列のピボット

Power Query では、1 列内の固有値ごとに集計値を含んでいるテーブルを作成できます。 Power Query は各固有値をグループ化し、値ごとに集約計算を実行し、新しいテーブルに列をピボットします。 たとえば、各製品カテゴリで製品数をカウントできます。

[列のピボット] の結果

列をピボットするには

  1. [ クエリ エディター] リボンで [変換]、 [列のピボット] の順にクリックします。

    [列のピボット] ダイアログ
  2. [ 列のピボット] ダイアログ ボックスで、 [値列] から列を選びます。 たとえば、[製品番号] を選びます。

  3. [ 詳細オプションを表示しない] を展開して、 [集計値関数] を選びます。 たとえば、[カウント (全数)] を選びます。

  4. [OK] をクリックします。

使用例

[ProductCategory] と [ProductNumber] 列がある製品テーブルを顧慮して、各カテゴリ内の全製品のカウントを取得できます。

[列のピボット] の例
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×