スキップしてメイン コンテンツへ

取得している一般法人向け Office 365 製品またはライセンスの種類を調べる方法

Microsoft のクラウド サービスのサインアップ時にいくつかの 一般法人向け Office 365 プランから選択できます。 組織が Office 365 にサインアップしたら、管理者はさまざまな Office 365 ライセンスを各ユーザー アカウントに割り当てることができます。 ライセンスが違うと、SharePoint Online や Skype for Business Online など、サービスも違います。 一般法人向け Office 365 を参照してください。

注: このトピックは 一般法人向け Office 365を対象としています。 家庭向け Office製品を使用していて、 Officeをインストールする場所を探している場合は、「 office を PC または Mac にインストールまたは再インストールする」を参照してください。 ライセンスを持っている家庭向け Office製品を確認するには、Microsoft アカウントでサービスとサブスクリプションにサインインします。

Office 365 で問題が発生した場合、たとえば、デバイスで Office を使用またはインストールできない場合は、そのサービスを有効にするために必要なライセンスを取得していないか、インストールが必要なデスクトップアプリケーションを含むサブスクリプションを持っていない可能性があります。 この問題を解決するには、管理者または IT スタッフに相談するか、管理者である場合は、自分でライセンスを追加することができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

一般法人向け Office 365 を使用している組織で作業している場合は、次の手順に従って、使用している製品やライセンス 一般法人向け Office 365 を確認します。 管理者が組織のために購入された Office 365 サブスクリプションを知りたい場合は、「一般法人向け Office 365 サブスクリプションの内容を確認する」の手順に従ってください。

  1. www.office.com/signin から、職場または学校アカウントでサインインします。

    Login.partner.microsoftonline.cnで職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

    Portal.office.deで職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. [設定] をクリックし、[個人用アプリの設定] で [Office 365] を選びます。

    Office 365 の [設定] ウィンドウ
  3. [マイ アカウント] ページで、[サブスクリプション] を選びます。

    Office 365 サブスクリプション ページ

    最新のデスクトップ版の Office、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online など、ライセンスされているサービスが表示されます。

    プラン 1プラン 2 など、使用しているサービスのバージョンも表示されます。

    ヒント: 最新のデスクトップ版 Office では、Word、Excel、PowerPoint などを備えた Office サブスクリプションが与えられます。 SharePoint Online では、OneDrive for Business とチーム サイトが与えられます。 Exchange Online では、電子メール機能が与えられます。

必要な 一般法人向け Office 365 製品またはライセンスを取得していない場合、多くの問題が発生する可能性があります。 以下にいくつか例を示します。

  • Office 365 から PC に Office をインストールしようとしたときに、インストール ボタンが表示されません。

  • Web 用 Word、Web 用 Excel、その他の Web 用 Office 製品を使用しようとすると、Office 365 設定ページが表示され、必要なライセンスがないことが通知されます。

  • OneDrive for Business にサインインしようとしたときに、サイトにアクセスできないか、エラー メッセージが表示されます。

  • Apple App Store から Office for iPad をインストールしようとしたときに、このアプリを使う権利がサブスクリプションに与えられていないことを示すエラーが表示されます。

  • Office for iPad を使用しようとすると、Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリが読み取り専用または表示モードで表示されます。

ヒント: Officeのインストールに関する問題の詳細については、「 Office のインストールのトラブルシューティング」を参照してください。

必要な製品またはライセンスを取得していない場合は、ライセンスの取得や代替方法の有無に関して、Office 365 管理者または IT スタッフに相談してください。

また、管理者の場合は、自分でライセンスを追加することができます。 「一般法人向け office 365 サブスクリプションのライセンスを購入する」および「一般法人向け office 365 でライセンスをユーザーに割り当てる」を参照してください。

管理者が Office 365 プランを追加したり、必要とするサービスが含まれる Office 365 プランにユーザーを切り替えたりすることが必要になる場合があります。 「別の一般法人向け Office 365 プランに切り替える」を参照してください。

組織で利用できる各種の一般法人向け Office 365 プランを参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×