スキップしてメイン コンテンツへ
列の書式を設定して外観を変更する

列の書式を設定して外観を変更する

モダンなエクスペリエンスを使用して項目の外観を変更することで、 SharePoint リストまたはライブラリの列の書式を設定します。 [塗りつぶしの背景色] は、[選択]、[日付]、[はい/いいえ] 列で使用できます。 数値の列にデータバーを適用できます。 その他の列の種類では、高度な書式設定モードを使用できます。

注: 列の書式設定にアクセスするには、既存のライブラリに列を追加する必要がある場合があります。

列の書式設定が表示された SharePoint のリスト

背景色を塗りつぶす

さまざまな選択肢や日付を塗りつぶしの背景色で強調表示します。 たとえば、"レビューが必要" という列に名前を指定することができます。 色を使用して、ファイルを確認する必要があるユーザーを強調表示することができます。

  1. リストまたはライブラリで、カスタマイズする列の列見出しを選択します。

  2. [列の設定] を選択し、[この列の書式設定] を選択します。

  3. 既定のパレットを使用するには [塗りつぶしの背景色] を選択し、[テンプレートの編集] を選択します。

  4. [パレット] アイコンを選択し、各オプションの色の優先順位を選択します。

    SharePoint の列の書式設定で背景の塗りつぶし色の [テンプレートの編集] オプション
  5. 完了したら、[保存] を選択します。

データ バー

データバーを使用して数値の視覚的な比較を行います。 たとえば、"工数 (日数)" という列に名前を指定することができます。 データバーの長さは、関連付けられたタスクの所要時間を示すことができます。

  1. リストまたはライブラリで、カスタマイズする列の列見出しを選択します。

  2. [列の設定] を選択し、[この列の書式設定] を選択します。

  3. 既定のパレットを使用する場合は [データバー ] を選択し、[テンプレートの編集] を選択します。

  4. データバーテンプレートの最小値と最大値を入力します。

  5. [パレット] アイコンを選択し、各オプションの色の優先順位を選択します。

    SharePoint の列書式設定のデータバーの [テンプレートの編集] オプション
  6. 完了したら、[保存] を選択します。

注: 後で列の書式設定をクリアする必要がある場合は、後でもう一度有効にすることにより、 SharePoint の書式設定オプションは保存されません。

詳細モード

JSON を使い慣れている場合は、詳細モードを使用して json を直接追加することもできます。

  1. リストまたはライブラリで、カスタマイズする列の列見出しを選択します。

  2. [列の設定] を選択し、[この列の書式設定] を選択します。

  3. [列の書式設定] ウィンドウの下部にある [詳細モード] を選択します。

  4. 列に適用する JSON を入力します。

    SharePoint の列書式設定用の詳細モードの JSON ウィンドウ
  5. 完了したら、[保存] をクリックします。

列の書式設定に JSON を使用する方法について詳しくは、「列の書式設定を使用して SharePoint をカスタマイズする」をご覧ください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×