出力キャッシュを構成することによりページ レンダリングを改善する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイトへのアクセス数が多い場合は、頻繁にアクセスされているページにページ出力キャッシュを設定して、サイト パフォーマンスを改善できます。

注: ページ出力キャッシュを使用する場合は、サイトの発行機能を有効にする必要があります。

この記事の内容

ページ出力キャッシュについて

新しいキャッシュ プロファイルを作成します。

サイト コレクションに対してページ出力キャッシュを設定します。

ページ出力キャッシュの設定をサイト レベルで構成します。

ページ レイアウトのページ出力キャッシュを設定します。

ページ出力キャッシュについて

ページ出力キャッシュでは、特定のページでレンダリングされたすべてのコントロールの出力を格納します。また、レンダリング前のページの異なるバージョンも複数格納します。ページ出力キャッシュ設定は、サイト コレクション レベル、サイト レベル、および個別のページ レイアウトに対して構成できます。既定では、ページ出力キャッシュはオフになっています。

特定のユーザー クラスに属するユーザーがページを初めて表示した後で、そのユーザーが同じユーザー クラスから同じページを表示する場合は、該当する .aspx ページ上のコントロールを再実行しなくても HTML を生成できるため、ページが初回よりも速く読み込まれます。つまり、ページのレンダリングに必要な時間が短くなります。ページ出力キャッシュを使用すると、サーバー コントロールの処理やデータベースの呼び出し回数が低減されるため、サーバーの処理能力が向上します。

ページおよびページ項目のレンダリング パフォーマンスを改善するために出力キャッシュの使用を検討する場合、次の一覧に示すような出力キャッシュの潜在的な利点と欠点について考慮する必要があります。ただし、ここに示した利点と欠点の他にも、考慮すべき事項がある可能性があります。

出力キャッシュの利点

出力キャッシュの欠点

  • コンテンツの対応する各クラス (ページやページ内の項目) で応答を受け取るまでの時間が短縮されるため、初回のレンダリング以降は待ち時間が短くなります。

  • 初回のレンダリング以降に同じページを配信するとき、各サーバーで使用する CPU 時間が短くなり、電力消費量が削減されます。

  • 出力キャッシュによってトラフィック フローが削減されるため、レンダリングされるページの各データ ソースがより多くの Web クライアントに対応できます。

  • ページ要求に対して出力キャッシュされたページを提供することで、次の処理が不要になります。

    • .aspx ページおよび .aspx ページ上の .ascx コントロールのソース コードをフェッチするためのデータベースへのラウンド トリップ。

    • コントロールの再読み込みと再レンダリング。

    • コントロールがデータを取得するデータ ソースの再クエリ。

  • 出力キャッシュを使用した場合、消費されるメモリ量が増加します。ページのバージョンが増えるたびに、Web クライアント上のメモリが消費されます。

  • 複数のフロントエンド Web サーバーが使用されている場合、出力キャッシュが整合性に影響を及ぼす可能性があります。要求のたびに更新チェックが行われないようにキャッシュ プロファイルを構成することができます。たとえば、元のページの更新から 60 秒間は出力キャッシュ内の Web ページのバージョンへの変更を無視するように指定できます。トポロジ内に 2 台のフロントエンド Web サーバーがある場合、ユーザーの要求をルーティングするロード バランサーの動作によっては、ページが 1 台目のサーバーでレンダリングされてから 60 秒以内に次の要求が 2 台目のサーバーにルーティングされると、サイト コンテンツのリーダーで不整合が検出される可能性があります。

ページの先頭へ

新しいキャッシュ プロファイルを作成する

キャッシュ プロファイルによって、ページ出力キャッシュの種類ごとに固有のキャッシュ設定を定義できます。各キャッシュ プロファイルは、キャッシュの動作に関して次のような情報を定義します。

  • アイテムをキャッシュに保持する期間

  • セキュリティ トリミング ポリシー

  • 設定の期限 (期間や変更など)

  • ユーザーのアクセス許可、権限、その他のカスタム変数に基づいたキャッシュのパーティション

サイト コレクション全体に対して 1 つのキャッシュ プロファイルを定義できるため、1 か所でプロファイルを更新するだけで、その変更内容をサイト コレクション全体に即座に適用できます。新しいキャッシュ プロファイルを定義するには、サイト コレクション管理者である必要があります。

注: キャッシュ プロファイルは、そのプロファイルが適用されるサイト コレクション、個々のサイト、またはマスタ ページに対するページ出力キャッシュの動作を定義します。

  1. サイト コレクションのトップ レベル サイトのホーム ページに移動します。

  2. サイトの操作] メニューの [ ボタンの画像 で、[サイトの設定] をクリックします。

  3. [サイト コレクションの管理] の [サイト コレクションのキャッシュ プロファイル] をクリックします。

  4. [キャッシュ プロファイル] ページの [新しいアイテムの追加>] をクリックします。

  5. [タイトル] セクションで、新しいキャッシュ プロファイルのタイトルを入力します。

  6. [表示名] セクションで、キャッシュ プロファイルの名前を入力します。

    この表示名は、サイト所有者およびページ レイアウト所有者に対して、利用可能なキャッシュ プロファイルの一覧に表示されます。

  7. [表示の説明] セクションで、キャッシュ プロファイルの用途の説明を入力します。

  8. [ACL チェックを実行する] セクションのチェック ボックスをオンにして、キャッシュ内のすべてのアイテムがセキュリティによってトリミングされるようにします。

    このチェック ボックスをオフにすると処理速度が速くなりますが、セキュリティによるトリミングが必要な情報を含んでいないサイトまたはページ レイアウトの場合のみオフにしてください。

  9. [有効] セクションのチェック ボックスをオンにして、キャッシュを有効にします。

  10. [期間] セクションで、キャッシュに格納したデータを使用する期間 (秒数) を入力します。

  11. [変更を確認する] セクションのチェック ボックスをオンにすると、ページが要求されるたびにサイトの更新の有無が検証され、サイトが更新されている場合はキャッシュがフラッシュされます。

    このチェック ボックスをオフにするとパフォーマンスが向上しますが、オフにした場合は、[期間] に指定された秒数の間はサイト更新の有無がチェックされないため、ユーザーに最新情報が提供されない可能性があります。

  12. カスタム パラメーターごと] セクションでは、ASP.NET 2.0 のHttpCachePolicy.SetVaryByCustomで指定されたカスタム パラメーターを入力します。

    注: パラメーターの詳細についてはここで、次の手順では、MSDN の .NET Framework クラス ライブラリを参照してください。

  13. HTTP ヘッダーごと] セクションでは、ASP .NET 2.0 のHttpCachePolicy.VaryByHeadersで指定されたユーザー設定のパラメーターを入力します。

  14. クエリ文字列パラメーターごと] セクションでは、 HttpCachePolicy.VaryByParams ASP .NET 2.0 内で指定されたクエリ パラメーターを入力します。

  15. [ユーザー権限ごとにキャッシュ] セクションのチェック ボックスをオンにします。これにより、ユーザーが他のユーザーと同じキャッシュ ページを表示するには、すべてのセキュリティ保護可能なオブジェクトに対して同一の有効な権限が必要となります。

  16. [キャッシュの設定] セクションでは、[ASP .NET 2.0 のHttpCacheabilityで指定されたキャッシュの種類を選択します。

  17. [認証された使用に対して安全を確保する] セクションで、認証済みの状況に対して管理者とページ レイアウト編集者に適用を許可するポリシーについて、チェック ボックスをオンにします。

  18. [キャッシュされたコンテンツを編集時に表示する] セクションのチェック ボックスをオンにし、標準の動作を解除します。つまり、編集権限を持つユーザーでもページをキャッシュに保存できるようになります。

    ページが公開されることがわかっていて、チェック アウトされる可能性のあるコンテンツや下書きフォームに存在するコンテンツがないという状況 (コンテンツ クエリ Web パーツの場合など) では、この動作を有効にします。

  19. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

サイト コレクションのページ出力キャッシュを設定する

サイト コレクションのページ出力キャッシュ設定を構成するには、サイト コレクション管理者である必要があります。

  1. サイトの操作] メニューの [ ボタンの画像 で、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイト コレクションの管理] の [サイト コレクション出力キャッシュ] をクリックします。

  3. サイト コレクションで出力キャッシュを有効にするには、[出力キャッシュを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

    キャッシュの設定の一覧がそのページに表示されます。

  4. [既定のページ出力キャッシュ プロファイル] の [匿名キャッシュ プロファイル] ボックスの一覧から、匿名ユーザーに適用するキャッシュ プロファイルを選択します。次に、[認証キャッシュ プロファイル] ボックスの一覧から、認証済みユーザーに適用するキャッシュ プロファイルを選択します。

    これにより、サイトで許可される認証方法に基づいてキャッシュの使用が最適化されます。ページ出力キャッシュ プロファイルは、特にポータル発行ページに影響を与えます。

  5. [ページ出力キャッシュ ポリシー] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 発行サイト用に異なるキャッシュ プロファイルを設定するには、[発行サイトで、別のページ出力キャッシュ プロファイルを使用できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

    • ページ レイアウト用に異なるキャッシュ プロファイルを設定するには、[ページ レイアウトで、別のページ出力キャッシュ プロファイルを使用できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

  6. サイト コレクション内のページに関する追加のキャッシュ情報を表示するには、[キャッシュのデバッグ情報] セクションで、[ページにキャッシュのデバッグ情報を表示する] チェック ボックスをオンにします。

    これには、ページが最後にレンダリングされた日付と時刻が含まれます。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ページ出力キャッシュをサイト レベルで設定する

発行サイト用のページ出力キャッシュを設定するには、次の操作を行います。サイトに対してページ出力キャッシュを構成できる、サイトのフル コントロールの権限を持っている必要があります。

  1. サイトの操作] メニューの [ ボタンの画像 で、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの管理] の [サイト出力キャッシュ] をクリックします。

  3. [匿名キャッシュ プロファイル] で、次のいずれかの操作を行います。

  4. [サイト コレクションの出力キャッシュの設定] ページで構成したサイトの匿名プロファイルを継承するには、継承 < プロファイル名 > のプロファイルを選択します。

  5. 匿名ユーザー用の別のページ出力キャッシュ プロファイルを選択するには、[ページ出力キャッシュ プロファイルを選択する] をクリックします。

  6. [認証キャッシュ プロファイル] で、次のいずれかの操作を行います。

  7. [サイト コレクションの出力キャッシュの設定] ページでサイト コレクションに対して設定した認証プロファイルを使用する場合は、[プロファイル <プロファイル名> を継承します。] を選択します。

  8. 異なる選択認証 キャッシュ プロファイル ページ出力キャッシュ プロファイルを選択します。 .

  9. 設定を適用するには s サブサイト で、サイト コレクションを選び、 すべてのサブサイトにこれらの設定を適用します。 ] チェック ボックス

  10. をクリックして OK .

ページの先頭へ

ページ レイアウトのページ出力キャッシュを設定する

各ページ レイアウトで使用する認証キャッシュ プロファイルと匿名キャッシュ プロファイルを設定するには、次の操作を行います。ページ レイアウトの出力キャッシュを構成するには、少なくともサイトのデザイナーである必要があります。

  1. サイトの操作] メニューの [ ボタンの画像 で、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [ギャラリー] の [マスタ ページとページ レイアウト] をクリックします。

  3. [マスタ ページ ギャラリー] ページで、キャッシュ プロファイルを適用するページ レイアウトの名前をポイントし、表示された矢印をクリックして [チェックアウト] をクリックします。

  4. 同じページ レイアウトを再びポイントし、表示された矢印をクリックして [プロパティの編集] をクリックします。

  5. 次のいずれか、または両方の操作を行います。

  6. 認証キャッシュ プロファイルボックスで、ページ レイアウトを適用する認証キャッシュ プロファイルを選択します。

  7. 匿名キャッシュ プロファイルボックスで、ページ レイアウトを適用する匿名キャッシュ プロファイルを選択します。

    注: 一部のサイトがある場合があります.キャッシュ プロファイル] オプションを表示する前に、[コンテンツ タイプ] セクションからページ レイアウトを選択する必要があります

  8. [保存] をクリックします。

  9. チェックインするページ レイアウトの名前をポイントし、表示された矢印をクリックして [チェックイン] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×