列の名前を変更する (Power Query)

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

注: クエリ エディターの表示方法に関するビデオについては、この記事の最後を参照してください。

Power Query データ ソース列の名前を変更するには、クエリ エディターで列名を変更します。 新しい列名がクエリで使われます。

列の名前を変更する

列名の変更方法はいくつかあります。 次の 2 つの方法で列名を変更すると、同じ結果が得られます。

  • クエリ エディターで、 列をダブルクリックして、新しい名前を入力します。

  • クエリ エディターで、名前を変更する列を右クリックして、表示されるメニューから [名前の変更] を選ぶこともできます。

次の短いビデオでは両方の方法を紹介しています。最初の列では列名をダブルクリックして名前を変更し、2 番目の列では右クリックして新しい列名を入力しています。

クエリ エディターの [列名の変更]

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×