効果、テキスト ボックス、ワードアート、図、または図形をノートに追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

PowerPoint では、テキスト ボックス、ワードアート、図、およびその他のオブジェクトを使って、ノートを挿入できます。オブジェクトをノートに追加するには、標準表示モードで、印刷したノートではなく、画面が表示されます。

標準的な PowerPoint スライドにオブジェクトを追加する方法について、探している場合は、この記事の最後にあるその他のリソースを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

ノート マスター、プレース ホルダー、ノートのページ、およびノート ウィンドウについてください。

プレース ホルダーを並べ替える

ノート ページにテキスト ボックスまたはワードアートを追加します。

ノート ページに画像または図形を追加します。

テーマのフォント、テーマの色やテーマの効果を変更します。

ノート マスター、プレース ホルダー、ノートのページ、およびノート ウィンドウについてください。

すべてのノートのページに表示される情報を選択し、その情報のレイアウトを変更するには、[ノート マスター ] タブを使用します。

ヘッダーとフッター、日付、およびスライドのページ番号のプレースホルダー 、に加えて、ノート マスターには、スライドの画像のプレース ホルダーと本文のプレース ホルダーと呼ばれるノート テキストの他のプレース ホルダーが含まれています。プレース ホルダーを区別するには、次の操作を行います。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

  2. [ノート マスター ] タブの [プレース ホルダー ] グループで、ノートのページに表示されないことを確認する] チェック ボックスをオフにします。もう一度追加することを選択します。

    [ノート マスター] タブの [プレース ホルダーのチェック ボックス

各ノート ページには、ノートをスライドに移動すると、スライドの画像が表示されます。ノートのページを印刷するときとその他のテキストまたは画像をスライドごとに 1 つのページを印刷します。

PowerPoint のノート ページ

1ノート ページによって、ノート、各スライドがプレゼンテーションに含めます。

2 には独自のノート ページに、各スライドが含まれます。

3スライド、ノートに添付します。

4グラフや図などのデータは、ノート ページに追加できます。

標準表示モードで入力し、テキストの書式を設定して、スライドを編集しているときに [ノート] ウィンドウを使用します。ノートのページに (ビュー >ノート ページ)、テキストの書式の効果を確認し、スライドを印刷するときに、ノートの表示を制御できます。

プレース ホルダーを並べ替える

別の場所にノート マスターのプレース ホルダーを移動したり、縦から、ノートが容易に表示するように横向きに変更することができます。たとえば、スライド上の SmartArt グラフィックにある場合は、場合は、ノート ページの [SmartArt グラフィックを適切に表示するスライドの画像のプレース ホルダーの向きを変更する可能性があります。

プレース ホルダーを移動します。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

    ノート マスター表示します。

  2. 本文または画像をスライドのプレース ホルダーを移動するには、プレース ホルダーの枠線のいずれかをポイントします。ポインターがの 4 方向の矢印 になったときに、プレース ホルダーを新しい位置にドラッグします。

ノート ページの向きを変更します。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

    ノート マスター表示します。

  2. ノート マスター ] タブの [ページ設定] で、[ノート ページの向き] をクリックし、[縦]または [] をクリックします。

  3. 印刷の向き] に変更が完了したらノート マスター ] タブの [閉じる] グループで、[マスター表示を閉じる] をクリックします。

ノート ページにテキスト ボックスまたはワードアートを追加します。

プレゼンテーションが下書きまたは機密であることを示すテキスト ボックスやワードアートを使うことができます。

テキスト ボックスを追加する

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

    ノート マスター表示します。

    注: 1 つだけのノート ページには、この手順を適用するには、ノート マスターではなく、ノートのページをクリックします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] グループで、テキスト ボックス] をクリックし、[ノートのページの下部にある本文のプレース ホルダー内をクリックして、[目的のサイズのテキスト ボックスの描画にからドラッグします。

  3. ノート ページに表示するテキスト ボックスにテキストを入力します。

  4. テキスト ボックスを配置するには、それをクリックし、ポインターの形が、 4 方向の矢印 、このテキスト ボックスを新しい場所にドラッグします。

  5. [ホーム] タブの [フォント] グループの書式設定オプションを使用して、テキスト ボックス内のテキストの書式を設定します。

    テキスト ボックス自体の書式を設定する図形のスタイル] でオプションを使用することもできます。詳細については、次を参照してください。追加塗りつぶし、輪郭、またはテキストやワードアートの効果を削除またはします。

  6. 配置して、テキストまたはテキスト ボックスに、書式を設定した後は、ノート マスター ] タブの [閉じる] グループで、[マスター表示を閉じる] をクリックします。

ワードアートを追加する

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

    ノート マスター表示します。

    注: 1 つだけのノート ページには、この手順を適用するには、ノート マスターではなく、ノートのページをクリックします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] グループで [ワードアート] をクリックして、目的のワードアート スタイルをクリックします。

    大型のワードアート アイコン

  3. ノート ページに表示するワードアートのテキストを入力します。

  4. ワードアートを配置するには、それをクリックしての 4 方向の矢印 に変わったら、ドラッグしてワードアートの新しい場所にします。

  5. ワードアートの外観を変更するには、ワードアートのスタイル] で [描画ツールの [書式] タブでオプションを使用します。

    ワードアートのスタイル]

  6. [ノート マスター ] タブで、ワードアートの表示方法の内容に満足したら閉じる] グループでマスター表示を閉じる] をクリックします。

ヒント: できます、テキスト ボックスまたはワードアート透明度を上げるのアウトラインを自動入力または変更することによってします。

ノート ページに画像または図形を追加します。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

    ノート マスター表示します。

    注: 1 つだけのノート ページには、この手順を適用するには、ノート マスターではなく、ノートのページをクリックします。

  2. [挿入] タブで、必要な項目を挿入するには、画像図形をクリックします。

  3. サイズを調整またはピクチャ、または図形の位置を変更、新しい場所にドラッグ、サイズ変更ハンドルを使用してサイズを変更する、または右クリックし、 ショートカット メニューの [サイズと位置] をクリックします。

  4. ノート マスター ] タブの [閉じる] で、[検索方法、画像やクリップアートの内容に満足したら、[マスター表示を閉じる] をクリックします。

    ヒント: できます、明るさ、コントラスト、または画像の透明度を変更するには、図の枠線を変更または効果を追加するには、[書式] タブの [図ツール] のオプションを使用しています。

テーマのフォント、テーマの色やテーマの効果を変更します。

ドキュメントテーマは、一連のテーマの色一連のテーマのフォント (見出しおよび本文テキストのフォントを含む)、およびテーマの効果 (線および塗りつぶし効果を含む) のセットを含む書式設定のセットです。PowerPointを使用して作成したすべてのプレゼンテーションが内部テーマ-も新しい、空白のプレゼンテーションします。

テーマのフォントを変更します。

テーマのフォントには、見出しのフォントと本文のフォントが含まれています。テーマのフォント] ボタン ボタンの画像 をクリックすると、見出しのフォントと各テーマのフォントテーマのフォント名の下に使用される本文テキストのフォントの名前を表示できます。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

    ノート マスター表示します。

  2. ノート マスター ] タブの [背景] で、[フォント] をクリックし、[スライドで、目的のオプションを使用するフォント] をクリックします。

  3. ノート マスター ] タブの [閉じる] グループで、[マスター表示を閉じる] をクリックします。

テーマの色を変更する

4 つのテキストと背景の色、6 つのアクセント色、および 2 つのハイパーリンクの色、テーマの色が含まれています。テーマの色] ボタン ボタンの画像 上の色は、現在のテキストと背景色を表しています。[テーマの色] ボタンをクリックした後にテーマの色の名前の横に表示される色のセットは、そのテーマの強調とハイパーリンクの色を表します。独自のテーマの色]、[テーマの色] ボタンは表示される色のセットを作成するのには、これらの色を変更して、[テーマの色の横にある名前を変更します。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

    ノート マスター表示します。

  2. ノート マスター ] タブの [背景] で、[] をクリックし、スライドで、目的のオプションを使用する色をクリックします。

  3. ノート マスター ] タブの [閉じる] グループで、[マスター表示を閉じる] をクリックします。

テーマの効果を変更します。

テーマの効果は、線および塗りつぶし効果のセットです。テーマの効果] ボタン ボタンの画像 をクリックすると、線や塗りつぶし効果をテーマの効果の名前で表示されているサムネイルのテーマの効果のセットごとに使用されるを表示できます。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

    ノート マスター表示します。

  2. [ノート マスター ] タブの [背景] グループで [効果] をクリックします。

  3. 使用する効果を選択します。

  4. ノート マスター ] タブの [閉じる] グループで、[マスター表示を閉じる] をクリックします。

テーマのフォントを変更します。

テーマのフォントには、見出しのフォントと本文のフォントが含まれています。テーマのフォント] ボタン ボタンの画像 をクリックすると、見出しのフォントと各テーマのフォントテーマのフォント名の下に使用される本文テキストのフォントの名前を表示できます。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

  2. ノート マスター ] タブの [テーマの編集] で、[フォント] をクリックし、[スライドで、目的のオプションを使用するフォント] をクリックします。

  3. 完了したら、[ノート マスター ] タブの [閉じる] グループで、マスター表示を閉じる] をクリックします。

    [ノート マスター] タブ

テーマの色を変更する

4 つのテキストと背景の色、6 つのアクセント色、および 2 つのハイパーリンクの色、テーマの色が含まれています。テーマの色] ボタン ボタンの画像 上の色は、現在のテキストと背景色を表しています。[テーマの色] ボタンをクリックした後にテーマの色の名前の横に表示される色のセットは、そのテーマの強調とハイパーリンクの色を表します。独自のテーマの色]、[テーマの色] ボタンは表示される色のセットを作成するのには、これらの色を変更して、[テーマの色の横にある名前を変更します。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

  2. ノート マスター ] タブの [テーマの編集] で、[] をクリックし、スライドで、目的のオプションを使用する色をクリックします。

  3. 完了したら、[ノート マスター ] タブの [閉じる] グループで、マスター表示を閉じる] をクリックします。

テーマの効果を変更します。

テーマの効果は、線および塗りつぶし効果のセットです。テーマの効果] ボタン ボタンの画像 をクリックすると、線や塗りつぶし効果をテーマの効果の名前で表示されているサムネイルのテーマの効果のセットごとに使用されるを表示できます。

  1. [表示] タブには、ノート マスター]をクリックします。

  2. ノート マスター ] タブの [テーマの編集] で、[効果] をクリックします。

  3. 使用する効果を選択します。

  4. 完了したら、[ノート マスター ] タブの [閉じる] グループで、マスター表示を閉じる] をクリックします。

関連項目

作成して、ノートのページを印刷します。

スライドにテキストを追加します。

ワードアートを挿入する

図形を追加する

使用して、または PowerPoint のテーマを作成します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×