スキップしてメイン コンテンツへ

動的に認識されない Excel の動的配列数式

2018年9月には、動的配列と呼ばれる関数族にいくつかの新機能が導入されました。 これらの関数は、自動的に範囲または配列に設定され、従来の Ctrl + Shift + Enter (CSE) 配列数式の必要がなくなります。 以前のバージョンの Excel で動的配列 Excel で作成したブックを開くときに、互換性の考慮事項がいくつかあります。

注: 動的配列関数は現在、ベータ版の機能であり、この時点ではOffice insiderの一部のみが利用できます。 今後数か月にわたり、これらの機能の最適化を行う予定です。 準備が整ったら、すべての Office Insider および Office 365 サブスクリプションをお持ちの方に向けてリリースします。

内容

  • 動的な認識の Excel で数式を作成するたびに、数式が複数の値を返す可能性があるかどうかを判断します (現在のところ1つの値しか返されていない場合でも)。 複数の値を返す可能性がある場合は、動的配列数式として保存します。これは、以前のバージョンの Excel で従来の CSE 式として表示されます。 

  • 動的配列として入力されたMunit 関数と、従来の CSE 式としての例を次に示します。 従来の CSE 配列数式は動的配列と同じように動作することに注意してください。 主な違いは、サイズ変更やスピル境界線のない点です。 2つの比較については、「動的配列数式とレガシ CSE の配列数式」を参照してください。

動的配列

従来の CSE

動的配列として入力された MUNIT 関数 CSE 配列として入力された MUNIT 関数
  • 動的な配列が有効になっているブックを動的に認識されない Excel を使っているユーザーと共有していることがわかっている場合は、使用できない機能を使用しないことをお勧めします。 互換性チェックを使用して、動的配列数式として保存されている数式を検索し、以前のバージョンの Excel で CSE 配列として表示されるようにすることができます。 

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

FILTER 関数

RANDARRAY 関数

SEQUENCE 関数

SORT 関数

SORTBY 関数

UNIQUE 関数

Excel での #SPILL! エラー

こぼれた配列の動作

暗黙的なインターセクション演算子:@

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×