利用可能残高を追加して、通信クレジットを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

通信を加算したものは、電話システムと Office 365 のプランの呼び出しの支払いに便利な方法です。役立てると、ユーザーこと捕捉ことがないことを確認します。

  • 無料の電話番号を使用して、電話会議にダイヤルインする。

  • 世界中の任意の場所の追加から他のユーザーに、電話会議の会議から発信されます。

  • 音声会議会議から Skype for Business または Microsoft チームのアプリがインストールされていると携帯電話にダイヤルアウトします。

  • 国内通話プランを利用している場合に、任意の国際電話番号にダイヤルする。

注: どの程度、速度がわからない場合は、[プランの呼び出し ] ページで単価表を参照してください。

管理者は、追加資金手動でしたりする自動回復を設定できますお勧めします。

自動再チャージでは、設定した金額を下回ると、自動的に最高額まで残高が追加されます。自動再チャージの使用をお勧めします。これにより、利用可能残高の手動による追加を忘れないようにする必要がなくなります。利用可能残高が設定した金額を下回ると、自動的にチャージされます。自動再チャージを選択していないと、利用可能残高がゼロを下回ってしまうことがあります。その時点で、管理者やユーザーは無料通話や国際通話を発信できなくなります。

いつでも、[支払いオプションを更新することができます。[サブスクリプション] ページで、通信クレジットを選択し、更新します。

利用可能残高は、サービス利用時の Microsoft が公開しているレートで、通信クレジットのみに適用されます。購入日から 12 か月以内に使用されなかった残高は、有効期限切れとなり、使用できなくなります。

ヒント: 自動再チャージで利用可能残高が追加された場合、(クレジットカードの有効期限が過ぎているなどの理由で) 自動再チャージできなかった場合、利用可能残高がゼロを下回った場合は、メールでお知らせします。

詳細については、表示する通信を加算したものは何ですか?

プランと価格の詳細情報

[プランと価格を次のリンクのいずれかにアクセスする、確認できます。

Office 365 管理センターにサインインして、[課金] > [サブスクリプション] > [サブスクリプションの追加] の順に選んで情報を表示することもできます。

各機能に必要なライセンスの表を確認するには、「Skype for Business と Microsoft Teams のアドオン ライセンス」をご覧ください。

Skype for Business Online PSTN サービス利用規約

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×