参加者を会話に招待する

ピアツーピアのインスタント メッセージ会話に参加している間に、1 人以上の人を会話に招待できます。参加者が 3 人以上になると、会議に分類されます。同じインスタント メッセージ会議に、最大 32 人を招待できます。

会議のメンバは、1 人の主催者と 2 人以上の会議参加者に分けられます。主催者は、参加者が使用する機能の他に、追加の機能を使用できます。主催者を含めすべての参加者が、他の参加者の 1 人または主催者を別の会話に招待できます。

3 番目の人を最初に追加した人が主催者になります。3 人の会議から 1 人の参加者が離れると、機能は会議から会話に戻ります。4 人の会議から主催者が離れる場合、その主催者は別の参加者を主催者に指名する必要があり、指名しないと残りの参加者の中に主催者がいなくなります。

主催者には、以下の追加の機能があります (会議に複数の主催者がいる場合もあります)。

  • 他の参加者に対して会議をロックする

  • 参加者を会議から退席させる

  • 1 人の参加者を主催者に指名する

参加者をインスタント メッセージ会話に追加するには

  1. [会話] ウィンドウで、[招待] をクリックします。

  2. [他の人をこの会話に招待] ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

    • 会話に追加する連絡先の名前をクリックし、[OK] をクリックします。

    • [検索] ボックスに検索情報を入力し、Enter キーを押します。結果リストで、その人の名前をクリックして [OK] をクリックします。

      注: 次の招待を配信する前に、リストにある人がそれぞれ招待に対して承諾、辞退、または無視のいずれかを決定する必要があるため、参加者が多い場合はすべての人を会話に追加するまで時間がかかることがあります。一定時間が経過した後、だれも応答しない場合は、招待は自動的に承諾されます。

会議をロックするには

  1. [会話] ウィンドウの上部で、[招待] の横にある矢印をクリックします。

  2. [この会話をロック] をクリックします。

参加者を退席させるには

  1. 退席させる参加者を右クリックします。

  2. [会話から退席させる] をクリックします。

会議がロックされていない限り、参加者は会議に再び参加できます。

参加者を主催者に指名するには

  1. 主催者に指名する参加者を右クリックします。

  2. [主催者にする] をクリックします。

関連項目

会話ウィンドウを使用したインスタント メッセージの送信

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×