別の Exchange 電子メール エイリアスの候補が表示されないようにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003、または Exchange Server 2007 のアカウントを使用する必要があります。ほとんどの自宅用や個人用のアカウントでは、Microsoft Exchange は使用しません。 Microsoft Exchange アカウントと、アカウントを接続する Exchange のバージョンを決定する方法については、[参照] リンクを参照してください。

Microsoft Outlook では、宛先、CC、および BCC ボックスに名前や電子メール エイリアスを入力し始めると、電子メール受信者の名前の候補が表示されますが、この機能を無効にするか使用しないようにできます。

この機能は、Microsoft Exchange 電子メール アカウントを使用するユーザーのために用意されているもので、入力した電子メール エイリアスが Exchange アドレス帳の複数のユーザーまたはリソースに一致する可能性がある場合に、電子メール メッセージの送信先の指定を求めるメッセージを表示します。

注: この記事は outlook で示すように、オートコンプリート機能について入力すると、以前に電子メール メッセージを送信した相手からの一致します。オートコンプリート機能については、「名前の自動入力機能 (オートコンプリート)」を参照してください。

たとえば、入力したpatpatrpatdirectsの電子メール エイリアスのあるユーザーの Exchange アドレス帳のエントリも、Outlook では、 pat、ここでは次の 3 つの異なるエントリで始まるすべてのエントリを選択するように求められます。

この機能の利点は、電子メール エイリアスの最初の数文字を入力するだけで、候補の一覧から選択できることにあります。ただし、送信先のユーザーのエイリアスが短い場合や、送信先のエイリアスが含まれている他のエイリアスが存在する場合は、他の候補が表示されると邪魔になる可能性があります。次に説明する 2 つの方法で、この機能を無効にできます。

エイリアスの候補の表示を 1 回ごとに無効にする

  • [宛先]、[CC]、または [BCC] の各ボックスで、エイリアスの直前に等号 (=) を入力します。

    たとえば、入力した= 藤巻、その他の電子メール エイリアスが表示されます。その藤巻は完全なエイリアスと見なされます。

エイリアスの候補の表示を永続的に無効にする

コンピュータに精通したユーザーの場合は、次の方法を使用すると、Exchange のエイリアスの候補を表示する機能を永続的に無効にできます。レジストリ エディタを使用した変更方法に慣れていない場合は、この手順を実行しないでください。前のセクションで説明した、1 回ごとに無効にする方法を使用してください。

警告: レジストリ エディタでの操作を誤ると、オペレーティング システムの再インストールを必要とする深刻な問題が生じる場合があります。レジストリ エディタでの操作を誤ったことで問題が生じても、Microsoft では問題の解決を保証しません。レジストリ エディタは各自の責任で使用してください。

  1. Windows でレジストリ エディタを開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • Microsoft Windows vista の場合、[スタート] ボタンすべてのプログラム] をクリックして、[アクセサリ] をクリックして、実行するにはし「regedit」を入力し、し、[ OK] をクリックします。

    • Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 では、[スタート] ボタン実行] をクリックして、 「regedit」と入力し、 OKをクリックしますします。

  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Exchange\
    Exchange Provider サブキーを展開します。

  3. Exchange Provider フォルダをマウスの右ボタンでクリックし、[新規] をポイントして、ショートカット メニューの [DWORD 値] をクリックします。

  4. OAB 一致エイリアスを入力し、ENTER キーを押します。

  5. 新しいエントリが選択された状態で、Enter キーを押します。

  6. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスの [データ] ボックスで、「 1」とし、 OKをクリックしますします。

    [表記] の [16 進数] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×