スキップしてメイン コンテンツへ

再利用可能なテキストスニペットを作成する

定型句とオートコレクトを使用すると、文書で頻繁に使用するテキストを再入力しなくても済むようになります。 定型句では、見出しや段落の書式設定など大量のテキストを処理することができ、Word テンプレートの一部として保存されます。 または、すべての Office アプリで使用される255文字の最大値については、オートコレクトを使用していくつかの文字を完全なテキストに置換します。

定型句を作成して使用する

  1. 文書内で、再利用可能なスニペットとして使用するテキストを選択します。

  2. Alt キーを押しながら F3 キーを押します。

  3. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスに次の情報を入力します。 既定値のほとんどは適切ですが、固有の名前と説明を含めると、定型句が簡単に見つけて使用できるようになります。

テキストを使用する準備ができたら、[>クイックパーツ挿入]、[定型句] の > に移動して、目的のエントリを選びます。

オートコレクトエントリを構成して使用する

  1. 文書内で、再利用可能なスニペットとして使用する最大255文字を選択します。

  2. [ファイル]>オプション> [文章校正] を選び、[オートコレクトのオプション] を選択します。

  3. [オートコレクト] タブで、[入力中に自動修正する] チェックボックスがオンになっていない場合はオンにします。

  4. [置換後の文字列] で、自動テキストを開始する文字を入力します。 文書内で選択したテキストが、[修正後の文字列] に表示されます。

  5. [追加]、[ ok]、[ ok ] の各チェックボックスをオンにします。

テキストを使用する場合は、[修正文字列] ボックスに入力した文字を入力します。 Space キーまたは Enter キーを押すと、入力した文字が再利用可能なスニペットに置き換えられます。 

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×