スキップしてメイン コンテンツへ

円またはその他の図形の周囲にある曲線のテキスト

ワードアートを文字の変形と共に使用して、図形の周囲にテキストを曲線またはアーチすることができます。 テキストで図形を円形に囲むことも可能ですが、少し作業が増えます。 また、ワードアートを複数回挿入して、テキストをストレート エッジの図形で囲むこともできます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. [>ワードアート挿入] に移動し、目的のワードアートスタイルを選びます。

    ワードアートスタイルギャラリー

    注: [ワードアート] アイコンは、[テキスト] グループにあり、使用しているバージョンと画面のサイズによって異なる表示になることがあります。 このアイコンは、次の 小型のワードアート アイコン または 中型のワードアート アイコン のように表示される場合もあります。

  2. ワードアートのプレースホルダーテキストを独自のテキストに置き換えます。

  3. ワードアート テキストを選択します。

    選択したワードアート

  4. [図形の書式] または [描画ツール] の書式に移動して、[文字の効果] >[変形] を選択し、目的の外観を選びます。

    テキスト効果の変換

注: 画面のサイズによっては、ワードアートのスタイルのアイコンだけが表示されます。

アイコンのみが表示されている [ワードアートのスタイル] グループ

高度な方法

円で囲む    図形を完全に囲むテキストを作成するには、[パスの追跡] で [] を選択し、ワードアートが目的のサイズと形状になるまでサイズ変更ハンドルをドラッグします。

Bended テキストの例

直線の端を囲む    四角形などの直線の端を持つ図形の周囲でテキストを折り返すには、各端のワードアートオブジェクトを挿入します。 この例では、ワードアートが図形の各辺に 1 回ずつ、4 回挿入されます。

ストレート エッジで図形の周囲にワードアートを追加する

グループの移動とコピー    複数のワードアートオブジェクトを1つの図形として移動またはコピーするには、「図形、図、その他のオブジェクトをグループ化またはグループ解除する」を参照してください。

正確な角度コントロール   回転ツールを使用して、図形に関連させてワードアートの角度を正確に制御できます。

非常に正確な制御が必要な場合や、図形とテキストの複雑な組み合わせを作成している場合は、サードパーティの描画またはグラフィックスプログラムを使って図形の周囲にテキストを作成し、それをコピーして Office ドキュメントに貼り付けることができます。

関連項目

図形を追加する

ワードアートを挿入する

曲線または円形のワードアートを作成する

  1. [ワードアート挿入> に移動します。

  2. 目的のワードアートスタイルを選びます。

    [ワードアート] オプションが強調表示された [挿入] タブです。

  3. テキストを入力します。

  4. ワードアートを選択します。

    ワードアートの例

  5. [図形の書式設定] に移動して >変形>、目的の効果を選びます。

    [文字の効果] オプションが強調表示された [図形の書式設定] タブです。

高度な方法

円で囲む    図形を完全に囲むテキストを作成するには、[パスの追跡] で [] を選択し、ワードアートが目的のサイズと形状になるまでサイズ変更ハンドルをドラッグします。

Bended テキストの例

直線の端を囲む    四角形などの直線の端を持つ図形の周囲でテキストを折り返すには、各端のワードアートオブジェクトを挿入します。 この例では、ワードアートが図形の各辺に 1 回ずつ、4 回挿入されます。

ストレート エッジで図形の周囲にワードアートを追加する

グループの移動とコピー    複数のワードアートオブジェクトを1つの図形として移動またはコピーするには、「図形、図、その他のオブジェクトをグループ化またはグループ解除する」を参照してください。

正確な角度コントロール   回転ツールを使用して、図形に関連させてワードアートの角度を正確に制御できます。

非常に正確な制御が必要な場合や、図形とテキストの複雑な組み合わせを作成している場合は、サードパーティの描画またはグラフィックスプログラムを使って図形の周囲にテキストを作成し、それをコピーして Office ドキュメントに貼り付けることができます。

Web 用 Word では、既に文書内にあるワードアートは表示できますが、ワードアートを追加するには、デスクトップ版の Wordでドキュメントを開くか編集する必要があります。

[ホーム] タブのフォント機能を使用して、フォントの色やサイズを変更したり、テキストに太字、斜体、または下線を適用したりすることができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×