スキップしてメイン コンテンツへ

動作設定ボタンによってプレゼンテーションにコマンドを追加する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

次に、特定のスライドで、アプリを実行するか、ビデオ クリップを再生など、プレゼンテーション内のアクションを実行するのに動作設定ボタンを使用します。 動作設定ボタンを設定するための 2 つの基本的な手順があります。

  • 最初に、図形ギャラリーから動作設定ボタンを選択します。

  • (中にスライド ショー) の [図形をクリックしてまたはそれをマウスでポイントしたときに発生するアクションを割り当てます。

つまり、あるプレゼンテーションを行うときは、クリックするか、動作設定ボタンをポイントします。

  • 次のスライド、前のスライド、最初のスライド、最後のスライド、最後に表示したスライド、特定のスライド番号をPowerPointを別のプレゼンテーションをまたは Web ページに移動します。

  • プログラムを実行する

  • マクロを実行する

  • オーディオ クリップを再生する

PowerPoint の動作ボタンを設定するためのダイアログ

スライド上で動作設定ボタンを配置します。

図形ギャラリーに組み込みの動作設定ボタンの図形のいくつかの例には、ビデオの再生またはサウンド描か (一般的の次の場合、前に、最初に、記号と特殊文字を理解して、最後のスライド、)、左右の矢印が含まれます。

PowerPoint の動作ボタンが強調表示されたリボンの [図形] メニュー

  1. [挿入] タブで、[図形] をクリックし、[動作設定ボタンのメニューの下部にある、[ボタン図形を追加する] をクリックします。

  2. スライド上の位置をクリックし、ドラッグしてボタンの形状を描画します。

  3. 次の手順を開く] およびダイアログ ボックスのままにします。

動作を割り当てる

[アクション] ボタンがクリックされたときに発生するアクションを実行する場合に、ダイアログ ボックスの [マウスのクリックして] タブで、次の手順を実行します。

アクションで、[アクション] ボタンが示されるだけでときに発生する場合は、ダイアログ ボックスの [マウスの通過] タブで、次の手順を実行します。

  1. 動作設定ボタンをクリックまたはポイントしたときに実行される動作を選択するには、次のいずれかの操作を行います。

    • ハイパーリンクを選択し、[ハイパーリンクのアクションに移動宛先 (たとえば、次のスライド、前のスライド、最後のスライドまたは他のPowerPointプレゼンテーションなど) を選択します。

      注:  のWordなどの別のプログラムで作成されたファイルまたはへのハイパーリンク] ボックスの一覧で、 Excelファイルにリンクするには、その他のファイルをクリックします。

    • 図形に動作を割り当てずに使用する場合は、[なし] を選びます。

    • [プログラムの実行] を選び、[参照] をクリックして、実行するプログラムを見つけます。

    • [マクロの実行] を選んで、実行するマクロを選びます。

      マクロを実行する設定は、既にプレゼンテーションには、マクロが含まれているし、プレゼンテーションを保存する場合は、PowerPoint マクロ有効スライド ショー] として保存する必要がありますのみ使えます。 (についてマクロの詳細については、「マクロを実行する)

    • 動作設定ボタンとして選択した図形により動作を実行する場合は、[オブジェクトの動作] をクリックし、実行する動作を選択します。

      オブジェクトの動作の設定では、プレゼンテーションには、 OLE オブジェクトが含まれている場合のみです。 詳細については、図または OLE オブジェクトの動作を割り当てるを参照してください。

    • サウンドを再生するには、[サウンドの再生] チェック ボックスをオンにし、再生するサウンドを選択します。

  2. アクションの選択が完了したら、 [ok]を選択します。

  3. 選択したアクションをテストするのには、アクション ボタンをクリックすることができるように、スライド ショーでプレゼンテーションを開くための現在のスライドからスライド ショー _gt を選択します。

関連項目

図または OLE オブジェクトに動作を割り当てる

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×