古いアイテムの整理による削除と有効期限の設定について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

古いアイテムの整理機能は、設定やオプションを変更してカスタマイズできます。ただし、アイテムの有効期限とアイテムの削除の設定はわかりにくい可能性があります。

アイテムが期限切れになると (アイテムの保存期間が過ぎると)、古いアイテムの整理によって、アイテムが Microsoft Outlook の元の場所から保存ファイル フォルダに移動されます。Outlook アイテムにはそれぞれ既定の保存期間が設定されており、設定を手動で変更しない限り、保存期間が変更されることはありません。

特定の Outlook アイテムの有効期限が切れるに関する詳細情報

フォルダ内のアイテムが期限切れになるか削除されるまでの既定の保存期間

フォルダ

保存期間

受信トレイおよび下書き

6 か月

送信済みアイテムおよび削除済みアイテム

2 か月

送信トレイ

3 か月

予定表

6 か月

タスク

6 か月

メモ

6 か月

履歴

6 か月

連絡先

無期限

注: 受信トレイ予定表仕事メモ、または履歴と同じ種類のアイテムを保存するフォルダを作成した場合、そのフォルダ内のアイテムの既定の保存期間は 6 か月になります。

アイテムの保存期間を判断する

アイテムの種類

保存期間の開始

電子メール メッセージ

メッセージの受信日時または最後に変更して保存した日時のどちらか新しい方。 メッセージを開封済みまたは未読にすることは、メッセージ変更の一例です。

会議、イベント、または予定

アイテムの最終変更日時のうちの新しい方。定期的なアイテムは自動整理されません。

タスク

仕事の完了日または最終変更日時。終了状態になっていない仕事は自動整理されません。他の人に依頼した仕事については、終了状態に設定された場合にだけ整理されます。

メモを最後に変更して保存したとき。

履歴項目

履歴項目の作成日または最終変更日時。

連絡先

連絡先は既定では整理されません。ただし、手動で整理することはできます。

重要: 

  • アイテムが期限切れになったら削除するように古いアイテムの整理の設定を変更しない限り、アイテムはその保存場所に格納されます。保存場所からアイテムが自動的に削除されることはなく、自動的に削除されるのは、保存場所に移動される前だけです。整理されたアイテムは、手動でしか削除できません。

  • アイテムを完全に削除するオプションを選択した場合、期限切れのアイテムは自動的に削除されます。これらのアイテムは保存されません。たとえば、[期限切れメッセージを削除する (電子メール フォルダのみ)] をオンにした場合、受信トレイ、送信トレイ、下書きなど、電子メール フォルダ内のメッセージが保存期間に達すると、それらのすべての電子メール フォルダ内のすべてのメッセージが削除されます。これらのメッセージは保存されません。

古いアイテムの整理の設定を変更する

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [その他] タブをクリックし、[古いアイテムの整理] をクリックします。

  3. 必要な設定をクリックし、[OK] をクリックします。

すべての古いアイテムの整理の設定の説明の詳細については、使用して古いアイテムの整理を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×