削除するか Skype から for Business と Exchange の先進認証を無効にします。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ハイブリッド モダンな認証 (ときなど) のみを見つけるには、現在の環境に適したは、有効にした場合は、ときなどを無効にすることができます。この記事で説明する方法。

この記事には?

Business Online または、社内でまたは Exchange Online や社内 Skype での最新の認証を有効にしたときなどを無効にする必要がある場合は、する手順。

重要です Skype for Business Online または内部設置型の場合は、"先進認証と Skype for Business のトポロジがサポートされている"の記事を参照してくださいあり混在トポロジのときを開始する前にサポートされているトポロジを確認する必要があります。

ハイブリッドの先進認証 (Exchange) を無効にする方法

  1. Exchange が社内: Exchange 管理シェルを開くし、次のコマンドを実行します。

    1. Set-organizationconfig-OAuth2ClientProfileEnabled $false

    2. 設定 AuthServer-Identity evoSTS IsDefaultAuthorizationEndpoint $false

  2. Exchange Online: Exchange Online Remote PowerShell でに接続します。'False' OAuth2ClientProfileEnabledフラグを有効にするのには、次のコマンドを実行します。

    1. Set-organizationconfig-OAuth2ClientProfileEnabled: $false

ハイブリッドの先進認証 (Skype for Business) を無効にする方法

  1. Skype for Business オンプレミス: Skype for Business 管理シェルで、次のコマンドを実行します。

    1. セット CsOAuthConfiguration ClientAuthorizationOAuthServerIdentity""

  2. Skype for Business Online: Skype for Business Online Remote PowerShell でに接続します。最新の認証を無効にするのには、次のコマンドを実行します。

    1. セット CsOAuthConfiguration ClientAdalAuthOverride が許可されていません。

最新の認証の概要へのリンクです。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×