印刷用ニュースレターを Web 用に変換する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

Publisher で印刷用のニュースレターを作成します。ここで、インターネット上で同じ文書を使用するにはどうすればよいですか?次の2つのオプションがあります。

  • 印刷用ニュースレターから Web サイトを作成できます。

  • 印刷用ニュースレターファイルを PDF または XPS ファイルに変更し、Publisher で作成した Web サイトに発行することができます。

Web ニュースレターへのリンクを含む電子メールメッセージを送信することによって、郵送コストを節約し、より幅広いユーザーにリーチすることができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

印刷用ニュースレターから Web サイトを作成する

印刷文書を PDF または XPS ファイルに変換して Web に公開する

ファイルを Web に発行する

印刷用ニュースレターから Web サイトを作成する

ニュースレターの変換を開始する前に

重要: Web 文書に変換する前に、印刷ニュースレターに必要な変更を加えます。変換を開始すると、一部の編集オプションは利用できなくなります。(たとえば、[ web 文書に変換] ウィザードを使用して印刷ニュースレターを web 文書に変換した後、[ページのオプション] 作業ウィンドウで [] オプションを使用できなくなりました)。

Web 文書に変換する前に、印刷用のニュースレターに次のような変更を加えることを検討してください。

  • 記事の全文が複数のページにまたがる場合は、記事を1つのページに移動して読みやすくすることを検討してください。または、文書を変換した後で、ハイパーリンクを使用してアーティクルセクションを互いに接続することもできます。

  • 印刷用ニュースレターの最後のページに、顧客の住所と会社の連絡先情報のプレースホルダーテキストが含まれている場合は、そのページを削除したり、情報を変更したり、連絡先情報を他のページに移動したりすることができます。

  • 1つの列が複数の列よりも web で読みやすくなるため、[ページのオプション] 作業ウィンドウの [] の下にあるオプションを使用して、複数列の印刷ニュースレターを1列の web 文書に変更することを検討してください。

    注: 文書の各ページの列選択を個別に変更する必要があります。

  • 印刷用ニュースレターには、Web には必要ない印刷固有のデザイン機能があります。ページ番号、目次、および文書の各ページには、削除する必要がある可能性がある印刷固有の項目の1つの例を示します。顧客のメーリングリストの情報は別です。

印刷用ニュースレターから Web 文書を作成する

印刷文書で必要なすべての変更を特定して作成したら、変換に進むことができます。

印刷用ニュースレターを Web ニュースレターに変換する

  1. Publisher を起動します。

  2. [最近使用したドキュメント] の一覧で、[ニュースレター] ファイルをクリックします。(または、[ファイルから] をクリックし、既存のニュースレターファイルを参照して選択し、ファイルを開きます。)

  3. ニュースレターのコンテンツやレイアウトを変更する (複数ページの記事を1つのページに変更したり、複数列のレイアウトを1つの列の文書に変更したり、顧客の住所を削除したり、印刷固有のデザインを削除したりするなど)。機能)。

  4. [ファイル] メニューの [ Web 文書に変換] をクリックします。

  5. [現在の印刷文書を保存します] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 変換を続行する前に、元の印刷ニュースレターファイルに変更内容を保存するには、[はい] をクリックします。

      または、ウィザードを完了したら、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、新しいファイル名を入力して、変更した文書を新しいファイル名で保存できます。

      注: 元の文書に使用したのと同じファイル名を使用して保存した場合は、元の文書を上書きします。

    • 元の印刷ニュースレターファイルに変更内容を保存せずにニュースレターを変換するには、[いいえ] をクリックします。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. [ナビゲーションバーの追加] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 変換された Web 文書にナビゲーションバーを追加するには、[はい] をクリックします。

    • ナビゲーションバーを追加せずに Web 文書を変換するには、[いいえ] をクリックします。

      重要: ナビゲーションバーが表示されていない場合、web サイトの訪問者には、web 文書の他のページにアクセスする方法はありません。ただし、ニュースレターを変換した後でも、ナビゲーションバーを追加することはできます。

  8. [完了] をクリックします。

  9. 手順5で変更したバージョンの印刷ニュースレターを保存することを選んだ場合は、[名前を付けて保存] ダイアログボックスに、変更したバージョンの新しいファイル名が表示されます。[ファイル名] ボックスで提案された名前を変更して、変更した印刷文書を新しいわかりやすいファイル名 (July2008Modified など) の下に保存してから、[ファイルの種類] リストで [単一の web ページ] または [web ページ] を選択します。 フィルター処理されます。

    重要: 既定の名前を使用している場合は、印刷文書を上書きします。

    注: 元の印刷文書で使用されているファイル名とは異なる名前を使用して、元の印刷用ニュースレター文書を変更しないようにします。

  10. 変換された Web 文書で、必要な書式設定を変更します。(たとえば、ナビゲーションバーの位置を変更したい場合があります)。

  11. わかりやすいファイル名 (July2008Web など) を入力して、新しい Web 文書を保存します。

ナビゲーションバーを調整する

文書を変換するときにナビゲーションバーを追加した場合、ナビゲーションバーの位置を調整して、各ページの同じ場所に配置することができます。各ページの上余白は、特にナビゲーションバーを水平方向にして、スペースに適したものにする場合に適しています。

新しいナビゲーションバーを追加する

ニュースレターの変換中にナビゲーションバーを追加しないように選択した場合は、次の手順を使用して、後で追加することができます。

  1. [挿入] メニューの [ナビゲーションバー] をポイントし、[新規作成] をクリックします。

  2. [デザインギャラリー ] ダイアログボックスで、目的のナビゲーションバーのデザインとオプションをクリックします。

    注: 選択されていない状態 (既定の色を示す) と選択した状態 (リンクをクリックしたときに別の色を示す) の両方を含むリンクを作成するには、[選択した状態を表示] をクリックします。

  3. [自動更新] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 文書内の既存ページへのリンクを含めることによってナビゲーションバーを更新するには、[このナビゲーションバーを更新する] チェックボックスをオンにします。

    • ナビゲーションバーからリンクされているページを手動で指定するには、[このナビゲーションバーを更新する] チェックボックスをオフにし、ナビゲーションバーのオプションを使用してリンク先のページを指定します。 [プロパティ] ダイアログボックス。

  4. [オブジェクトの挿入] をクリックします。

ナビゲーションバーのテキストを変更する

  1. 任意のページのナビゲーションバーを選択します。

  2. 変更するテキストを選択し、置き換えたい新しいテキストを入力します。

    変更したテキストは、すべてのページのナビゲーションバーで変更されます。

ナビゲーションバーにリンクを自動的に追加する

Web ニュースレターにページを追加すると、そのページへのリンクは既存のナビゲーションバーに自動的に追加されます。

  1. 任意のページのナビゲーションバーを選択します。

  2. [書式] メニューの [ナビゲーションバーのプロパティ] をクリックします。

  3. [ナビゲーションバーのプロパティ] ダイアログボックスで、[このナビゲーションバーを更新する] チェックボックスをオンにして、[この文書に追加された新しいページへのリンク] をクリックします。

ナビゲーションバーにリンクを手動で追加する

  1. 変換された文書で、ナビゲーションバーをクリックし、ウィザードボタンの ウィザード ボタン をクリックします。

  2. [ナビゲーションバーのプロパティ] ダイアログボックスで、[リンクの追加] をクリックします。

  3. [リンクの追加] ダイアログボックスの [リンク先] で、[このドキュメント内の場所] をクリックします。

  4. [この文書内の場所を選択してください] で、ナビゲーションバーからリンクするページをクリックします。

  5. [表示するテキスト] ボックスに、ナビゲーションバーに表示するリンクテキストを入力し、[ OK] をクリックします。

  6. [ナビゲーションバーのプロパティ] ダイアログボックスで、[ OK] をクリックします。

目次を Web コンテンツのリストに変換する

印刷用ニュースレターに、すべての記事とそれに対応するページ番号が記載された目次がある場合は、その目次がナビゲーションバーになり、Web 文書内のすべてのページへのリンクが表示されます。

文書の最初のページで、特定の記事へのリンクを提供する小さい目次を含めることができます。ページ番号を削除し、記事タイトルをハイパーリンクとして書式設定して、それぞれの記事に移動します。

アーティクルタイトルをハイパーリンクとして書式設定する

  1. 目次で、記事のタイトルを選びます。

  2. [挿入] メニューの [ハイパーリンク] をクリックします。

  3. [リンク先] で [このドキュメント内] をクリックします。

  4. [この文書内の場所を選択してください] で、タイトルをリンクするページをクリックし、[ OK] をクリックします。

Web のその他の調整を行う

web ブラウザーで適切に表示されない印刷書式設定機能は、web モードでは使用できません。Publisher で印刷文書を web 文書に変換した後、文書の書式設定を調整して、web の表示を準備する必要があります。

変換後、テキストが自動的に図枠の周囲に折り返されなくなります。図枠がテキスト枠の上にある場合、テキストは非表示になります。テキスト枠を移動またはサイズ変更したり、図枠を移動したりして、重なりがないようにすることもできます。

通常、テキスト枠と文書の端の間には、Web サイトに必要な間隔よりも多くの領域があります。任意のテキストまたは図枠を調整して、空の領域をより適切に埋めることができます。

Web 文書で使用できるフォントパターンは、印刷用の文書で利用できるものとは異なります。印刷用ニュースレターで使用されていたフォントは、Web に適したフォントに自動的に変換されることはありません。変換されたニュースレターのすべてのフォントを web フォントに変更して、web 上で読みやすくすることをお勧めします。

Web フォントパターンを選択するには

  1. 文書内の一部のテキストを選択します。

  2. [書式] メニューの [フォント] をクリックします。

  3. [フォント] ダイアログボックスの [全般] で、[ Web フォントのみを表示する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

  4. [書式] メニューの [フォントパターン] をクリックします。

  5. [フォントパターンの適用] の下の一覧でいずれかのフォントを選びます。

    文書全体のフォントパターンは、Web 表示に適したフォントに変換されます。

変換中のページサイズの変更

印刷文書を、ページサイズが変更された Web 文書に変換した後に、そのことがわかります。ページの下部にある追加の領域を使うと、テキスト枠や図枠を他のページから1つのページに移動して、Web サイトを簡素化することができます。

グラフィックを確認する

ニュースレターの各グラフィックイメージのファイル形式を確認します。元のニュースレターに高解像度の写真やイラストが含まれている場合は、microsoft picture! または microsoft デジタルイメージ Pro などの画像編集プログラムを使用して、Web に対応した形式でサイズを変更して保存し直すことができます。これにより、ファイルのダウンロード時間が短縮されます。

[ツール] メニューの [グラフィックスマネージャー] をクリックして、文書内のすべてのグラフィックをすばやく確認します。

元の文書に戻る

注: ニュースレターを Web 文書に変換した後、元のニュースレターに戻る場合は、[ファイル] メニューの [印刷文書に変換] を選択しないでください。これにより、変換済みのファイルが変換され、元の文書に変更が加えられます。代わりに、[ファイル] メニューの [開く] をクリックし、元のニュースレターの文書を見つけます。

Web サイトをプレビューするには

  1. [ファイル] メニューの [ Web ページプレビュー] をクリックします。

  2. Web サイトがブラウザーウィンドウで開きます。ページ間を移動するには、文書内のハイパーリンクをクリックして、Web ナビゲーションバーのリンクを選択します。

ニュースレターを web サイトとして web に公開する

編集が完了したら、実際の Web ファイルを作成する準備が整います。インターネットサービスプロバイダー (ISP) によって提供される指示に従って、web サイトを発行するか、この記事の「ファイルを web に公開する」を参照してください。

ファイルを web に発行する方法の概要については、次 の web サイトを参照してください。

ページの先頭へ

印刷文書を PDF または XPS ファイルに変換して Web に公開する

Publisher ファイルを Web に発行する前に、それらを PDF または XPS ファイルに変換する必要があります。

注: 2007 Microsoft Office system プログラムからの PDF または XPS ファイルとしての保存は、アドインをインストールしないと実行できません。詳細については、「PDF および XPS ファイル形式のファイルを印刷、共有、および保護する」を参照してください。

Publisher ファイルを他のユーザーが表示できる形式で保存する方法については、 関連項目」セクションのリンク先を参照してください。

Publisher ファイルを PDF または XPS ファイルとして保存する

文書を PDF 形式で保存するには

一般的な形式で文書を保存する場合は、このオプションを使用し、簡単に共有できます。多くの商用プリンターで使用される形式です。

  1. publisher で、他のユーザーが表示する文書を開きます。

  2. [ファイル] メニューの [PDF または XPS 形式​​で発行] をクリックします。

  3. [ pdf または XPS として発行] ダイアログボックスの [ファイルの種類] リストで、[ pdf] をクリックし、[保存] をクリックします。

    文書は、コンピューターの [マイドキュメント] フォルダーに、既定で文書名.pdfとして保存されます。[変更] をクリックし、[発行オプション] ダイアログボックスで [標準] または [最小サイズ] をクリックします。これらの設定は、オンラインで表示するために設計されています。

[名前を付けて保存] ダイアログボックスを使用して、ファイルを PDF として保存することもできます。

文書を XPS 形式で保存するには

文書を PDF 形式よりも圧縮して保存し、デスクトップ印刷に最適な高品質の印刷可能ファイルを残しておく場合は、このオプションを使用します。

  1. publisher で、他のユーザーが表示する文書を開きます。

  2. [ファイル] メニューの [PDF または XPS 形式​​で発行] をクリックします。

  3. [ PDF または xps として発行] ダイアログボックスの [ファイルの種類] リストで、[ xps] をクリックし、[保存] をクリックします。

    文書は、コンピューター上の [マイドキュメント] フォルダーに、既定で文書名として保存されます文書は高品質の印刷用に最適化されますが、[変更] をクリックして低い設定に変更することができます。

[名前を付けて保存] ダイアログボックスを使用して、ファイルを XPS ファイルとして保存することもできます。

ページの先頭へ

ファイルを Web に発行する

Web サイトは、 Web サーバー、ネットワークサーバー、ファイル転送プロトコル (FTP) サーバー、または自分のコンピューター上のフォルダーに発行できます。

インターネット上またはネットワーク上の場所に Web サイトを公開する

world Wide web (WWW) に web サイトを公開するには、web ホスティングサービスを購読する必要があります。web ホスティングサービスは、web サーバー上のインターネットアクセスと記憶域を提供します。web サイトを発行する前に、インターネットサービスプロバイダー (ISP) またはシステム管理者に問い合わせて、公開する必要がある情報と、ファイルを保存できる Web サイトの統一リソースロケータ (URL) を取得します。

  1. [ファイル] メニューの [ Web に公開] をクリックします。

  2. [ web への発行] ダイアログボックスの [ファイル名] ボックスに、web サイトを保存する web またはネットワークサーバーの URL を入力します (たとえば、http://www.northwindtraders.com)。次に [保存] をクリックします。

  3. メッセージが表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力し、[ OK] をクリックします。

    URL に関連付けられているディレクトリは、[ Web への発行] ダイアログボックスに表示されます。

  4. Web サイトを保存するフォルダーをダブルクリックします。

  5. [ファイル名] ボックスで、ホームページの既定の名前として [ index ] を選び、[保存] をクリックします。

  6. メッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

FTP を使用して Web サイトを公開する

この手順を実行する前に、インターネットサービスプロバイダーまたはシステム管理者に連絡して、 FTPサイトに発行する必要がある情報を入手してください。また、ftp サイトで ftp の場所を作成する必要もあります。

方法

  1. [ファイル] メニューの [ Web に公開] をクリックします。

  2. [保存先] ボックスで [ FTP の場所] をクリックします。

  3. [FTP の場所の追加/変更] をダブルクリックします。

  4. インターネットサービスプロバイダーから受信した情報を入力し、[ OK] をクリックします。

  5. [キャンセル] をクリックします。

  1. [ファイル] メニューの [ Web に公開] をクリックします。

  2. [保存先] ボックスで [ FTP の場所] をクリックします。

  3. FTP サイトの一覧で、目的のサイトをダブルクリックし、Web サイトを発行するフォルダーをダブルクリックします。

    注: インターネットサービスプロバイダー (ISP) で、特定のプログラムを使用して web サイトをアップロードする必要がある場合、または web サイトを企業のイントラネットに公開している場合は、特定のHTMLファイル形式で web サイトのバージョンを保存して異なるを実行する必要がある場合があります。Web サイトを公開するには、[家賃] の手順を実行します。Web サイトを保存して発行する方法の詳細については、ISP またはシステム管理者に問い合わせてください。

Web サイトをコンピューター上のフォルダーに保存する

  1. [ファイル] メニューの [ Web に公開] をクリックします。

  2. [保存先] ボックスの一覧の [ web サイトへの発行] で、自分の [マイドキュメント] フォルダーなど、[web] を発行するドライブまたはフォルダーをクリックします。

    Web サイトを新しいフォルダーに追加する場合は、新しいフォルダーを追加する場所を右クリックし、[新規作成] を選び、[フォルダー ] をクリックして新しいフォルダーを作ります。次に、[名前] ボックスに新しいフォルダーの名前を入力します。

  3. [ファイル名] ボックスに、ホームページのファイル名を入力します。

  4. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×