古い RSS アイテムを自動的に削除する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

RSS フィードをいくつかのコンテンツの量は、最高できます。Microsoft Office Outlook 2007に複数の RSS フィードを追加すると、Microsoft Exchange メールボックスまたは個人用フォルダー ファイル (.pst)がのサイズは大きくすばやくことを検出することがあります。

Microsoft Outlookで古いアイテムの整理機能では、特定の日付より古いアイテムを削除するのには、自動方法を提供します。多くの RSS フィードには、ニュースやその他のタイミングが重要な情報が含まれます。古いアイテムを保持する必要がない通常、電子メール メッセージを保持する名前を付けておくします。

注: この記事の手順では、古いアイテムの整理機能の使用が必要です。古いアイテムの整理をメッセージング レコード管理に Exchange アカウントが含まれて、コンピューターに Outlook プロファイルのいずれかの場合は利用できないことがあります。

この記事の内容

古いアイテムの整理について

RSS アイテムの整理をカスタマイズします。

古いアイテムの整理を有効にします。

RSS フィードのフォルダーごとに古いアイテムの整理の設定を指定します。

手動でアーカイブまたは削除します。

古いアイテムの整理の詳細

古いアイテムの整理では、既定でオンにし、アーカイブ、指定した場合は、すべての Outlook フォルダーから古いアイテムを削除する予定の間隔で自動的に実行します。古いアイテムは、指定した期間に到達します。

既定では、Outlook には、次の場所にアーカイブ ファイルが作成されます。

  • Windows Vista の場合    

    drive:\user\AppData\Local\Microsoft\Outlook\Archive.pst

    ローカルフォルダー] が表示されない場合は表示されないことができます。隠しフォルダーを表示する方法については、Microsoft Windows のヘルプを参照してください。

  • Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 の場合    

    ドライブ名: \Documents and \local して Data\Microsoft\Outlook\Archive.pst

    Local settings]のフォルダー] が表示されない場合は表示されないことができます。隠しフォルダーを表示する方法については、Windows のヘルプを参照してください。

Outlook では、アイテムをアーカイブ後のアイテムを Outlook のナビゲーション ウィンドウでは、アーカイブ フォルダーから直接アクセスできます。[移動] メニューのナビゲーション ウィンドウで、アーカイブ フォルダーを表示するには、フォルダー一覧をクリックします。

アーカイブ フォルダーを開くと、Outlook が既存のフォルダー構造を管理していることが表示されます。上のフォルダーをアーカイブするように選択した親フォルダーは、アーカイブ ファイルで、親フォルダーが作成されますが、親フォルダー内には、古いアイテムの整理の条件に一致するアイテムのみがアーカイブされています。アイテムに移動、メインのメールボックスや他のフォルダーを指定すると、元のフォルダーに整理用のファイルからのすべてのアイテムをインポートすることができます。 アーカイブする場合または手動で移動またはコピーを含め、フォルダー間でドラッグすることができます。.

ページの先頭へ

RSS アイテムの整理をカスタマイズします。

古いアイテムの整理の設定は、グローバル設定とフォルダーの設定。

  • グローバル設定   グローバル設定は、既定の設定とも呼ばれ、古いアイテムの整理を実行され、機能の連絡先を除くすべての Outlook フォルダー内のアイテムでは既定で古いアイテムの整理の対象外であるかどうかを決定します。

  • フォルダーの設定   これらの設定は既定の設定を上書きするため、異なる個々 のフォルダーを整理することができます。

特定のフォルダーの古いアイテムの整理の設定を指定しない場合は、フォルダーは保存されません。古いアイテムの整理の設定は、現在のメールボックスだけに適用されます。これは、設定が、Exchange アカウントにのみ適用する場合、Exchange アカウントのフォルダーを選び、[古いアイテムの整理のグローバル設定を設定することを意味します。

注: 古いアイテムの整理の設定] のほか、メールボックス内のアイテムはアイテム保持ポリシーまたは組織を適用するメッセージのレコード管理の適用対象こともあります。アイテム保持ポリシーとレコード管理のメッセージは、組織のポリシーによって定義された、一定期間のアイテムのユーザーの保存を制限します。これらのポリシーは、古いアイテムの整理の設定よりも優先されます。お使いのコンピューター上の任意の Outlook プロファイルで、Exchange アカウントにメッセージング レコード管理が有効になっているときに、お使いのコンピューター上の任意の Outlook プロファイルから古いアイテムの整理が完全に削除します。

ページの先頭へ

古いアイテムの整理を有効にします。

既定で古いアイテムの整理が有効をオフにするし、必要なときに、この機能をオンにします。操作するには、この記事の手順で、古いアイテムの整理をオンにする必要があります。

RSS フィードのフォルダーのみの古いアイテムの整理を使用する場合は、古いアイテムの整理が有効で構成する必要がある特定のフォルダーに以外のアクションを受け取らないように、既定の設定を変更することをお勧めします。これにより、誤ってアーカイブまたはに影響を与える、意図しないフォルダーから削除します。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [その他] タブの [古いアイテムの整理を] をクリックします。

    古いアイテムの整理の設定

  3. N 日ごと整理を行う] チェック ボックスを選択します。

  4. 古いアイテムの整理を実行する頻度を 1 から] ボックスに 60 までの数値を入力します。

    RSS フィードのフォルダーで古いアイテムの整理を効果的に使用するには、1 ~ 7 日間の値を使用することをお勧めします。アイテムが保存されている日付が古いアイテムの整理の実行頻度の番号ではありません。頻繁に古いアイテムの整理を実行するより正確な保持期間はします。

  5. アーカイブ中に、[期限切れアイテムの削除 (電子メール フォルダーのみ)古いアイテムの整理] または [削除のチェック ボックスをオフにします。

    これらのチェック ボックスをオフにすることは、誤ってフォルダーに影響しないで古いアイテムの整理の操作を実行することを防止するのに役立ちます。この記事の後半では、フォルダーごとに自動整理の設定を指定します。

    古いアイテムの整理を使用している場合は、既定のグローバル設定を使用して、フォルダーの一部の設定を変更する必要はありません。

ページの先頭へ

RSS フィードのフォルダーごとに古いアイテムの整理の設定を指定します。

各 [RSS フィード] フォルダーの古いアイテムの整理の設定を指定する必要があります。古いアイテムの整理のプロパティは、再帰-プロパティは親フォルダーから継承されません。

  1. ナビゲーション ウィンドウでは、オプションを設定する RSS フィード] フォルダーを右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。

  2. [古いアイテムの整理] タブをクリックします。

    [RSS フィード] フォルダーの [古いアイテムの整理] 設定

  3. これらの設定を使用してこのフォルダーを保存] をクリックします。

  4. 期間のデータの個数よりも古いアイテムの消去n は、1 ~ 999 の数値を表す、期間が等しいか月、または週単位場所、保持する RSS アイテムを時間の最大の長さを入力します。

  5. [古いアイテムを完全に削除する] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

  7. 自動的に削除するアイテムが含まれる各 RSS フィード] フォルダーを繰り返します。

ページの先頭へ

手動でアーカイブまたは削除します。

  1. [ファイル] メニューの [古いアイテムの整理] をクリックします。

  2. 指定のオプションを使用して、個々 のフォルダーをアーカイブするかどうか、古いアイテムの整理の設定 (つまり、既定の設定または個々 のフォルダーに指定したフォルダーごとの設定) を使用してすべてのフォルダーを整理するかどうかを指定します。このダイアログ ボックス。

注: 既定以外のファイルに保存するには、[アーカイブ ファイル] ボックスで別のファイル名を指定します。選択したフォルダーにアイテムを別のアーカイブ ファイルが自動的に作成します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×