分類別フィルター アイテム

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

分類別にフィルター処理すると、選んだ分類のアイテムのみが表示されるため、集中力を保つことができます。 たとえば、旅行の準備をする際には、旅行の分類に割り当てられたタスクのみを表示するように選ぶことができます。

次の操作を行います。

メッセージを分類別にフィルター処理する

  1. ナビゲーション ウィンドウの下部にある、メール Outlook 2016 Mac の [メール] ボタン ] をクリックします。 

  2. フォルダー一覧で、フィルター処理するメッセージを含むフォルダーをクリックします。

  3. Outlook 2016 for Mac

    [ホーム] タブの [電子メールのフィルター処理] の横の矢印] をクリックします

    [メール] ボタンをフィルター処理します。

    フィルター] をクリックしてまたは、右矢印を含む選択肢をマウスでポイントし、サブ] メニューの [フィルターを選択します。

    フィルターのドロップダウン メニュー

    注: [ホーム] タブで、フィルターをオフにするには、電子メールのフィルター処理をクリックします。電子メールのフィルター処理のドロップダウン リストからすべてのフィルターのクリアをクリックすることもできます。

    Outlook 2011 for Mac

    [ホーム] タブの [フィルター] の横にある矢印をクリックし、[分類] をポイントして分類をクリックします。

    [ホーム] タブの [フィルター]

    注: フィルターを無効にするには、[ホーム] タブで [フィルター] をクリックします。 フォルダー リストの別のフォルダーをクリックするか、または別のビューに変更することでもフィルターを無効にすることができます。

イベント、連絡先、タスク、メモを分類別にフィルター処理する

ナビゲーション ウィンドウで、予定表のイベント、連絡先、タスク、メモを表示したときに分類別にアイテムをフィルター処理できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウの下部の [予定表]、[連絡先]、[タスク]、または [メモ] をクリックします。

  2. ナビゲーション ウィンドウで、カテゴリ リストが表示されていることを確認します。

    カテゴリ フィルター

  3. 項目の一覧または予定表で、アイテムを表示または非表示にするには、分類のチェック ボックスをオンまたはオフにします。

ナビゲーション ウィンドウでの分類の表示/非表示を切り替える

あまり使わない分類がいくつかある場合は、それらの分類をナビゲーション ウィンドウのリストで非表示にすることができます。 たとえば、完了したプロジェクトのカテゴリ リストを非表示にしたい場合があります。 ナビゲーション ウィンドウで分類を非表示にしても、その分類内のすべてのアイテムが非表示になるわけではありません。 短いカテゴリ リストが表示されるだけです。

  1. [Outlook] メニューで [ユーザー設定] をクリックします。

  2. [個人設定] で [分類] をクリックします。

  3. [ナビゲーション ウィンドウに表示] で、目的のチェック ボックスをオンまたはオフにします。

    注: 既定では、新しい分類を作成すると、その分類はナビゲーション ウィンドウに表示されます。 この環境設定を無効にするには、[Outlook] メニューで、[環境設定]、[分類] の順にクリックし、[新しい分類をナビゲーション ウィンドウに表示する] チェック ボックスをオフにします。

関連項目

分類を作成または編集する

アイテムを分類する

分類内のすべてのアイテムを表示する

メッセージまたはタスクをフィルター処理する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×