列または行を非表示にすると、"オブジェクトがシートからはみだします。その操作はできません。" というメッセージが表示されるのはなぜですか

現象

列または行を非表示にしようとすると、Microsoft Office Excel のワークシートからオブジェクトがはみだす操作はできないことを示すエラー メッセージが表示されます。

原因

通常、この問題は次の条件が当てはまる場合に発生します。

  • セルのコメントなどのオブジェクトが、ワークシート グリッド末尾のセルに入力されている。非表示にする列や行の総数が、オブジェクトの左端からワークシートの最終列 (列 [XFD]) や最終行 (行番号 [1048576]) までの列数や行数以上である場合、非表示にできません。

  • [<オブジェクト名> の書式設定] ダイアログ ボックスの [セルに合わせて移動やサイズ変更をしない] オプションが選択されている。このオプションは既定で選択されています。

たとえば、セル [XFC1] にセルのコメントを入力し、[セルに合わせて移動やサイズ変更をしない] が選択されている場合、ワークシートの最初の列とセルのコメントの左端が含まれた列の間にある 3 つ以上の列を非表示にすると、このメッセージが表示されます。

行の場合も同様の問題が発生する可能性がありますが、Microsoft Office Excel 2007 では上限となる行数が多く、ワークシートの最後の行にオブジェクトを配置する可能性は低いため、この問題が発生することはほとんどありません。

注: オブジェクトが末尾から離れた位置にあっても、非表示にする列や行の総数が、オブジェクトの左端からワークシートの最終列や最終行までの列数や行数以上である場合、この問題が発生します。

解決法

  1. オブジェクトがセルのコメントの場合、そのコメントが含まれたセルを選択します。

    ヒント: ワークシートの末尾にオブジェクトがある場合は、行または列の最後のセルにすばやく移動できます。移動するには、End キーを押し、次に→キーまたは↑キーを押します。ワークシート上でデータまたは書式が格納されている最後のセルに移動するには、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

  2. 選択したセルまたはセル範囲を右クリックし、[コメントの表示/非表示] をクリックします。

  3. ポインタをオブジェクトの境界線に移動し、ポインタが 4 方向の矢印に変わったら、境界線をクリックします。

  4. [ホーム] タブの [セル] で [書式] をクリックし、[<オブジェクト名> の書式設定] をクリックします。

  5. [プロパティ] タブで、[オブジェクトの位置関係] の下の [セルに合わせて移動やサイズ変更をする] をクリックし、[OK] をクリックします。

  6. セルのコメントをもう一度非表示にする場合は、セルを右クリックし、[コメントを表示しない] をクリックします。

  7. この問題が発生する各オブジェクトに対して、手順 1. ~ 6. を繰り返します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×