各ページで繰り返し表示されるウォーターマークを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Publisher 2010ページの背景にテキストまたは画像を追加して透かし従来の translucence をシミュレートすることができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

テキストの透かしを追加します。

画像の透かしを追加します。

ワードアートの透かしを追加します。

一連のページに別の透かしを追加します。

テキストのウォーターマークを追加する

次の簡単な方法で、"ドラフト" や "サンプル" などの単語を文書のページに追加できます。

  1. [ページ デザイン] タブで [マスター ページ] をクリックします。次に、ウォーターマークを追加するマスター ページの名前をポイントして、[マスター ページの編集] をクリックします。

  2. [挿入] タブで、テキスト ボックスの描画 ボタンの画像 ] をクリックします。

  3. マスタ ページをクリックしてテキスト ボックスを作成します。

  4. 目的のテキストを入力し、そのテキストを選択します。

  5. [テキスト ボックス ツール] タブの [フォント] で、[フォントの色] ドロップダウン メニューをクリックし、[塗りつぶし効果] をクリックします。

  6. [塗りつぶし効果] ダイアログ ボックスで、色の濃淡が 30% 以下のものをクリックします。

    注: 色を変更するには、[基本色] の横の矢印をクリックし、いずれかの色のオプションを選択します。

    ヒント: 従来のウォーターマークと同様の外観にするには、[文字飾り] で [浮き出し] または [浮き彫り] をクリックします。

  7. 文書ページに戻るには、[マスター ページ] タブの [マスター ページを閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

グラフィックのウォーターマークを追加する

小さなイメージやページ全体にわたるイメージなど、各種のサイズのイメージをテキストの背景として使用すると、テキストの色とイメージの色のコントラストが統一されている場合には効果的です。使用できるのは、図、クリップ アート、およびその他のイメージ (会社のロゴなど) です。最初に、ページに図枠を追加します。次に、図枠にイメージを挿入します。最後に、イメージの書式を設定します。

図枠をセットアップする

  1. [ページ デザイン] タブで [マスター ページ] をクリックします。次に、ウォーターマークを追加するマスター ページの名前をポイントして、[マスター ページの編集] をクリックします。

  2. [挿入] タブの [図のプレースホルダー] をクリックします。

  3. 空の図枠の調整ハンドルを目的のサイズまでドラッグします。

    作成する正方形のサイズに応じて、図の長辺の長さが決まります。図枠に挿入する図は、長辺が図枠のサイズに収まるように縮小または拡大されます。

イメージを追加する

イメージを追加するには、次のいずれかの操作を行います。

クリップ アートを挿入する

  1. [挿入] タブの [クリップ アート] をクリックします。

  2. [クリップ アート] 作業ウィンドウで、検索する語句を [検索] ボックスに入力し、[検索] をクリックします。

    When you search for clip art and pictures online, you'll be directed to Bing. You're responsible for respecting copyright, and the license filter in Bing can help you choose which images to use.

  3. 文書に挿入表示されている画像のいずれかをクリックします。

    注: 画像が、トリミング ツールの塗りつぶしの機能を使用して図のプレース ホルダーを追加します。トリミングの詳細についてを参照してください:画像をトリミングします。

コンピューター上のファイルから図を挿入する

  1. [挿入] タブの [] をクリックします。

  2. [図の挿入] ダイアログ ボックスで、挿入する図が含まれるフォルダに移動して、選択する図のファイルをクリックします。

  3. 次のいずれかを実行します。

    • 図を埋め込むには、[挿入] をクリックします。

    • ハード_ディスク上にある画像ファイルには、図をリンクするには、を挿入するには、横にある矢印をクリックし、[ファイルへのリンクをクリックします。

      注: 画像が、トリミング ツールの塗りつぶしの機能を使用して図のプレース ホルダーを追加します。トリミングの詳細についてを参照してください:画像をトリミングします。

イメージの書式を設定する

図の強調を弱めて、文書のページ上のオブジェクトと競合しないようにするには、図の色を調整します。

  1. 図をマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの [図の書式設定] をクリックします。

  2. [] タブをクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • ウォッシュアウト    すべての色を全体的に薄くするには、[イメージ コントロール] で、[] ボックスの一覧の [ウォッシュアウト] をクリックします。

    • グレースケール    図をグレースケールに変更するには、[イメージ コントロール] で、[] ボックスの一覧の [グレースケール] をクリックします。

    • 1 色    図を単一色の網掛けに変更するには、[イメージ コントロール] の [色の変更] をクリックします。次に、[図の色変更] ダイアログ ボックスで、[] の横の矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

      • 現在の配色の中からいずれかの色を適用するには、目的の色をクリックします。

      • 他の色を表示するには、[その他の色] をクリックし、必要なオプションを選択して、[OK] をクリックします。

        注: スポット カラーを使用している文書の場合は、[その他の色] は使用できません。

文書ページに戻るには、[マスター ページ] タブの [マスター ページを閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

ワードアートのウォーターマークを追加する

ワードアートのウォーターマークを文書に追加する手順は、テキストのウォーターマークを追加する手順に似ています。

  1. [ページ デザイン] タブで [マスター ページ] をクリックします。次に、ウォーターマークを追加するマスター ページの名前をポイントして、[マスター ページの編集] をクリックします。

  2. [挿入] タブで、ワードアート ボタンの画像 ] をクリックします。

  3. 目的のワードアートのスタイルを選択し、[OK] をクリックします。

  4. [ワードアート テキスト] ダイアログ ボックスで、必要なテキストの入力と書式設定を行って、[OK] をクリックします。

  5. ワードアートを右クリックし、ワードアートの書式設定 ボタンの画像 をクリックし、[色と線] タブをクリックします。

  6. 目的の色を選択し、透過性の設定値を 70% 以上まで大きくします。

  7. 文書ページに戻るには、[マスタ ページの編集] ツールバーの [マスタ表示を閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

一部のページに別のウォーターマークを追加する

単一のマスタ ページのみを使用する文書で、そのマスタ ページにウォーターマークを追加した場合、文書のすべてのページにそのウォーターマークが表示されます。特定のページのみに表示するウォーターマークを追加するには、マスタ ページではなく文書のページにテキストまたは図を配置し、その図またはテキスト ボックスを背面へ移動します。

注: 透かしがない、文書のページを作成する場合は、各ページを選択し、なしでは、使用し、マスター ページまたは単に[(なし)にマスター ページを設定します。

一部のページ (たとえば章や本の署名など) に別のウォーターマークを追加するには、別のマスター ページを作成し、各マスター ページに適切なウォーターマークを挿入して、それぞれのマスター ページを文書の適切なページ範囲に適用します。ウォーターマークは、見開きのマスター ページにも追加できます。

ヒント: ページ上の他のオブジェクトの背面にウォーターマークが配置されている場合、不透明のオブジェクトでウォーターマークが隠れることがあります。不透明のオブジェクトを透明にするには、オブジェクトをクリックして選択し (オブジェクトが表の場合は表全体を選択し)、Ctrl キーを押しながら T キーを押します。オブジェクトが不透明の場合、透明になります。オブジェクトが既に透明の場合、白色になります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×