分割フォームを作成する

分割フォームは、フォーム ビューとデータシート ビューの 2 つのビューに同時にデータを表示する、Microsoft Office Access 2007 の新機能です。2 つのビューは同じデータ ソースに連結され、常に互いに同期されます。フォームの一方の部分でフィールドを選択すると、フォームのもう一方の部分で同じフィールドが選択されます。データの追加、編集、削除は、どちらの部分でも行うことができます (レコード ソースが更新可能であり、そのような動作を回避するようにフォームを設定していない場合)。

分割フォームでは、両方の種類のフォームの利点が単独のフォームで提供されます。たとえば、フォームのデータシート部を使ってレコードをすばやく検索し、フォーム部を使ってレコードを表示または編集できます。フォーム部は、データシート部のための魅力的かつ機能的なヘッダーとして使用できます。この方法は、Office Access 2007 で利用できる多くのテンプレート データベースで使用されています。

作業内容

分割フォーム ツールを使用して新しい分割フォームを作成する

既存のフォームを分割フォームにする

分割フォームを微調整する

分割フォーム ツールを使用して新しい分割フォームを作成する

この手順では、新しい分割フォームを最初から作成します。フォームは、ナビゲーション ウィンドウで選択したテーブルまたはクエリ、またはデータシート ビューに開かれているテーブルまたはクエリに基づきます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、フォームに表示するデータが含まれているテーブルまたはクエリをクリックします。または、テーブルまたはクエリをデータシート ビューで開きます。

  2. [作成] タブの [フォーム] で [分割フォーム] をクリックします。 ボタンの画像

フォームが作成されてレイアウト ビューで表示されます。レイアウト ビューでは、データが表示された状態でフォームのデザインを変更できます。たとえば、必要であればデータに合わせてテキスト ボックスのサイズを調整できます。

ページの先頭へ

既存のフォームを分割フォームにする

いくつかのフォーム プロパティを設定すると、既存のフォームを分割フォームにできます。

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックしてフォームをデザイン ビューで開きます。

  2. プロパティ シートが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  3. プロパティ シートの最上部にあるドロップダウン リストの [フォーム] をクリックします。

  4. プロパティ シートの [書式] タブの [既定のビュー] ボックスの一覧の [分割フォーム] をクリックします。

  5. フォーム ビューでフォームを確認します。フォーム ビューに切り替えるには、ナビゲーション ウィンドウでフォーム名をダブルクリックします。

ページの先頭へ

分割フォームを微調整する

分割フォームを作成した後は、デザイン ビューまたはレイアウト ビューで微調整を行って目的の結果を得ることができます。

分割フォームのプロパティを設定する

フォームを微調整するためにプロパティ シートで設定できる、分割フォームに関係するいくつかのプロパティを次の表に示します。プロパティ シートが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。また、プロパティ シート最上部にあるドロップダウン リストで [フォーム] が選択されていることを確認します。表内のすべてのプロパティが、プロパティ シートの [書式] タブにあります。

プロパティ

プロパティを設定できるビュー

説明

分割フォームの方向

デザイン ビューのみ

データシートの表示位置 (フォームの上、下、左、または右) を定義します。

分割フォーム データシート

デザイン ビューまたはレイアウト ビュー

[更新の許可] に設定した場合 (さらに、フォームのレコード ソースが更新可能な場合) は、データシートを編集できます。このプロパティを [読み取り専用] に設定した場合は、データシートを編集できません。

分割フォームの分割バー

デザイン ビューのみ

[はい] に設定した場合は、2 つの部分を分ける分割バーを移動してフォームおよびデータシートのサイズを変更できます。分割バーをドラッグして、データシートのサイズを拡大縮小できます。このプロパティを [いいえ] に設定した場合、分割バーは非表示になり、フォームおよびデータシートのサイズを変更できなくなります。

分割バーの位置の保存

デザイン ビューのみ

[はい] に設定した場合、フォームを開いたときに前回と同じ位置に分割バーが表示されます。このプロパティを [いいえ] に設定した場合、分割バーは非表示になり、フォームおよびデータシートのサイズを変更できなくなります。

分割フォームのサイズ

デザイン ビューまたはレイアウト ビュー

分割フォームのフォーム部分の高さまたは幅 (フォームが垂直方法に分割されているかまたは水平方向に分割されているかに応じて変わります) を指定できます。たとえば、フォームの高さまたは幅を 3 cm に設定する場合は、「3cm」と入力します。レイアウト ビューの分割バーをドラッグするなど、他の方法でサイズを設定する場合は、「自動」と入力します。

分割フォームの印刷

デザイン ビューまたはレイアウト ビュー

フォームを印刷するときにフォームのどの部分を印刷するかを定義できます。このプロパティを [フォームのみ] に設定した場合は、フォーム部だけが印刷されます。このプロパティを [データシートのみ] に設定した場合は、データシート部だけが印刷されます。

フォームの境界線を固定する

フォームの境界線をユーザーが移動できないように特定の位置に固定するには、次の操作を行います。

  1. ナビゲーション ウィンドウのフォームを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックしてデザイン ビューに切り替えます。

  2. プロパティ シートが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  3. プロパティ シートの最上部にあるドロップダウン リストの [フォーム] をクリックします。

  4. プロパティ シートの [書式] タブで、"Split Form Splitter Bar/分割フォームの分割バー" プロパティを "いいえ" に設定します。

  5. "Save Splitter Bar Position/分割バーの位置の保存" プロパティを "はい" に設定します。

  6. ナビゲーション ウィンドウのフォームを右クリックし、[レイアウト ビュー] をクリックしてレイアウト ビューに切り替えます。

  7. 目的の位置まで分割バーをドラッグします (または、[分割フォームのサイズ] ボックスに正確な高さを入力します)。

  8. フォーム ビューに切り替え、結果を表示します。

設定した位置に境界線が固定され、分割バーが非表示になります。

フィールドを追加または編集する

  1. [フィールド リスト] ウィンドウが表示されていない場合は、[書式設定] タブの [ツール] で [既存のフィールドの追加] をクリックします。

  2. 追加するフィールドをデータシートまたはフォームにドラッグします。

    フィールドをデータシートにドラッグすると、フォームにもそのフィールドが追加されます。同様に、フィールドをフォームにドラッグすると、データシートにもそのフィールドが追加されます。

  3. フィールドを削除するには、分割フォームのフォーム部を使用する必要があります。フィールドをクリックして選択し、Del キーを押します。

    フィールドがフォームとデータシートの両方から削除されます。

[フィールド リスト] ウィンドウを使用したフィールドの追加の詳細については、「フォームまたはレポートにフィールドを追加する」を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×