古いアイテムの整理の設定について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

古いアイテムの整理により、メールボックス内の領域を管理するか、電子メール サーバーを使用して自動的にアイテムをアーカイブの場所に移動します。古いアイテムの整理では、いずれかを実行または両方の条件によって、フォルダー内のアイテムに対して次の操作を設定します。

  • Outlook では、これらの作業フォルダーのいずれかの一般的に、元の場所からの削除、アーカイブ ファイルにアイテムを移動します。

    Outlook が自分のアイテムを移動する場所

    アーカイブ ファイルは特別な種類のデータ ファイルである個人用フォルダー ファイル (.pst) です。古いアイテムの整理の最初の実行時に、Outlook​​ では以下の場所に自動的にアーカイブ ファイルが作成されます。

    • Windows Vista の場合     C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Outlook¥Archive.pst

    • Microsoft Windows XP の場合     C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥Outlook¥Archive.pst

    Outlook でアイテムが最初にアーカイブされた後は、Outlook のナビゲーション ウィンドウにあるフォルダー一覧の [保存フォルダー] からファイル内のアイテムに直接アクセスできます。また、フォルダーごとに独自のアーカイブ ファイルを作成することもできます。

    注: Local Settings フォルダーまたは Local フォルダーが表示されない場合は、非表示になっている可能性があります。

    隠しフォルダーを表示する方法

    • Windows Vista の場合    

      1. [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロール パネル] をクリックします。

      2. [デスクトップのカスタマイズ] をクリックします。

        注: コントロール パネルのクラシック表示を使用している場合は、[フォルダー オプション] をダブルクリックしてから手順 4. に進みます。

      3. [フォルダー オプション] をクリックします。

      4. [表示] タブの [詳細設定] で、[ファイルおよびフォルダー] の下にある [ファイルとフォルダーの表示] の [非表示のファイルとフォルダーを表示する] をクリックします。

    • Windows XP    

      1. [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロール パネル] をクリックします。

      2. [フォルダー オプション] をクリックします。

        フォルダ オプション

      3. [表示] タブをクリックし、[すべてのファイルとフォルダーを表示する] オプションをオンにします。

    アーカイブ ファイルは特別な種類のデータ ファイルである個人用フォルダー ファイル (.pst) です。古いアイテムの整理の最初の実行時に、Outlook​​ では以下の場所に自動的にアーカイブ ファイルが作成されます。

    • Windows Vista の場合     C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Outlook¥Archive.pst

    • Microsoft Windows XP の場合     C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥Outlook¥Archive.pst

      Outlook でアイテムが最初にアーカイブされた後は、Outlook のナビゲーション ウィンドウにあるフォルダー一覧の [保存フォルダー] からファイル内のアイテムに直接アクセスできます。また、フォルダーごとに独自のアーカイブ ファイルを作成することもできます。

      注: Local Settings フォルダーまたは Local フォルダーが表示されない場合は、非表示になっている可能性があります。

      隠しフォルダーを表示する方法

      • Windows Vista の場合    

        1. [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロール パネル] をクリックします。

        2. [デスクトップのカスタマイズ] をクリックします。

          注: コントロール パネルのクラシック表示を使用している場合は、[フォルダー オプション] をダブルクリックしてから手順 4. に進みます。

        3. [フォルダー オプション] をクリックします。

        4. [表示] タブの [詳細設定] で、[ファイルおよびフォルダー] の下にある [ファイルとフォルダーの表示] の [非表示のファイルとフォルダーを表示する] をクリックします。

      • Windows XP    

        1. [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロール パネル] をクリックします。

        2. [フォルダー オプション] をクリックします。

          フォルダ オプション

        3. [表示] タブをクリックし、[すべてのファイルとフォルダーを表示する] オプションをオンにします。

  • 古いアイテムの整理は、有効期限が切れたアイテムを完全に削除されます。期限切れアイテムは、アイテムが経過すると、エイジング期間です。

    特定のMicrosoft Outlookアイテムの有効期限が切れるに関する詳細情報

    フォルダ内のアイテムが期限切れになるか削除されるまでの既定の保存期間

    フォルダ

    保存期間

    受信トレイおよび下書き

    6 か月

    送信済みアイテムおよび削除済みアイテム

    2 か月

    送信トレイ

    3 か月

    予定表

    6 か月

    タスク

    6 か月

    [メモ]

    6 か月

    履歴

    6 か月

    注: フォルダーいる受信トレイ予定表タスクノートと同じ種類のアイテムを含むを作成するか履歴6 か月期間、たとえば、同じの既定の個人用の連絡先を作成する共同作業者または連絡先フォルダーから受信した進捗レポートを作成する電子メール フォルダー。

    アイテムの保存期間を判断する

    アイテムの種類

    保存期間の開始

    電子メール メッセージ

    メッセージの受信日時または最終変更日時のどちらか新しい方。

    予定表の会議、イベント、または予定

    アイテムの最終変更日時のうちの新しい方。定期的なアイテムは自動整理されません。

    仕事

    仕事の完了日または最終変更日時。終了状態になっていない仕事は自動整理されません。他の人に依頼した仕事については、終了状態に設定された場合にだけ整理されます。

    メモを最後に変更して保存したとき。

    履歴項目

    履歴項目の作成日または最終変更日時。

    Contact

    連絡先は既定では整理されません。ただし、手動で整理することはできます。

記憶域のニーズに合わせて、これらの設定の条件をカスタマイズできます。詳細については、以下の説明を参照してください。 または古いアイテムの整理の詳細については、使用して古いアイテムの整理を参照してください。

アイテムの有効期限が切れると、アイテムを削除するの設定は、特にわかりやすくできます。

有効期限が切れると詳細の項目を deleing を教えてください。

  • アイテムが期限切れになったら削除するように古いアイテムの整理の設定を変更しない限り、アイテムはその保存場所に格納されます。保存場所からアイテムが自動的に削除されることはなく、自動的に削除されるのは、保存場所に移動される前だけです。整理されたアイテムは、手動でしか削除できません。

  • アイテムを完全に削除するオプションを選択した場合、期限切れのアイテムは自動的に削除されます。これらのアイテムは保存されません。たとえば、[期限切れメッセージを削除する (電子メール フォルダのみ)] をオンにした場合、受信トレイ、送信トレイ、下書きなど、電子メール フォルダ内のメッセージが保存期間に達すると、それらのすべての電子メール フォルダ内のすべてのメッセージが削除されます。これらのメッセージは保存されません。

古いアイテムの整理の設定とオプション

以下に、古いアイテムの整理をカスタマイズするときに適用できる設定とオプションを示します。

古いアイテムの整理の設定

1.古いアイテムの整理を実行する各古いアイテムの整理を実行する頻度を選択します。コンピューターのパフォーマンスを低下させる同時に多くのアイテムをアーカイブします。このため、古いアイテムの整理プロセスを短縮する期間を選択することをお勧めします。通常、指定された期間中に受信し、時間を調整項目の数を検討してください。

古いアイテムの整理を実行する前に、メッセージ   古いアイテムの整理、Outlook アイテムを処理する前にアラーム メッセージが表示されるようにする場合は、このオプションを選択します。メッセージが表示されたら [古いアイテムの整理セッションをキャンセルするなし] をクリックします。

2。削除するには、アイテム (電子メール フォルダーのみ) が有効期限が切れて既定では、このオプションが選択されていません。電子メール メッセージを期間の有効期限が切れたときに削除することができます。受信トレイと下書きアイテムの既定の期間 6 か月と、送信済みアイテムの 3 か月間がより古いアイテムのオプションを使用して、これらの期間を変更することができます。

特定のMicrosoft Outlookアイテムの有効期限が切れるに関する詳細情報

フォルダ内のアイテムが期限切れになるか削除されるまでの既定の保存期間

フォルダ

保存期間

受信トレイおよび下書き

6 か月

送信済みアイテムおよび削除済みアイテム

2 か月

送信トレイ

3 か月

予定表

6 か月

タスク

6 か月

[メモ]

6 か月

履歴

6 か月

注: 受信トレイ予定表タスクメモ、または履歴と同じ種類のアイテムを含むフォルダーを作成するには、同じ既定、6 か月の期間があます。

アイテムの保存期間を判断する

アイテムの種類

保存期間の開始

電子メール メッセージ

メッセージの受信日時または最終変更日時のどちらか新しい方。

予定表の会議、イベント、または予定

アイテムの最終変更日時のうちの新しい方。定期的なアイテムは自動整理されません。

仕事

仕事の完了日または最終変更日時。終了状態になっていない仕事は自動整理されません。他の人に依頼した仕事については、終了状態に設定された場合にだけ整理されます。

メモを最後に変更して保存したとき。

履歴項目

履歴項目の作成日または最終変更日時。

Contact

連絡先は既定では整理されません。ただし、手動で整理することはできます。

3。 Outlook アイテムをアーカイブし、期間の最後に到達したとき、[削除済みの場合、古いアイテムのアーカイブまたは削除はこのオプションを選択します。アーカイブと削除を適用するその他の設定] を選びます。

4。 して、ナビゲーション ウィンドウで、その他の作業フォルダーを表示、アーカイブ フォルダーの選択のアーカイブ フォルダーをフォルダー一覧に表示します。メインのアーカイブフォルダーのサブフォルダーを開くし、古いアイテムを表示できます。アーカイブ、アイテムを表示しているときは、正しいアイテムが整理されて、その作業フォルダーをフォルダーに必要なすべてのアイテムをドラッグすることもできます。 を確認できます。

5。 既定の日、週、のアーカイブ、アイテムの場合、または月を構成するよりも古いアイテムの選択します。60 か月間の期間に 1 日の期間を構成することができます。「クリーン」の意味をアーカイブする、保存、アイテム。「削除」を設定するフォルダーの他の場所を選択するまではありません。

6。古いアイテムを移動この場所は、Windows Vista および Windows XP のオペレーティング システムを実行しているコンピューターの別の既定の設定します。整理したアイテムの別の送信先を設定する場合を参照して、別の場所を設定することができます。アイテムが、期間の後にこの場所に移動します。

  • Windows Vista の場合     C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Outlook¥Archive.pst

  • Microsoft Windows XP の場合     C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥Outlook¥Archive.pst

注: フォルダーを開くし、手動で削除、ユーザー設定の場所に保管するアイテムは削除されません。

7。アイテムを完全に削除するこのオプションすぐにアイテムを削除有効期限が切れた代わりに、既定の場所を指定した別のフォルダーなど、削除済みアイテム] フォルダーに移動します。

8.[すべてのフォルダーにこの設定を適用]    このオプションは、ユーザーによる変更内容を含む、古いアイテムの整理設定をすべてのフォルダーに適用します。1 つまたは複数のフォルダーに異なる設定を適用する場合、このオプションを選択しないでください。代わりに、ボタンの下に表示されている指示を活用してください。個々のフォルダーに設定を指定する方法が説明されています。特定のフォルダーに行った変更は、そのフォルダーにのみ適用されます。

9. [アイテム保持ポリシー情報]   組織のシステム管理者が、メールボックスのアイテムの自動整理を行う時期とその方法についての保持ポリシーを設定している可能性があります。このボタンをクリックするとポリシーを表示できますが、適切なアクセス許可がない限り、ポリシーを変更することはできません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×