削除されたユーザー アカウントから Sway を再割り当てする - 管理者向けヘルプ

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Azure Active Directory からユーザーを削除すると、場所、削除後で保留状態に自分の Sway を入力します。時刻の期間に、Sway は通常のユーザーにアクセスすることはできません。IT 管理者があるユーザーは、テナント内の他のユーザーに所有している Sway を再割り当てする Azure Active Directory から完全に削除後 30 日間です。

注: Azure Active Directory にも、ユーザーが完全に削除される前に保留期間があります。

手順 1: ライブラリをダウンロードしてインストールする

  1. Sway の再割り当てに使用する PowerShell コマンドレットからライブラリをダウンロードします。 

  2. 次のライブラリを抽出します。

    1. Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory

    2. Microsoft.Office.Story.PowerShell.ChangeOwnerClient.dll

    3. Microsoft.Office.Story.PowerShell.Protocol.dll

    4. Newtonsoft.Json

  3. モジュールを使用してインストールします、指示に従って、フォルダー構造は、ここ

    1. 例:

      1. ...\Documents\WindowsPowerShell\Modules\ にすべての値を抽出します。

  1. そのプロパティの設定でのブロックを解除してダウンロードしたファイルがブロックされていないことを確認します。

    1. 例:

手順 2: PowerShell でモジュールをインポートする

  1. 次のように、管理者として Windows PowerShell を開きます。

    1. 検索バーに Windows PowerShell と入力します。

    2. Windows PowerShell または Windows PowerShell ISE を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。

    3. 使用例

      1. Powershell

      2. Windows PowerShell ウィンドウが表示されます。プロンプト C:\Windows\system32 は、管理者が開いたことを意味します。

      3. powershell2

2. ダウンロードしたモジュールをインポートします。

構文:

Import-Module Microsoft.Office.Story.PowerShell.Protocol
Import-Module Microsoft.Office.Story.PowerShell.ChangeOwnerClient
Import-Module Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory
Import-Module Newtonsoft.Json

(モジュールをインポートする方法についての追加)

手順 3 - Sway のサービスに接続し、転送スクリプトを実行する

Note: Only Sways that were previously owned by the deleted account can be transferred at this time, and only to a user within the same tenant. Only the tenant administrator may initiate a transfer. 

  1. PowerShell 経由で Sway のサービスに接続します。

  2. テナント管理者の資格情報を入力します。

構文:

	Connect-SwayService

例:

	Connect-SwayService

1 つの Sway を別のアカウントに転送する

削除されたアカウントによって以前所有されていた 1 つの Sway を同じテナント内の別のアカウントに転送するには、次の情報が必要です。

  • Sway Lookup ID - 特定の Sway の sway.com URL の後にある ID ("例: https://sway.com/abc123 の abc123" など)

  • New Email Address (新しいメール アドレス) - Sway の転送先のアカウントのメール アドレス

構文:

	Start-ChangeSwayOwner -OriginalSwayLookupId <Sway Lookup ID> -DestinationOwner <New Email Address>

例:

	Start-ChangeSwayOwner -OriginalSwayLookupId abc123 -DestinationOwner user@contoso.com

1 つのアカウントのすべての Sway を別のアカウントに一括転送する

削除されたアカウントによって以前所有されていたすべての Sway を同じテナント内の別のアカウントに転送するには、次の情報が必要です。

  • Deleted Account Email Address (削除されたアカウントのメール アドレス) - Azure Active Directory から削除されたアカウントのメール アドレス

  • New Account Email Address (新しいアカウントのメール アドレス) - Sway の転送先のアカウントのメール アドレス

構文:

	Start-BulkChangeSwayOwner <Deleted Account Email Address> <New Account Email Address>

例:

	Start-BulkChangeSwayOwner deleteduser@contoso.com activeuser@contoso.com

手順 4 - Sway が再割り当てされたことを確認する

  1. 再割り当てされた Sway を表示します。

  2. Sway の転送先のユーザーに通知し、Sway を現時点で所有しているかどうかを確認するように依頼します。

注意事項

  • Azure Active Directory から完全に削除されたアカウントによって所有されていた Sway を再割り当てすることができるようになるまでに最大で 30 日間かかります。

  • 再割り当てスクリプトが正常に実行された後で、新しいアカウントにその Sway が表示されるまでに最大で 1 時間がかかることがあります。

  • 再割り当てされた Sway に関連付けられている一部の設定は保持されません。これには次の設定が含まれます。

    • Sway の分析 (ビューの数)

    • 共有の設定

      • Sway が特定のユーザーと共有されていた場合は、再割り当てされた Sway では既定の設定にリセットされます。

      • 編集用に共有されていた Sway の場合、新しい所有者は、現在も編集アクセスを必要とする共同編集者への新しいリンクを再度共有する必要があります。

    • 最終編集日

    • Sway に以前設定されていた設定。たとえば、Sway のバナーや自動再生が削除されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×