出力キャッシュを構成することによりページ レンダリングを改善する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

サイト訪問者の多くを受信する場合は、サイトのパフォーマンスを向上させるために頻繁にアクセス ページのページ出力キャッシュを構成できます。

注: ページ出力キャッシュを使用する場合は、サイトの発行機能を有効にする必要があります。

この記事の内容

ページ出力キャッシュについて

新しいキャッシュ プロファイルを作成します。

サイト コレクションに対してページ出力キャッシュを設定します。

ページ出力キャッシュの設定をサイト レベルで構成します。

ページ レイアウトのページ出力キャッシュを設定します。

ページ出力キャッシュについて

ページの特定のページ上のすべてのコントロールの出力をレンダリング ストア キャッシュされ、この描画前のページのいくつかの異なるバージョンも保存出力します。ページ出力キャッシュの設定は、個別のページ レイアウトとサイト コレクション レベルで、サイト レベルで構成できます。ページ出力キャッシュは既定でになっています。

ページが最初に表示される、特定のユーザー クラス内のユーザー後たびに、そのユーザーが同じクラスでそのページを表示、ページの読み込み .aspx ページ上のコントロールを再実行して HTML を生成する必要がないので高速化します。ページを表示するために必要な時間数が減少します。ページ出力キャッシュは、サーバー管理の操作とデータベースへの通話が減るために、サーバーのパフォーマンスを向上させることができます。

ページとページ項目のレンダリングのパフォーマンスを向上させるために、出力キャッシュを使用する前に、次の一覧の潜在的なの長所と短所の出力キャッシュを検討してくださいする可能性があります。次の一覧が完全ではありませんし、その他の考慮事項あります。

出力キャッシュの利点

出力キャッシュの短所

  • コンテンツ (ページまたはページ内のアイテム) などのと同じクラスでは、最初に表示される後迅速な応答と短いための待機時間を受け取ります。

  • 各サーバーでは、最初のレンダリングの後に、同じページを提供するのに小さいと、CPU 時間と労力を使用します。

  • 出力キャッシュを実現するが減ったりトラフィックの流れの理由により、その他の Web クライアントを提供する、表示されたページの場合は、各データ ソースを拡張できます。

  • 出力キャッシュされたバージョンのページを提供するための各ページ要求のサーバー必要はありません。

    • .Aspx ページとページ上の任意の .ascx コントロールのソース コードの取得のためのデータベースへのラウンド トリップを作成します。

    • もう一度読み込むし、コントロールを再表示します。

    • もう一度コントロールがデータに依存しているすべてのデータ ソースのクエリを実行します。

  • 出力キャッシュを消費メモリを追加します。ページの各バージョンでは、Web クライアントのメモリを使用します。

  • 使用すると、2 つ以上のフロント エンド Web サーバーと出力キャッシュに影響一貫性可能性があります。要求ごとに更新プログラムを確認し、たとえば、60 秒後、元のページが更新されるまで出力キャッシュ内の Web ページのバージョンへの変更を無視するように指示がキャッシュ プロファイルを構成することができます。場合、トポロジの 2 つのフロント エンド Web サーバーがある場合によっては、負荷分散装置をユーザーの要求をルーティングするために使用して、サイトのコンテンツのリーダーを可能性のある合っていない場合場合は、1 つのサーバーでページを表示し、2 番目のサーバー wit に後続の要求をルーティングする、hin 60 秒ウィンドウ。

ページの先頭へ

新しいキャッシュ プロファイルを作成します。

キャッシュ プロファイルでは、ページ出力キャッシュの種類ごとに、特定のキャッシュの設定について説明します。キャッシュ プロファイルは、次の種類のキャッシュの動作を定義します。

  • キャッシュ内のアイテムに保持する時間の長さ

  • セキュリティによるトリミング ポリシー

  • 期間の変更などの設定の有効期限

  • ユーザーのアクセス許可、ユーザーの権限、およびその他のユーザー設定の変数に基づいてキャッシュのパーティションをします。

キャッシュ プロファイルは、サイト コレクションの一元的に定義されていること、ため 1 か所でプロファイルを更新して、変更は、サイト コレクション全体では実装されてすぐにします。サイト コレクションの管理者を新しいキャッシュ プロファイルを定義する必要があります。

注: キャッシュ プロファイルは、サイト コレクション、個々 のサイト、またはキャッシュ プロファイルを適用するマスター ページのページ出力キャッシュの動作を決定します。

  1. サイト コレクションのトップレベル サイトのホーム ページに移動します。

  2. [サイトの操作] メニュー ボタンの画像 の [サイトの設定] をクリックします。

  3. サイト コレクションの管理] で [サイト コレクションのキャッシュ プロファイルをクリックします。

  4. キャッシュ プロファイル] ページで、[アイテムの [新規追加] をクリックします。

  5. [タイトル] セクションで、新しいキャッシュ プロファイルのタイトルを入力します。

  6. [表示名] セクションで、キャッシュ プロファイルの名前を入力します。

    サイトの所有者とページ レイアウトの所有者が使用可能なキャッシュ プロファイルの一覧で、表示名が表示されます。

  7. 表示の説明] セクションで、キャッシュ プロファイルの用途の説明を入力します。

  8. ACL チェックを実行する] セクションで、キャッシュ内のすべてのアイテムがセキュリティによるトリミングであることを確認する] チェック ボックスを選択します。

    が、その他の速度を提供する] チェック ボックスをオフにする必要がありますこれを行うサイトまたはセキュリティによるトリミングをする必要がある情報がないページ レイアウトでのみです。

  9. [有効] セクションで、キャッシュを有効にする] チェック ボックスを選択します。

  10. [期間] セクションでは、キャッシュされたバージョンを表示する秒数を入力します。

  11. [変更の確認] セクションでは、サイトが変更されていないと、サイトに変更をキャッシュをフラッシュは各ページの出席依頼に検証するためのチェック ボックスを選択します。

    、システムによって [期間] セクションで指定した秒数のサイトへの更新プログラムの確認されませんが、これを行うときにパフォーマンスを向上し、[チェック ボックスをオフにします。これは、結果、ユーザーは、最新の情報が表示されないことができます。

  12. カスタム パラメーターごと] セクションでは、ASP.NET 2.0 のHttpCachePolicy.SetVaryByCustomで指定されたカスタム パラメーターを入力します。

    注: パラメーターの詳細についてはここで、次の手順では、MSDN の .NET Framework クラス ライブラリを参照してください。

  13. HTTP ヘッダーごと] セクションでは、ASP .NET 2.0 のHttpCachePolicy.VaryByHeadersで指定されたユーザー設定のパラメーターを入力します。

  14. クエリ文字列パラメーターごと] セクションでは、ASP .NET 2.0 のHttpCachePolicy.VaryByParamsで指定されたクエリ パラメーターを入力します。

  15. [ユーザー権限によって異なります] セクションでは、ユーザーいる必要があります効果的な権限が同じで、他のユーザーと同じキャッシュされたページを表示するすべてのセキュリティ保護可能オブジェクトにチェック ボックスを選択します。

  16. [キャッシュの設定] セクションでは、[ASP .NET 2.0 のHttpCacheabilityで指定されたキャッシュの種類を選択します。

  17. 認証された使用の安全性] で、管理者とページの認証済みの状況に適用するレイアウトの編集者を許可するポリシーのチェック ボックスを選択します。

  18. キャッシュされたコンテンツを表示する] セクションで、編集のアクセス許可があるページをキャッシュ通常の動作をバイパスする] チェック ボックスを選択します。

    のシナリオがわかっているページを発行するコンテンツをチェック アウトすることがありますかコンテンツ クエリ Web パーツなどの下書きのフォームに存在する必要はありませんが、この動作を有効にします。

  19. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

サイト コレクションに対してページ出力キャッシュを設定します。

サイト コレクションに対してページ出力キャッシュの設定を構成するのには、サイト コレクションの管理者があります。

  1. [サイトの操作] メニュー ボタンの画像 の [サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイト コレクションの管理] セクションでは、サイト コレクションの出力キャッシュをクリックします。

  3. サイト コレクションの出力キャッシュを有効にするには、出力キャッシュを有効にする] チェック ボックスをクリックします。

    ページ上のキャッシュの設定] の一覧が表示されます。

  4. 既定のページ出力キャッシュ プロファイル] セクションの [匿名キャッシュ プロファイル名] ボックスの一覧で、プロファイルを選び、キャッシュの匿名ユーザーは、使用して、次に、認証キャッシュ プロファイルリストで、使用するキャッシュ プロファイルを選択ユーザーを認証します。

    このサイトで使用可能な認証メソッドに基づいて、キャッシュの使用を最適化します。ページ出力キャッシュ プロファイルは、発行ポータルのページに具体的には影響を与えます。

  5. ページ出力キャッシュ ポリシー ] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 発行サイト用に異なるキャッシュ プロファイルを設定するには、発行サイトで、別のページ出力キャッシュ プロファイルを使うことができます] チェック ボックスを選択します。

    • ページ レイアウト用の別のキャッシュ プロファイルを設定するには、[ページ レイアウトが、別のページ出力キャッシュ プロファイルを使う] チェック ボックスを選択します。

  6. 情報のキャッシュをデバッグ] セクションで、サイト コレクション内のページに追加のキャッシュの情報を表示するには、キャッシュのデバッグ情報ページ上のチェック ボックスを選択します。

    これには、最後のページにレンダリングされた日時が含まれます。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ページ出力キャッシュの設定をサイト レベルで構成します。

発行サイトのページ出力キャッシュの設定を構成するのには、次の手順を使用します。サイトのページ出力キャッシュの設定を構成するサイトのフル コントロールの権限が必要です。

  1. [サイトの操作] メニュー ボタンの画像 の [サイトの設定] をクリックします。

  2. サイトの管理] で [サイトの出力キャッシュをクリックします。

  3. 匿名キャッシュ プロファイル] の下には、次のいずれかの操作を行います。

  4. [サイト コレクションの出力キャッシュの設定] ページで構成したサイトの匿名プロファイルを継承するには、継承 < プロファイル名 > のプロファイルを選択します。

  5. ページの別の匿名キャッシュ プロファイルを選択するには、ページ出力キャッシュ プロファイルを選択] をクリックします。

  6. 認証キャッシュ プロファイル] の下には、次のいずれかの操作を行います。

  7. [サイト コレクションの出力キャッシュの設定] ページで構成されたサイトの認証済みのプロファイルを継承するには、次のように選択しますプロファイル < プロファイル名 >。

  8. 異なる選択認証 キャッシュ プロファイル ページ出力キャッシュ プロファイルを選択します。 .

  9. 設定を適用するには s サブサイト で、サイト コレクションを選び、 すべてのサブサイトにこれらの設定を適用します。 ] チェック ボックス

  10. をクリックして [Ok] .

ページの先頭へ

ページ レイアウトのページ出力キャッシュを設定します。

各ページ レイアウトで使用する認証と匿名キャッシュ プロファイルを構成するのには、次の手順を使用します。少なくともデザイナー サイトのページ レイアウトの出力キャッシュを構成する必要があります。

  1. [サイトの操作] メニュー ボタンの画像 の [サイトの設定] をクリックします。

  2. [ギャラリー] の [マスター ページとページ レイアウト] をクリックします。

  3. [マスター ページ ギャラリー] ページで、表示される矢印をクリックして、[チェック アウト] をクリックしてキャッシュ プロファイルを適用するページ レイアウトの名前をポイントします。

  4. ページ レイアウトをもう一度ポイントし、表示される矢印をクリックし、[プロパティの編集] をクリックします。

  5. 次のいずれか、または両方の操作を行います。

  6. 認証キャッシュ プロファイルボックスで、ページ レイアウトを適用する認証キャッシュ プロファイルを選択します。

  7. 匿名キャッシュ プロファイルボックスで、ページ レイアウトを適用する匿名キャッシュ プロファイルを選択します。

    注: 一部のサイトがある場合があります.キャッシュ プロファイル] オプションを表示する前に、[コンテンツ タイプ] セクションからページ レイアウトを選択する必要があります

  8. [保存] をクリックします。

  9. チェックインを表示される矢印をクリックして、[チェックイン] をクリックするページ レイアウトの名前をポイントします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×