別のアプリケーションからコンテンツをインポートする

他のプログラムのコンテンツをプレゼンテーションに挿入できます。このコンテンツには、他の Microsoft Office プログラムで作成されたファイルに加え、オブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) をサポートするその他のプログラムのファイルも含まれます。

注: コンテンツは、OLE をサポートする、コンピューターにインストール済みのプログラムからのみ挿入できます。挿入できるコンテンツの種類を確認するには、[挿入] タブの [テキスト] で [オブジェクト] をクリックします。[オブジェクトの挿入] ボックスに、使用できるオブジェクトの種類が表示されます。

コンテンツ オブジェクトを PowerPoint プレゼンテーションに挿入するには 2 つの方法があります。

  • リンク オブジェクト   リンク オブジェクトは、ソース ファイルが変更された場合に更新されます。たとえば、Microsoft Excel のデータから作成された、リンクされたグラフは、ソースの Excel データが変更された場合に変更されます。挿入されたオブジェクトとソース データとの間のリンクを維持するには、コンピューターまたはネットワーク上でソース ファイルを使用できる必要があります。ソースとなるデータ セットが大きい場合や複雑な場合は、リンクされたオブジェクトを挿入することをお勧めします。

  • 埋め込みオブジェクト   ソース データがプレゼンテーションに埋め込まれています。ソース データはプレゼンテーション ファイルの一部なので、別のコンピューター上でも埋め込みオブジェクトを表示できます。一般的に、埋め込みオブジェクトの場合は、リンク オブジェクトよりも多くのディスク領域が必要になります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

リンク オブジェクトを挿入する

埋め込みオブジェクトを挿入する

別のプログラムからコピーされたコンテンツをリンクする、または埋め込む

リンク オブジェクトを挿入する

  1. オブジェクトを配置するスライドの場所をクリックします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] で [オブジェクト] をクリックします。

    [挿入] タブ、テキスト グループ

  3. [ファイルから] をオンにします。

    [オブジェクトの挿入] ダイアログ ボックス、[ファイルから作成] を選択

  4. [ファイル] ボックスにファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックして一覧からファイルを選択します。

  5. [リンク] チェック ボックスをオンにします。

  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • プレゼンテーションでコンテンツを表示するには、[アイコンで表示] チェック ボックスをオフにします。

    • クリックするとオブジェクトが表示されるアイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェック ボックスをオンにします。
      既定のアイコン イメージやラベルを変更するには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] ボックスの一覧で、目的のアイコンをクリックします。必要に応じて、[タイトル] ボックスにラベルを入力できます。

ページの先頭へ

埋め込みオブジェクトを挿入する

  1. オブジェクトを配置するスライドの場所をクリックします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] で [オブジェクト] をクリックします。

    [挿入] タブ、テキスト グループ

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • オブジェクトがまだ存在しない場合は、[新規作成] をクリックします。[オブジェクトの種類] ボックスの一覧で、作成するオブジェクトの種類をクリックします。

    • オブジェクトが既に存在している場合は、[ファイルから] をクリックし、[ファイル] ボックスにファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックして一覧からファイルを選択します。

  4. [リンク] チェック ボックスをオフにします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • プレゼンテーションでコンテンツを表示するには、[アイコンで表示] チェック ボックスをオフにします。

    • クリックするとオブジェクトが表示されるアイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェック ボックスをオンにします。
      既定のアイコン イメージやラベルを変更するには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] ボックスの一覧で、目的のアイコンをクリックします。必要に応じて、[タイトル] ボックスにラベルを入力できます。

ページの先頭へ

別のプログラムからコピーされたコンテンツをリンクする、または埋め込む

  1. PowerPoint 以外のプログラムで、オブジェクトとして挿入するデータを選択してコピーします。

  2. PowerPoint で、オブジェクトを表示する場所をクリックします。

  3. [ホーム] タブの [クリップボード] で [貼り付け] の下にある矢印をクリックし、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。
    [貼り付け] グループの [形式を選択して貼り付け] を含む貼り付けオプション

  4. [形式を選択して貼り付け] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • リンク オブジェクトとしてデータを貼り付ける場合は、[リンク貼り付け] をクリックします。

    • 埋め込みオブジェクトとしてデータを貼り付ける場合は、[貼り付け] をクリックし、名前に "オブジェクト" が含まれる [貼り付ける形式] ボックスのエントリをクリックします。たとえば、Word の文書からデータをコピーする場合、[Microsoft Office Word 文書オブジェクト] をクリックします。

      注: 選択内容が非常に少ない場合 (たとえば、Word 文書内の数単語や、Excel ワークシートのセルの数字など) は、オブジェクトとして保存する必要がないことがあります。この場合は、[貼り付ける形式] ボックスに表示されるオプションの 1 つをクリックするか、コンテンツを直接貼り付けてください。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×