列のプロパティ] ページ (ADP)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このプロパティ ページには、テーブル内の列、または一連のビュー] または [インライン関数内で出力列プロパティのセットが含まれています。

テーブル名

ビューまたは行で関数を使っている場合、このプロパティは表示されません。プロパティが表示されている列を含むテーブルの名前が表示されます。テーブル名] オプションは、データベース デザイナー内でのみ編集-からではなく、テーブル デザイナー内でします。図面に複数のテーブルが選択されている、最初のテーブルの名前だけが表示されます。

オブジェクト名

このプロパティは、表を操作している場合に表示されません。ビューのプロパティが表示されている [出力] 列を含む行で関数名を示します。オブジェクト名は編集できません。

列名

選択した列の名前が表示されます。別の列のプロパティを表示するのには、列名] ボックスの一覧を展開します。

テーブルを使用している場合は、テーブルの列の 1 つの名前が表示されます。ビューまたは行で関数を使用している、これと出力列の名前が表示されます。

ビューまたは行で関数を使用している場合にのみ適用されます。出力] 列のデータベースの式を示しています-ビュー] または [行では、関数の結果に表示されている列。元の列に直接対応する列、所有者の名前、テーブル名は、および列の名前、式が表示されます。たとえば、ビューまたは関数には、 salesテーブルからqty列が含まれている場合、式はdbo.sales.qtyします。

ビューまたはインライン関数で定義されている派生列に対応する列、式は、派生を示しています。たとえば、 profitと呼ばれる列には、式revenue-expensesの可能性があります。

説明

(Microsoft SQL Server 2000 のみです。)選択した列のテキストの説明が表示されます。値は、SQL Server 拡張プロパティとして保存されます。

データ型

選択した列のデータ型を示しています。

ビューまたは行で関数を使用しており、データ型の基になるようなテーブル、ビュー、または関数の列に直接対応する出力列にのみ適用されます。つまり、出力] 列が派生の場合、データ型のプロパティが空白にします。ビューまたはインライン関数には、このプロパティを編集することはできません。

長さ

テーブルを使用している場合にのみ適用されます。選択した列の文字数を示しています。

Nullable

列に Null 値を入力できるかどうかを決定します。

  • NULL    Null 値を許可します。

  • NULL でないです。    Null 値を指定することはできません。

既定値

テーブルを使用している場合にのみ適用されます。この列の値を持つ行がテーブルに挿入されたときに、[この列の既定値が表示されます。このフィールドの値は、SQL Server の既定の制約の値、または列のバインド先となるグローバル制約の名前にできます。ドロップダウン リストには、データベース内で定義されたすべてのグローバル既定値が含まれています。列を既定のグローバルにバインドするには、ドロップダウン リストから選択します。または、列の既定の制約を作成するには、テキストとして直接既定値を入力します。

有効桁数

テーブルを使用している場合にのみ適用されます。この列の値の数字の最大数を示しています。

Scale

テーブルを使用している場合にのみ適用されます。この列の値の小数点の右側に表示される数字の最大数を示しています。

ID

テーブルを使用している場合にのみ適用されます。列が id 列として SQL Server が使用されているかどうかが表示されます。使用可能な値は次のとおりです。

  • なし    列は、id 列としては使用されません。

  • [はい]    列は、id 列として使用されます。

  • ○ (いないレプリケーション)    レプリケーション エージェントがテーブルにデータを挿入するときに、列を除く、id 列として使用されます。

Id シード

テーブルを使用している場合にのみ適用されます。Id 列のシード値が表示されます。このオプションは、列のIdのオプションを設定する(レプリケーション) を [はい]または[はい]にのみに適用されます。

Id インクリメント

テーブルを使用している場合にのみ適用されます。Id 列の増分値が表示されます。このオプションは、列のIdのオプションを設定する(レプリケーション) を [はい]または[はい]にのみに適用されます。

RowGuid には

テーブルを使用している場合にのみ適用されます。列が ROWGUID 列として SQL Server が使用されているかどうかが表示されます。[はい]にこの値を設定するには id 列に対してのみです。

数式

(SQL Server 7.0 以降のみです)。テーブルを使用している場合にのみ適用されます。計算列の式を示しています。

照合

(SQL Server 2000 のみです。)テーブルを使用している場合にのみ適用されます。クエリ結果の行を並べ替えるには、列の値がされるたびに既定で SQL Server が列に適用される照合の順序を示します。使用するには、既定のデータベースの順序を照合するには、[ < データベースの既定値 >] を選びます。

書式

(SQL Server 2000 のみです。)列の表示形式を示しています。書式を変更するには、リストから、形式を選択します。

小数点以下表示桁数

この列の値を表示するために使用される小数点以下の桁数の数を示しています。自動を選んだ場合、形式で選択した値を小数点の桁数が決まります。

定型入力

(SQL Server 2000 のみです。)定型入力を変更するには、このテキスト ボックス内をクリックしと同時に表示されるボタンをクリックします。

標題

(SQL Server 2000 のみです。)既定でこの列を使用してフォームに表示されるテキスト ラベルが表示されます。

インデックス

(SQL Server 2000 のみです。)テーブルを使用している場合にのみ適用されます。列のインデックスが存在するかどうかを示しています。使用可能な値は次のとおりです。

  • なし    列のインデックスが存在しません。

  • はい (重複 OK)    列の一意でない単一列インデックスが存在します。

  • はい (重複なし)    列の一意の単一列インデックスが存在します。

ハイパーリンク

(SQL Server 2000 のみです。)この列の値をハイパーリンクとして解釈されるかどうかを示します。

IME 入力モード

(SQL Server 2000 のみです。)ユーザーは、その列に値を入力している場合は、列の状態の IME (入力方式エディター) を決定します。選択した内容は次のとおりです。

  • コントロールなし    コントロールに既定値はありません。

  • [    IME は、中国語、日本語、韓国語に固有の文字は、この列の値として入力することを示します。

  • オフを切り替えるオフが表示されます。ユーザーは、列に値を入力、英語入力モードと同じで、キーボード動作します。

  • 無効にします。    "Off"、「無効」できなく ime の種類を有効にすることと似ています。

  • ひらがな    日本語入力のみ有効です。

  • カタカナ    日本語入力のみ有効です。

  • カタカナ半分日本語入力のみ有効です。

  • Α 全    日本語、韓国語 IME のみ有効です。

  • Α日本語、韓国語 IME のみ有効です。

  • 全ハングル    韓国語 IME のみ有効です。

  • ハングル    韓国語 IME のみ有効です。

IME 変換モード

(SQL Server 2000 のみです。)決定ユーザーを列に値を入力するときに既定でどのような追加の IME の変換を適用します。選択した内容は次のとおりです。

  • フェーズを予測します。    変換の基本的なレベルを示します。これは、既定値です。

  • 複数の句    辞書を使用して、名前、地理的な郵便番号データ変換をサポートしています。

  • 会話    会話の言語を認識する変換をサポートしています。

  • [なし]    文字の変換を無効にします。

ふりがな

(SQL Server 2000 のみです。)ユーザーが入力されたテキストのふりがなが保存される列を示します。この列に値を入力するとその値が格納されている場合、このコントロールでという名前の列で、入力したテキストのふりがなをさらに、格納します。

郵送先住所

(SQL Server 2000 のみです。)コントロールや、入力した郵便番号コードや顧客バーコードに対応するデータを入力したアドレスに対応するか、アドレスを表示するフィールドを指定します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×