削除済みデータ バックアップのクォータを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Web アプリケーションの削除済みデータ バックアップを有効にする場合、削除済みデータ バックアップに使用できるディスク容量を、Web アプリケーションに割り当てられているクォータの割合で指定する必要があります。たとえば、Web アプリケーションに 100 MB を割り当てている場合、削除済みデータ バックアップに 50% のクォータを割り当てると、削除済みデータ バックアップに 50 MB が割り当てられ、Web アプリケーション全体では 150 MB になります。削除済みデータ バックアップには、最大で 100% まで割り当てることができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×