受信したメッセージからひな形とテーマを削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ひな形またはテーマを表示する、受信したメッセージを行わない場合、 Microsoft Office Outlook 2007の代わりにテキスト形式で表示されるメッセージを自動的に表示することができます。ただし、これも削除されるメッセージが必要があるその他の書式します。

メッセージ形式の詳細します。

Microsoft Outlookには、次の 3 つのメッセージ形式がサポートしています。

  • HTML    これは Outlook の既定のメッセージ形式です。また、さまざまなフォント、色、および箇条書きを使用した従来のドキュメントと同様のメッセージを作成する場合に最適な形式でもあります。既定では、書式設定が可能なオプションのうちいずれか ([HTML 形式] または [リッチ テキスト形式]) を選択すると、メッセージは HTML 形式で送信されます。このため、HTML 形式を使用した場合は、送信した内容がそのまま受信者側に表示されます。

  • テキスト形式    これは、すべての電子メール アプリケーションをサポートする形式です。テキスト形式のみで受信したメッセージを開くように Outlook を設定することができます。テキスト形式には、太字、斜体、色、フォントまたはテキストの書式設定をサポートしていません。サポートしていません、メッセージの本文に直接表示されている画像が、添付ファイルとして画像を含めることができます。

  • Outlook リッチ テキスト形式 (RTF)    これは、次の電子メール アプリケーションでのみサポートされる Microsoft 独自の形式です。

    • Microsoft Exchange クライアント バージョン 5.0 および 4.0

    • Microsoft Office Outlook 2007

    • Microsoft Office Outlook 2003

    • Microsoft Outlook 2002、2000、98、および 97

      Microsoft Exchange を使っている組織内でメッセージを送信する場合は RTF を使用できますが、HTML 形式を使用することをお勧めします。RTF では、行頭文字の付いた箇条書きなどのテキストの書式設定、テキストの配置、およびリンク オブジェクトの機能を使用できます。既定では、インターネット メールの受信者にメッセージを送信するときには、メッセージの書式が維持され添付ファイルが受信されるように、RTF 形式のメッセージは自動的に HTML メッセージに変換されます。また、会議の出席依頼と仕事の依頼、および返信ボタンによるメッセージも、メッセージの既定の形式に関係なく、アイテムがインターネット経由で他の Outlook ユーザーに正しく送信されるように、自動的に書式設定されます。インターネットを使って送信するメッセージが仕事の依頼や会議出席依頼の場合は、インターネットの予定表アイテムの共通形式であるインターネット予定表形式に自動変換されるため、他の電子メール アプリケーションでも対応できます。

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックし、[電子メールのセキュリティ] をクリックします。

  2. [テキスト形式で表示] で、[すべての標準メールをテキスト形式で表示する] チェック ボックスをオンにします。

    デジタル署名されたメッセージを含める場合は、[すべてのデジタル署名されたメールをテキスト形式で表示する] チェック ボックスをオンにします。

ヒント: テキスト形式のメッセージを元の形式で表示するには、InfoBarをクリックし、[HTML として表示] または [リッチ テキストとして表示] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×