再利用可能なコンテンツを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

どのような発行環境でも、コンテンツを再利用できる機能は便利です。Microsoft Office SharePoint Server 2007 では、再利用可能なコンテンツのリストを使用して、発行機能が有効なサイト コレクションでコンテンツを再利用できる機能を提供しています。

再利用可能なコンテンツ リストにアイテムを追加したり、リスト内にカテゴリやフォルダを作成してこれらのアイテムを整理したりできます。再利用可能なコンテンツ リストにアイテムを追加するときは、再利用可能なコンテンツ ピッカーを使用して、ページ コンテンツにこれらのアイテムを追加できます。

この記事の内容

再利用可能なコンテンツ リストとは何ですか。

再利用できるコンテンツを使用する理由

再利用できるコンテンツを使用する場合はよいですか。

再利用可能なコンテンツの使用方法

再利用可能なコンテンツ リストとは

再利用可能なコンテンツ リストは、サイト コレクションに作成するコンテンツのコレクションで、リスト内にアイテムとして保存されます。再利用可能なコンテンツの各アイテムは、HTML またはプレーンテキストで構成することができ、自動的に更新されるかどうかを指定できます。

HTML で構成される再利用可能なコンテンツは、テキストおよび HTML 要素 (イメージ、テーブル、リストなど) を含みます。これらの HTML 要素は必要に応じてスタイルや書式を設定できます。

プレーンテキストで構成される再利用可能なコンテンツは、書式やスタイルが設定されていないテキストのみを含むことができます。

再利用可能なコンテンツ アイテムが自動的に更新されるように指定されている場合は、コンテンツは読み取り専用リファレンスとして Web ページに挿入され、アイテムが変更されるとページ コンテンツが更新されます。

再利用可能なコンテンツ アイテムが自動的に更新されるように指定されていない場合は、コンテンツはコピーとして Web ページに挿入され、アイテムが変更されてもコンテンツは更新されません。

ページの先頭へ

再利用可能なコンテンツを使用する理由

再利用可能なコンテンツが役立つ基本的なシナリオは次の 2 つです。

  • ブランドおよびポリシー     再利用可能なコンテンツを使用して、会社のロゴや製品名など、サイト コレクション内で完全に同一である必要がある HTML アイテムを作成することができます。同様に、再利用可能なコンテンツを使用して、プライバシー ポリシーや使用許諾契約書などのポリシー コンテンツを作成できます。これらの目的で再利用可能なコンテンツを使用するときは、サイト コレクションのどこで使用される場合でも同一の内容が表示されるように、これらのコンテンツが自動的に更新されるように指定する必要があります。

  • テンプレート     再利用可能なコンテンツを使用してページ作成者の起点を作成することができます。たとえば、サイト コレクションで発行されるすべてのオピニオン記事の冒頭に表示する、免責事項を含む標準的な導入部を作成できます。

ページの先頭へ

再利用可能なコンテンツを使用するタイミング

再利用可能なコンテンツは、HTML エディタを使用してページ コンテンツ フィールド コントロールに含まれるコンテンツを編集するときにいつでも使用できます。

注: HTML エディタを使用して、コンテンツ エディタ Web パーツに含まれるコンテンツを編集することもできますが、再利用可能なコンテンツは Web パーツで使用できません。

ページにページ コンテンツ フィールド コントロールが含まれるかどうかは、ページの作成に使用されるページ レイアウトによります。Office SharePoint Server 2007 には、ページ コンテンツ フィールド コントロールを持ついくつかのページ レイアウトがあり、Microsoft Office SharePoint Designer 2007 など、Office SharePoint Server 2007 と連携する Web オーサリング ツールを使用して、ページ コンテンツ フィールド コントロールを含むカスタム ページ レイアウトを作成できます。

Office SharePoint Server 2007 では、ページ コンテンツ フィールド コントロールを持つ次のページ レイアウトを提供しています。

  • [アーティクル ページ]     次の 4 つの [アーティクル ページ] ページ レイアウトがあり、いずれも 1 つのページ コンテンツ フィールド コントロールを持ちます。

    • 本文のみのアーティクル ページ

    • 左側にイメージがあるアーティクル ページ

    • 右側にイメージがあるアーティクル ページ

    • 概要リンクがあるアーティクル ページ

  • [ウェルカム ページ]     複数の [ウェルカム ページ] ページ レイアウトがあり、そのうち 3 つがページ コンテンツ フィールド コントロールを持ちます。

    • イントラネット ホーム

    • 概要リンクがあるウェルカム ページ

    • 目次があるウェルカム ページ

ページの先頭へ

再利用可能なコンテンツの使用方法

再利用可能なコンテンツを使用するには 2 つの局面があります。再利用可能なコンテンツ リスト アイテムの作成と、再利用可能なコンテンツ リスト アイテムのページへの追加です。

再利用可能なコンテンツ リストにアイテムを追加する

再利用可能なコンテンツ リストにアイテムを追加するには、リストを含むサイト コレクションに投稿する権限を持っている必要があります。再利用可能なコンテンツ リストにアイテムを追加するには、次の手順に従います。

  1. サイト コレクションのホーム ページで、[サイトの操作] メニューの [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックします。[すべてのサイト コンテンツ] ページが開きます。

  2. [すべてのサイト コンテンツ] ページの [リスト] で、[再利用可能なコンテンツ] をクリックします。再利用可能なコンテンツ リストが開きます。

  3. リスト ツールバーで [新規] の横の矢印をクリックし、次に [再利用可能な HTML] または [再利用可能なテキスト] をクリックします。[新しいアイテム] ページが開きます。

    注: [新規] メニューの [新しいフォルダ] をクリックして、再利用可能なコンテンツ リスト内にフォルダを作成することもできます。フォルダを使用してリスト アイテムを整理できます。これらのフォルダの 1 つで再利用可能なコンテンツを作成するには、フォルダをクリックし、この手順を最初から実行します。

  4. [新しいアイテム] ページで、次のアイテム プロパティを設定できます。

    • [タイトル]     アイテムのタイトルを入力する必要があります。タイトルは、再利用可能なコンテンツ リストでアイテム名として表示されます。

    • [コメント]     アイテムに関するコメントを入力できます。コメントは、[コメント] ボックスの上部にあるツールバーを使用して書式設定できます。再利用可能なコンテンツ リストの一部のビュー (既定のビューなど) では、これらのコメントは [コメント] 列に表示されます。

    • [コンテンツのカテゴリ]     定義されている場合は、リストからコンテンツのカテゴリを選択することができます。コンテンツのカテゴリは、サイト管理者または再利用可能なコンテンツ リストの所有者が、再利用可能なコンテンツ リストの [コンテンツのカテゴリ] 列を編集することで定義できます。

    • 自動更新    自動的に更新する項目を使用する場合は、自動更新を選択します。

    • [再利用可能な HTML] または [再利用可能なテキスト]     [再利用可能な HTML] の場合は、[コンテンツの編集] をクリックして HTML エディタを開きます。その後、HTML エディタを使用して再利用可能なコンテンツ アイテムを作成できます。[再利用可能なテキスト] の場合は、[再利用可能なテキスト] ボックスに入力して再利用可能なコンテンツ アイテムを作成します。

再利用可能なコンテンツをページに追加する

再利用可能なコンテンツ リストからアイテムをページに追加するには、HTML エディタを使用します。

  1. 再利用可能なコンテンツを追加するページで、[サイトの操作] メニューの [ページの編集] をクリックします。

  2. [ページ コンテンツ] フィールド コントロールで、[コンテンツの編集] をクリックします。HTML エディタが開き、ページ コンテンツが表示されます。

  3. HTML エディター] ウィンドウで、再利用可能なコンテンツの挿入 再利用可能なコンテンツを選ぶボタン ツール バー ボタンをクリックします。Web ページの再利用可能なコンテンツの選択] ダイアログ ボックスが開き、再利用可能なコンテンツ リストの内容を表示します。

  4. 再利用可能なコンテンツ リストで、ページに追加するアイテムを探し、そのアイテムをダブルクリックします。

  5. 項目を] 表示されない場合、可能性がありますが作成されていません。新しい再利用可能なコンテンツを追加するには、再利用可能なコンテンツの選択Web ページのダイアログ ボックスの一覧を開きます] をクリックし、手順 3 で、前のセクションの手順に従います。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×