円グラフをカスタマイズする

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

データが円グラフに追加されました。目的の詳細設定とスタイルがあるので、グラフをカスタマイズしてみましょう。

グラフの色を変更する

グラフを挿入すると、右上隅の横に小さなボタンが表示されます。[グラフのスタイル] ボタンを使用して、グラフの色やスタイルをすばやく変更します。

  1. 変更するグラフをクリックします。

  2. 右上隅のグラフの横にある [グラフのスタイル] をクリックします。

  3. [] をクリックして配色を選ぶか、[スタイル] をクリックして目的のオプションを選びます。

さらに詳しく

グラフのデータ ラベルの書式を変更する

Excel グラフを他の Office プログラムにコピーする

グラフにデータを追加したら、好みの設定やスタイルを追加してグラフをカスタマイズしましょう。

まず、データ ラベルを追加して各要素の値を表示しましょう。グラフをクリックして選択します。

このようなアイコンが表示されます。

一番上のグラフ要素アイコンをクリックして、[グラフ要素] の [データ ラベル] をポイントします。

グラフにデータ ラベルのプレビューが表示され、各セクションの受注額を確認できます。

[データ ラベル] チェック ボックスをオンにして、ラベルを表示します。

次に、[データ ラベル] の横の矢印をクリックして、ラベル位置のオプションをポイントします。

[中央揃え]、既定の表示の [内側]、[外側]、[自動調整]、

営業担当者の名前と受注額のパーセンテージが表示される [データの吹き出し] があります。

[その他のオプション] をクリックして、オプションを見てみましょう。

[ラベル オプション] の下で、ラベルに表示する項目を選びます。

ここでは、[値] が選択されているので、グラフ作成時に入力した通貨の値がラベルに表示されます。

通貨記号を表示するには、ウィンドウを下にスクロールして、[表示形式] をクリックします。

[カテゴリ] の下矢印をクリックして、[通貨] を選びます。

通貨記号と桁区切り記号がラベルに表示されます。

次に、パーセントを表示してみます。

[元に戻す] をクリックして [ラベル オプション] に戻り、[パーセンテージ] をオンにして、[値] をオフにします。

ラベルの表示が、金額からパーセンテージに変わります。

今度は、営業担当者の名前を表示してみましょう。[分類名] をオンにします。

これで、担当者の名前とパーセンテージがデータ ラベルに表示されました。

[X] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

ラベルは完成しましたが、タイトルのすぐ下にラベルが集まり、見にくくなっています。

円グラフを回転させて、見やすくしましょう。グラフを右クリックして、[データ系列の書式設定] をクリックします。

[グラフの基線位置] で上矢印をクリックして、角度を 0 °から 80 °に変更します。

グラフが右方向に回転して、ラベルがタイトルから離れました。ウィンドウを閉じます。

今度は、最も小さい要素を抜き出して、その詳細を表示してみましょう。

まず、グラフを右クリックして、[系列グラフの種類の変更] をクリックします。

オプションから、[補助円グラフ付き円グラフ] を選択して、[OK] をクリックします。

補助円グラフでは、最も小さい 3 つの要素が抜き出されて、拡大表示されます。

メインの円グラフでは、3 つの要素のパーセンテージの合計が表示されます。

ラベルをもっと見やすくしたいと思います。

別のスタイルを試してみましょう。グラフ スタイル アイコンをクリックして、

テキストが白いスタイルを探します。サムネイルをポイントすると、プレビューが表示されます。

このスタイルをクリックして適用します。

最後に、「その他」の要素にだけ、効果を追加します。

円グラフをクリックして、グラフ全体を選びます。

次に、「その他」の要素をダブルクリックして選び、[データ系列の書式設定] ウィンドウを開きます。

ウィンドウで、[効果] ボタン、[影]、[標準スタイル] の順にクリックして、[内側 (中央)] などの影付きスタイルを選びます。

これで、補助円グラフ付きの要素に特殊効果が追加されました。

ウィンドウを閉じて、[スライド ショー] をクリックして表示を確認します。

次は、リンクされた Excel の円グラフを挿入します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×