切な引数が表示されます。数式の入力、コンマ (,) を入力することができますとしても機能の表示トリガー-Excel の他の引数が表示されます。その他の関数または名は、数式に挿入することができ、Excel がもう一度選択できます動的な一覧を表示、最初の文字を入力するとします。

数式をすばやくコピーする

セルの範囲に同次数式をすばやく入力できます。数式バーに数式をコピーして、コントロール + RETURN キーを押します計算の結果を追加する範囲を選択します。たとえば、C1:C15、範囲内の=SUM(A1:B1)を入力し、押してコントロール + RETURN、Excel のデータ更新の範囲の各セルに数式をコピーした場合は、相対参照として A1 を使用します。

関数と引数のインライン ヘルプを使用します。

関数の引数に慣れていない場合は、等号 (=)、関数名とかっこを入力した後に表示されるヘルプは、関数を使用することができます。関数のヘルプ トピックを表示する関数名をクリックします。シートに対応する引数を選択して、数式の引数の名前をクリックすることもできます。

数式を作成するときに、一般的なエラーを回避します。

次の表を行うことが最も一般的なエラーの一部と、それらのエラーを修正する方法、数式を入力します。

確認する.

詳細について

開くかっこと閉じるかっこをすべて一致させる

すべてのかっこに、対応するかっこが存在することを確認します。数式を作成するとき、入力したかっこが色付きで表示されます。

セル範囲の指定にコロンを使用する

ときは、範囲のセルの範囲の最初のセルへの参照と、参照の別の最後にコロン (:) を使用するセルの範囲を参照してください。たとえば、 a1: a5です。

必要な引数をすべて入力する

一部の関数には必須の引数があります。また、必要な数より多くの引数を指定していないことを確認します。

64 を超える関数をネストしない

関数内に、64 レベルを超える関数を入力またはネストすることはできません。

他のシートの名前を単一引用符で囲む

値またはその他のシートまたはブックのセルに数式が参照の他のブックまたはシートの名前に英数字以外の文字が含まれている場合は、その名前を単一引用符 (') を囲む必要があります。

外部参照先のブックへのパスを含める

それぞれの外部参照に、ブック名とそのブックへのパスが含まれていることを確認します。

数値を書式なしで入力する

数式に入力する際、数値は書式設定しないでください。たとえば、入力したい値が $1,000 であっても、数式には 1000 と入力します。

関連項目

数式を入力する

演算子と演算の順序

相対参照と絶対参照を切り替える

数式を入力するときにオートコンプリートを使用します。

数式で名前を使用します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×