勤務先情報、デザイン チェック、および商用印刷設定

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Publisher 2010のBackstage ビューには、文書の勤務先情報デザイン チェック、および商用印刷設定に関する情報が含まれています。作成、表示し、[勤務先情報を文書のセットを編集できます。潜在的な問題と、文書の修正プログラムを表示する、[デザイン チェックを実行することができます。表示し、カラー モデル、フォントの埋め込みと置換] を設定し、印刷業者の登録の設定の色をできます。Backstage ビューの [情報] タブで、現在の勤務先情報と、文書のカラー モデルの情報が表示されます。

この記事の内容

勤務先情報

勤務先情報セットを作成します。

編集または勤務先情報セットを削除します。

[デザイン チェック

商用印刷設定

カラー モデル

RGB カラー)

1 つの色

スポット カラー

プロセス カラー

プロセス カラーとスポット カラー

カラー モデルを選択します。

埋め込みフォントを管理します。

すべての TrueType フォントを埋め込む

登録の設定

勤務先情報

勤務先情報セットは、個人または組織に関するカスタマイズされた情報グループです。勤務先情報セットを使用すると、名刺やチラシなどの文書の適切な位置に情報をすばやく設定できます。

勤務先情報セットには、個人名、役職名、組織名、住所、電話番号、FAX 番号、電子メール アドレス、キャッチ コピー、およびロゴなどの要素を含めることができます。勤務先情報セットは、必要な数だけ作成できます。

文書を作成するときに、勤務先情報セットを使用した最近を使って新しい文書に挿入します。Backstage ビューの [情報] タブで、文書内の現在のビジネス情報が表示されます。

Publisher 2010 の Backstage ビューのビジネス情報

勤務先情報セットを作成する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] を選択し、[勤務先情報の編集] を選択します。

    注: 勤務先情報セットを持っていない場合は、手順 4 に直接移動されます。

  3. [勤務先情報] ダイアログ ボックスで、[新規を] をクリックします。
    Publisher 2010 で設定した勤務先情報を編集する

  4. 新しい勤務先情報のセットを作成するダイアログ ボックスで、情報、テキストの勤務先情報セットの名前] ボックスに名前を入力して [保存] をクリックを入力します。
    Publisher 2010 で新規ビジネス情報セットを作成する

  5. すぐに、文書に新しい情報を使用する場合は、勤務先情報] ダイアログ ボックスで、[保存] ボタンをクリックした後に右上に付属している文書の更新] をクリックします。

勤務先情報セットを編集または削除する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] を選択し、[勤務先情報の編集] を選択します。

  3. [勤務先情報] ダイアログ ボックスで、編集または削除する情報セットを選択します。

  4. 情報セットを編集するには、[編集] をクリックし、[勤務先情報セットの編集] で変更するフィールドを編集してから、[保存] をクリックします。

  5. 情報セットを削除するには、[削除] をクリックし、[はい] をクリックします。

ページの先頭へ

デザイン チェック

[デザイン チェック] 作業ウィンドウには、文書内で検出されたデザイン問題がすべて一覧表示されます。たとえば、部分的にページに収まりきらないデザイン要素、ストーリー内のオーバーフローテキスト、倍率が不適切な図などです。場合によっては、問題の自動的な修正を選択できます。そうでない場合は、手動で修正する必要があります。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] を選択し、[デザインチェックの実行] を選択します。

[デザイン チェックの詳細についてを参照してください:デザイン チェックします。

商用印刷設定

オフセット印刷では、本格的なキーを押して演算子を設定し、印刷ジョブを実行する必要があります。通常、文書を印刷するために必要なすべてのインク演算子の他の設定が必要ですし、コストが増加します。必要なインクの数は、選択したカラー モデルによって異なります。Backstage ビューの [情報] タブで、文書の現在のカラー モデル情報が表示されます。

Publisher 2010 の商用印刷設定

カラー モデル

文書のカラー印刷をセットアップするときは、以下のカラー モデルを選択できます。印刷業者に問い合わせて、お好みのカラー モデルを見つけてください。

  • RGB カラー

  • 1 色

  • スポット カラー

  • プロセス カラー (CMYK)

  • プロセス カラーおよびスポット カラー

RGB カラー

カラー デスクトップ プリンタなど、デジタル カラー プリンタを使用して印刷する場合は、RGB (赤、緑、青) カラー モデルを使用します。印刷枚数が少ない場合に、最も経済的なカラー モデルです。ただし、RGB カラーのばらつきは、どのカラー モデルよりも高く、印刷ジョブをとおして色を一定に保つのは難しくなります。

1 色

1 色で印刷する場合は、文書のすべてが、通常、黒色 1 色の濃淡で印刷されます。使用するインクが 1 色であるので、オフセット印刷機において最も安価なカラー モデルになります。

スポット カラー

スポット カラーで印刷する場合は、1 つのインクの濃淡として印刷、文書のすべてが、通常黒: とその他の 1 つの色、強調色として使用される、スポット カラーの濃淡します。Publisher にPantoneを使用するオプションが用意されています® 色のスポット カラー印刷します。

スポット カラーでは、最低 2 色のインクが必要になり、追加したインクの分だけオフセット印刷の経費がかかります。

注: 場合によっては、スポット カラー印刷の方が、プロセス カラー印刷よりも経費がかかることがあります。短期間のジョブによく見受けられます。

プロセス カラー

プロセス カラーを使用すると、プロセス カラー インクをあらゆる割合で組み合わせたフル カラーで文書が印刷されます。プロセス カラーは、通常、CMYK (Cyan、Magenta、Yellow、Key) の略称で呼び、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックのインクが使用されます。この 4 色のインクを組み合わせることで、ほぼ全色を再現できますが、再現できない色もあります。たとえば、CMYK カラー モデルでは、メタリック カラーや飽和度の高い色は再現できません。

プロセス カラー印刷では、必ず 4 色の CMYK インクをセットアップする必要があります。印刷機オペレータがインクを登録する作業にも技術が求められます。そのため、プロセス カラー印刷はスポット カラー印刷に比べて経費がかかります。

プロセス カラーおよびスポット カラー

プロセス カラー印刷 (4 色) と 1 色または複数色のスポット カラーを組み合わせるので、最も経費のかかるカラー モデルになります。このカラー モデルは、フル カラーおよび CMYK では再現できない飽和度の高い色またはメタリック カラーの両方が必要な場合に使用します。

カラー モデルを選択する

Publisher でカラー モデルを選択すると、選択したカラー モデルで使用できる色だけが [色の作成] に表示されます。たとえば、カラー モデルを [1 色] に設定すると、選択した色のインクで作成できる線の色、塗りつぶし、およびテキストの色だけが選択できます。カラー モデルをスポット カラーに設定すると、スポット カラー インクで作成できる線の色、塗りつぶし、およびテキストの色だけが選択できます。

文書で使用するカラー モデルを選択するには、次の手順に従います。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. 情報を選び、商用印刷設定を選択] をクリックしてカラー モデルを選択します。

  3. カラー モデル] ダイアログ ボックスで、色の定義方法については、[カラー モデルを使用する] をクリックします。
    Publisher 2010 の印刷カラー モデルを選ぶ

  4. [スポット カラー] または [プロセス カラーとスポット カラー] のどちらかを選択した場合は、[新しいインク] をクリックしてスポット カラー インクを追加選択します。

  5. [サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] を選択します。

埋め込みフォントを管理する

文書を新しいコンピューターに移動する場合や印刷業者に入稿する場合に、フォントを常に使用可能にする最善の方法の 1 つは、文書にフォントを埋め込むことです。

埋め込むことができるのは TrueType フォントだけで、ライセンスによって埋め込みが許可されている場合だけです。Publisher に用意されているすべての TrueType フォントは、埋め込むことができます。

フォントを埋め込むと文書のサイズが大きくなるので、埋め込むフォントの数を制限することも考えてください。すべてのフォント (システム フォントを含める場合と含めない場合)、特定の個別フォントだけ、または特定フォントのサブセットを埋め込むことができます。

注: ドキュメント パック ウィザードを使用して印刷業者へ入稿する準備をする場合には、既定で TrueType フォントが埋め込まれます。ウィザードを実行する前に [フォント] ダイアログ ボックスでこれを選択する必要はありません。

すべての TrueType フォントを埋め込む

フォントを文書に埋め込むとき、共通のシステム フォントは大半のコンピュータにインストールされていると考えられるため、埋め込みフォントに含められません。システム フォントを埋め込むかどうかを選択できます (たとえば、その文書で作業する人がシステム フォントを利用できないことがわかっているときに、システム フォント埋め込むことを選択できます)。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. 情報を選択し、,商用印刷設定を選択し、をクリックし、埋め込みフォントを管理します。

  3. [フォント] ダイアログ ボックスの [文書を保存するときに TrueType フォントを埋め込む] チェック ボックスをオンにします。

  4. システムのフォントを埋め込んで、システムの一般的なフォントを埋め込むしない] チェック ボックスをオフにします。
    Publisher 2010 での埋め込みフォントの管理

    注: 埋め込みできないフォントを使用しているメッセージが表示されたら、[ OK] をクリックします。印刷業者サービスを確認するには、埋め込まれたいないフォントにアクセスできます。印刷業者には、これらのフォントのアクセスがない、文書内での代替フォントを使用してについて説明する必要があります。

レジストレーション設定

レジストレーションは、1 つの画像上の重なっている色を印刷する処理です。この処理により、色と色の間に隙間が空くことがあります。トラッピングは、隣接する色を重ねる手段で、印刷中に品質の低い色登録によって隙間が生じるのを避けることができます。レジストレーション設定の使用に関しては、印刷業者に相談してください。

トラップの詳細については、印刷用のトラップを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×