削除されたメール メッセージを Outlook.com で復元する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Outlook.com のメールから誤ってメール メッセージを削除した場合、まだ [削除済みアイテム] フォルダーまたは [迷惑メール] フォルダーにメッセージが残っている場合、また場合によっては [削除済みアイテム] フォルダーが空になった後でも、アイテムを回復できます。

注: 

  • [削除済みアイテム] フォルダーから削除されたアイテムは 30 日以内であれば復元できます。

  • [迷惑メール] フォルダーのメールは 30 日経過すると自動的に削除され、復元できなくなります。

  • 復元する削除済みメッセージが表示されない場合、[削除済みアイテム] フォルダーまたは [迷惑メール] フォルダーから完全削除されている可能性があります。[削除済みアイテム] フォルダーまたは [迷惑メール] フォルダーにメッセージを保存しておくことは推奨されません。受信トレイ以外のフォルダーにメッセージを保存する場合、「メッセージ フォルダーを操作する」を参照してください。

  • お子様のアカウントの削除済みメッセージを復元することはできません。したがって、お子様のアカウントからメッセージを削除した場合、復元されることはありません。

  • Outlook.com アカウントを使用して、アクティブな状態を維持する必要があります。つまり、 1 年間期間内に少なくとも1回はOutlook.com受信トレイにサインインする必要があります。それ以外の場合は、 Outlook.com受信トレイを閉じて、すべてのメールが削除されます。Microsoft アカウントと関連サービスをアクティブにするには、 5 年間期間内に少なくとも1回サインインする必要があります。この期間中にサインインしていない場合は、Microsoft アカウントが無効であることを前提として、お客様のために閉じます。詳しくはこちらをご覧ください。

メール メッセージ、連絡先、予定表アイテム、またはタスクを削除すると、[削除済みアイテム] フォルダーに移されます。[削除済みアイテム] フォルダーにメッセージが見つからない場合は、[迷惑メール] フォルダーを確認します。

  1. 左側のウィンドウで、[削除済みアイテム] フォルダーまたは [迷惑メール] フォルダーを選びます。

    注: 削除したフォルダーの内容は、[削除済みアイテム] フォルダーを展開した後にのみ表示されます。

    [削除済みアイテムの展開] フォルダーが表示されているスクリーンショット。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • [削除済みアイテム] フォルダー:復元したいメッセージを選びます。すべてのメッセージを復元するには、[削除済みアイテム] で円を選び、[復元] を選択します。
      [Outlook.com の削除] ダイアログ

      注: 

      • すべてのメッセージが表示されている場合にのみ、[すべて] を選ぶことができます。これは、表示されないメッセージに対する偶発的な操作を防止するためです。

      • ctrl キーを押しながらクリックして個別のメッセージを選択し、 SHIFT

      • [削除済みアイテム] フォルダーから削除されたメッセージを復元することはできません。

      • 削除したフォルダーに含まれていたメッセージは、[移動] を選択し、削除されていないフォルダーを選択することによってのみ復元できます。

    • [迷惑メール] フォルダー:回復するメッセージを選び、[迷惑メールでは​​ない] を選びます。

      [迷惑メールではない] ボタンのスクリーンショット

[削除済みアイテム] フォルダーにアイテムがない場合、次に探す場所は [回復可能なアイテム] フォルダーです。

  1. 左側のウィンドウで、[削除済みアイテム] フォルダーを選択します。

  2. メッセージ一覧の上部で、[このフォルダーから削除されたアイテムを復元] を選びます。

    このフォルダーから削除されたアイテムを復元するためのボタンのスクリーンショット

  3. 回復するメッセージを選び、[復元] を選びます。

    注: 

    • すべてのメッセージが表示されている場合にのみ、[すべて] を選ぶことができます。これは、表示されないメッセージに対する偶発的な操作を防止するためです。

    • ctrl キーを押しながらクリックして個別のメッセージを選択し、 SHIFT

回復したアイテムが移動される場所   回復したアイテムは、可能な場合は元のフォルダーに復元されます。元のフォルダーが存在しない場合は、次のように復元されます。

  • メッセージは受信トレイに移動します。

  • 予定表アイテムは予定表に移動します。

  • 連絡先は [連絡先] フォルダーに移動します。

  • タスクは [タスク] フォルダーに移動します。

Outlook.com では、サインアウトのたびに [削除済みアイテム] フォルダーを空にできます。この設定は次の方法で変更できます。

  1. ページの最上部で、[設定] Settings > [Outlook のすべての設定を表示]を選択。

  2. [メッセージ処理] を選びます。

  3. [サインアウトするとき] で、[削除済みアイテムを空にする] フォルダーの横にあるチェックボックスをオフにします。

さらにサポートが必要な場合

[コミュニティ フォーラム] ボタン [サポートへの問い合わせ] ボタン

関連項目

Outlook.com の受信トレイでスパムおよび迷惑メールを受信しないようにする

Outlook.comでの迷惑行為、フィッシング詐欺、またはスプーフィングの処理

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×