列のピボット解除 (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供する情報は、この両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query では、選択した列を属性と値のペアに変換できます。この場合、列が行になります。列をピボット解除するには、Power Query のクエリ エディターを使用します。

注: クエリ エディターの表示方法に関するビデオについては、この記事の最後を参照してください。

Power Query のクエリ エディター

まず、クエリ エディターで 1 つまたは複数の列を選択します。列をピボット解除するには、クエリ エディターのリボン ボタンを使用するか、コンテキスト メニューを使用します。

[ピボット解除] を選ぶ

クエリ エディター リボンで列をピボット解除する:

  1. クエリ エディター リボンで、[ピボット解除] をクリックします。

クエリ エディター コンテキスト メニューを使用して列をピボット解除する:

  1. 選択した列を右クリックし、[列のピボット解除] を選択します。

[列のピボット解除] では、選択した列見出しごとに属性列を作成し、選択した列のセル値ごとに列を作成します。属性と値のペアの列は、最終列の後に挿入されます。上記の例では、各日付列は、属性列に日付値が含まれ、列に日付列の値が含まれた行になります。元のソース テーブルにさらに日付列を追加すると、Power Query によりピボット解除テーブルに行が追加されます。

列をピボット解除する例の結果

ページの先頭へ

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×