単一のブックにすべてのマクロを作成して保存する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

同じマクロを再作成する場合は、コンピューターに保存されているpersonal.xlsbという名前の特別なブックにこれらのマクロをコピーできます。個人用ブックに保存されているすべてのマクロは、同じコンピューターで Excel を起動したときにいつでも使用できるようになります。

これは Excel の既定の動作とは異なりますが、マクロが含まれているブック内でのみ動作します。

個人用ブックを作成するには、まずマクロを作成し、それを個人用マクロブックに保存する必要があります。作業を開始する前に、Excel のリボンで [開発] タブが使用できることを確認します。詳細については、「開発者タブを表示する」を参照してください。

個人用マクロブックを作成して更新する

  1. [開発] タブの [コード] グループで、[マクロの記録] をクリックします。
    マクロの記録

  2. [マクロの記録] ダイアログボックスの [マクロ] ボックスに、マクロのわかりやすい名前を入力します。名前にスペースが含まれていないことを確認します。

  3. [マクロの保存場所] ボックスで、[個人用マクロブック] を選びます。
    [マクロの記録] ダイアログ ボックス

  4. [OK] をクリックします。

  5. 記録する操作を実行します。

  6. [開発] タブの [コード] グループで、[レコーディングの停止] をクリックします。
    [記録終了]

  7. ブックを閉じます。

    個人用マクロ ブックに行った変更を保存するように求めるメッセージが表示されます。

  8. [保存] をクリックしてブックを保存します。

新しいマクロを作成して個人用ブックに保存するか、またはそこに保存されているマクロを更新するたびに、初めて保存するときと同様に、個人用ブックを保存するように求められます。

マクロを共有する

個人用ブックのマクロを別のブックにコピーする場合、またはその逆にする場合は、 Visual Basic Editor (VBE) で行うことができます。Excel で ALT キーを押しながら F11キーを押すと、Visual Basic Editor を起動することができます。マクロを別のブックにコピーする方法の詳細については、「マクロモジュールを別のブックにコピーする」を参照してください。

個人用の personal.xlsb ファイルを他のユーザーと共有する場合は、他のコンピューターの XLSTART フォルダーにコピーできます。Windows 10、 Windows 7、 Windows Vistaでは、このブックは C:\Users\user name\AppData\Local\Microsoft\Excel\XLStart フォルダーに保存されます。 Microsoft Windows XP では、このブックは C:\Documents and Settings\user name\Application Data\Microsoft\Excel\XLStart フォルダーに保存されています。XLStart フォルダー内のブックは、Excel が起動するたびに自動的に開かれ、個人用マクロブックに保存されているすべてのコードが [マクロ] ダイアログボックスに表示されます。

他のユーザーと共有したいマクロがある場合は、それらを含むブックをメールで送信することができます。ブックを共有ネットワークドライブまたは SharePoint Services ライブラリから利用できるようにすることもできます。

個人用ブックを作成するには、まずマクロを作成し、それを個人用マクロブックに保存する必要があります。作業を開始する前に、Excel のリボンで [開発] タブが使用できることを確認します。次の操作を行います。

[ Excel ] メニューの [環境設定]、[リボンとツールバー] の順にクリックします。[リボンのユーザー設定] カテゴリの [メインタブ] リストで [開発] チェックボックスをオンにし、[保存] をクリックします。

個人用マクロブックを作成して更新する

個人用ブックを作成するには、まずマクロを作成し、それを個人用マクロブックに保存する必要があります。

  1. [開発] タブの [マクロの記録] をクリックします

  2. [マクロの記録] ダイアログボックスの [マクロ] ボックスに、マクロのわかりやすい名前を入力します。名前にスペースが含まれていないことを確認します。

  3. [マクロの保存場所] ボックスで、[個人用マクロブック] を選びます。

  4. [OK] をクリックします。

  5. 記録する操作を実行します。

  6. [開発] タブの [記録終了] をクリックします。

  7. 変更内容を保存し、ブックを閉じて、最後に Excel を閉じます。

    個人用マクロ ブックに行った変更を保存するように求めるメッセージが表示されます。

  8. [保存] をクリックしてブックを保存します。

新しいマクロを作成して、それを個人用ブックに保存したり、既に含まれているマクロを更新したりしたときに、個人用ブックを保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

マクロを共有する

個人用ブックのマクロを別のブックにコピーする場合、またはその逆にする場合は、 Visual Basic Editor (VBE) で行うことができます。Excel で visual basic Editor を起動するには、[開発] タブの [ visual basic ] をクリックします。マクロを別のブックにコピーする方法の詳細については、「マクロモジュールを別のブックにコピーする」を参照してください。

個人用の personal.xlsb ファイルを他のユーザーと共有する場合は、他のコンピューターの Excel home フォルダーにコピーします。Mac 用のそのフォルダーは、~/Library/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Library/Application サポート/microsoft/ローミング/Excel/のホームフォルダーにあります。

他のユーザーと共有したいマクロがある場合は、それらを含むブックをメールで送信することができます。ブックを共有ネットワークドライブまたは SharePoint Services ライブラリから利用できるようにすることもできます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×