削除されたサイト コレクションを復元する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

一般法人向け Office 365 の SharePoint Online のごみ箱は、サイト コレクション全体が削除されたときのセーフティ ネットとなります。SharePoint Online 管理者が削除したサイト コレクションはごみ箱に入れられ、30 日経つと自動的に完全に削除されます。この記事では、SharePoint Online 管理者が削除されたサイト コレクションを復元する方法について説明します。

概要

SharePoint Online の管理者は、SharePoint Online 管理センターの [ごみ箱] ページから、削除されたサイト コレクションを表示、管理することができます。このページから、現在ごみ箱にあるサイト コレクションを表示したり、サイト コレクションが永久に削除されるまでの残り日数を確認したり、Microsoft のサポートに問い合わせることなく削除されたサイト コレクションを復元したりすることができます。

注: 削除されたサイトとサイト コレクションの既定の保持期間は、30 日間です。サイトが削除されると、サイト コレクションまたは第 2 段階のごみ箱に直接送信されます。サイト コレクションが削除されたとき、ごみ箱は使用されませんが、もう一度 30 日間のみ保存されます。

重要: サイトのごみ箱とサイト コレクションのごみ箱られてから 93 日は、ファイル、フォルダー、またはサイトまたはサイト コレクションのアイテムが削除されたときの既定の保存時間とも呼ばれる最初のステージと第 2 段階ごみ箱をそれぞれします。サイト コレクションの記憶域のクォータとリスト ビューのしきい値に対してサイトのごみ箱の記憶域をカウントします。[サイト コレクションごみ箱保持開始の両方のごみ箱のアイテムが削除され、最大時間の合計は、両方のごみ箱のられてから 93 日と同時にします。詳細については、削除済みのサイト コレクションのごみ箱からアイテムを復元するを参照してください。

サイト コレクションは 30 日後にごみ箱から自動的に削除されます。次のすべての条件を満たしている場合は、削除されたサイト コレクションを復元できます。

  • サイト コレクションが 30 日を超えてごみ箱に存在していない。

  • SharePoint Online テナントの使用量のクォータを超えていない。

  • SharePoint Online テナントの記憶域のクォータを超えていない。

新しいサイト コレクションを作成する場合、ごみ箱内のサイト コレクションと同じ URL を使用するとき、最初にごみ箱内のサイト コレクションを完全に削除する必要があります。使用量のクォータ、記憶域のクォータが上限になると、次の操作を行うことができます。

  • 使用していないアイテムを削除し、空き領域を作成します。これは、ごみ箱内のアイテムを削除することも含みます。

  • 使用量のクォータまたは記憶域のクォータのサイズを増やすには、Microsoft サポートにお問い合わせください。

削除されたサイト コレクションを復元する

SharePoint Online 管理者は、前述の条件を満たしている場合は、削除されたサイト コレクションを参照および復元できます。

重要: 既定では、ごみ箱のサイトとサイト コレクションは 30 日後に自動的に削除されます。

削除されたサイト コレクションを復元する

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. 左上のアプリ ランチャー アイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理] を選びます。

    ヒント: [管理者] タイルは Office 365 管理者に対してのみ表示されます。

  3. 画面左側の Office 365 管理センターで、[管理センター] ウィジェットをクリックし、[SharePoint] をクリックします。

    管理者, SharePoint

  4. リボンの [ごみ箱] をクリックします。

  5. ごみ箱で、復元するサイト コレクションの横にあるチェック ボックスをオンにします。

  6. リボンの [削除したアイテムを復元] をクリックします。

関連トピック

サイト コレクションから削除されたアイテムのごみ箱
を作成または削除するサイト コレクション
サイト コレクションのごみ箱からアイテムを削除します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×