再生されていないときはビデオを非表示にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プレゼンテーションを行うときに、スライドのビデオを再生しようとしていることに気付かせたくない場合があります。たとえば、ビデオを前触れなく再生して視聴者をびっくりさせたり、ビデオを視るという期待感で気が散らないようさせたりする場合があります。理由を問わず、再生の準備ができるまで、ビデオを非表示にできます。

  1. 標準表示モードで、スライドのビデオ フレームをクリックします。

  2. [ビデオ ​​ツール] の [再生] タブの [ビデオ オプション] グループで、[再生中のみ​​表示] チェック ボックスをオンにします。

    重要: 

    • 再生されていないときはビデオを非表示にするようオプションを設定し、[全画面再生] チェック ボックスをオンにしている場合、ビデオはスライドにまったく表示されません (ただし、全画面で再生される直前にスライドに一瞬だけ表示されることがあります)。瞬間的に表示されないようにするには、ビデオ フレームをスライドの外にドラッグします。

    • ビデオ フレームをスライド外にドラッグしたり非表示にしたりする場合は、ビデオを自動的に再生するか、他の種類のコントロール (開始のタイミングなど) を使用して再生するように設定します。開始のタイミングを設定すると、スライドの画像、図形、ボタン、テキストの段落、テキスト ボックスなどのオブジェクトをクリックしたときに、再生が開始されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×