動作設定ボタンによってプレゼンテーションにコマンドを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

動作設定ボタンは、次のスライドに進む、特定のスライドに移動する、プログラムを実行する、ビデオ クリップを再生するなどのプレゼンテーションの動作に関して、そのきっかけを与えたり開始するために使用します。 図形ギャラリーから動作設定ボタンを選択し、ボタンをクリックまたはポイントしたときに実行される動作を割り当てます。

つまりするプレゼンテーションを行うときは、クリックするか、動作設定ボタンの上にマウスします。

  • 次のスライド、前のスライド、最初のスライド、最後のスライド、前回表示したスライド、特定の番号のスライド、別の Microsoft Office PowerPoint プレゼンテーション、または Web ページに移動する

  • プログラムを実行する

  • マクロを実行する

  • オーディオ クリップを再生する

図形ギャラリーに用意されている組み込みの動作設定ボタンの図形には、右向き矢印と左向き矢印が描かれているものがあります。この矢印は、次のスライド、前のスライド、最初のスライド、最後のスライドそれぞれへの移動や、ビデオやサウンドの再生などの動作を表す一般的な記号です。

PowerPoint の動作ボタンが強調表示されたリボンの [図形] メニュー

ヒント: 動作設定ボタンは動作を開始するための視覚的な手がかりとして優れていますが、動作は、クリップ アート、図、一般的な図形、SmartArt グラフィック内のテキストなどのオブジェクトに割り当てることもできます。 これらのオブジェクトに動作を追加する手順を以下に示します。

  1. [挿入] タブの [] で [図形] をクリックし、[動作設定ボタン] で追加するボタン図形をクリックします。

  2. スライド上の位置をクリックし、ドラッグしてボタンの形状を描画します。

  3. [オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • スライド ショー表示モードで動作設定ボタンをクリックしたときの動作を選択するには、[マウスのクリック] タブをクリックします。

    • スライド ショー表示モードで動作設定ボタンをポイントしたときの動作を選択するには、[マウスの通過] タブをクリックします。

PowerPoint の動作ボタンを設定するためのダイアログ

ボタン図形を追加して動作を割り当てる (この場合はハイパーリンク)

  1. 動作設定ボタンをクリックまたはポイントしたときに実行される動作を選択するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 図形に動作を割り当てずに使用する場合は、[なし] を選びます。

    • [ハイパーリンク] を選んで、ハイパーリンクの移動先 (次のスライド、前のスライド、最後のスライド、別の PowerPoint プレゼンテーションなど) を選びます。

      注: 別のプログラムで作成されたファイル (Microsoft Office Word ファイル、Microsoft Office Excel ファイルなど) へのリンクを設定する場合は、[ハイパーリンク] ボックスの一覧で [その他のファイル] をクリックします。

    • [プログラムの実行] を選び、[参照] をクリックして、実行するプログラムを見つけます。

    • [マクロの実行] を選んで、実行するマクロを選びます。

      注: マクロを実行する設定は場合のみ利用プレゼンテーションには、マクロが含まれているし、プレゼンテーションを保存する場合は、PowerPoint マクロ有効スライド ショー] として保存する必要があります。マクロの詳細については、マクロを実行するを参照してください。

    • 動作設定ボタンとして選択した図形により動作を実行する場合は、[オブジェクトの動作] をクリックし、実行する動作を選択します。

      注: [オブジェクトの動作] は、プレゼンテーションに OLE オブジェクトが含まれている場合にのみ使用できます。

    • サウンドを再生するには、[サウンドの再生] チェック ボックスをオンにし、再生するサウンドを選択します。

  2. 実行するアクションを選んだら、[OK] を選びます。

注: マクロを実行しない場合は、マクロを実行する PowerPoint が有効になっていることを確認してください。詳細については、有効にするか Office ドキュメントのマクロを無効にするを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

図または OLE オブジェクトに動作を割り当てる

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×