内部ネットワークで Yammer ユーザーを管理する (Yammer 管理者ガイド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

管理者は、ユーザーの既定の設定を管理するユーザー、ネットワーク、プロビジョニングおよびプロビジョニング解除し、完了できるようにフィールドを指定できます。トップ ナビゲーション バーにある 3 点リーダーをクリックし、 [プロファイルの編集] をクリックして各ユーザーが個々 の電子メール通知の基本設定をさらにカスタマイズ >通知します。プロファイルの編集を選択することも > [環境設定メッセージとタイム ゾーンの設定を調整します。

ネットワーク管理者ユーザーは、[ユーザーの管理を支援するための設定にアクセスできます。

この記事は、『Yammer 管理者ガイド』の一部です。

Yammer ネットワークのセットアップ

Yammer ユーザーの管理    

Yammer データの監視

その他の Yammer 機能

Yammer のセキュリティに関する FAQ

Yammer の技術的前提条件チェックリスト

ユーザーを招待する

従業員Yammerネットワークにまだ参加していないユーザーを招待するのには、このセクションを使用します。この画面から企業のメール アドレスを持つ従業員だけを招待できます。認証管理者は、アドレス帳のインポート] をクリックして、ユーザーを一括で追加し、Outlook または Apple Mail などのファイルのメール アプリケーションに移動します。

メール アドレスに複数のインターネット ドメインを使っている組織で、アドレスをネットワークに追加する場合は、ネットワークの統合を検討してください。詳細については、Yammer 管理者ガイドの「内部ネットワークと外部ネットワーク」セクションを参照してください。

保留中のユーザー

[保留中のユーザー] は、yammer ネットワークに招待されていますが、せずにログインしているユーザー。保留中のユーザーに追加できるグループ、ネットワークに参加する前にします。

保留中のユーザーはお知らせ通知メール グループ管理者からが提供されます。ユーザーが特定のグループからお知らせを受信したくない場合、Yammer アカウントにログインし、グループから脱退したり購読取り消しを Yammer のすべてのメールから電子メールの [購読中止] リンクを追跡できます。

すべての Office のように保留中のユーザーの製品表示されます] グループのメンバーの一覧でログインことがない場合でも。

ネットワークを Yammer のライセンスを適用します。

Yammer を使用してライセンスを適用、Yammer ネットワークで使用するライセンスがユーザーのグループにユーザーを招待すると、そのユーザーが中断され、グループ メンバーの一覧から削除されます。お知らせの電子メールは届きません。

ゲストを招待する

ドメイン以外のメール アドレスを持つ外部の連絡先 (コンサルタント、請負業者、パートナーなど) を招待します。ゲスト メールのドメインは、ネットワークの承認済みドメインのリストには追加されません。アクティブなユーザーと保留中のユーザー (招待にまだ応じていないユーザー) を含むゲスト ユーザーは、このページに表示されます。他のユーザーと同様、ゲスト ユーザーの名前とプロファイルは、招待を承諾して、登録を完了するまで、空白のままになります。ゲスト ユーザーのアカウントは、いつでも削除できますが、ネットワークへの投稿内容は、そのまま残ります。

ユーザーの削除

ユーザーの無効化または完全な削除ができます。ユーザーの名前を入力していくと、Yammer のオートコンプリート機能によって、似たようなユーザー名がドロップダウン リストに表示されます。ユーザーを選ぶと、次の 3 つのオプションのいずれかを選ぶことができます。

  • このユーザーを無効にする:    ユーザーを無効にすると、ユーザーがもう一度メール アドレスを確認するまで、ログオンできなくなります。確認済みのメール アカウントにアクセスしないと、Yammer にもう一度ログオンすることはできません。ユーザー プロファイル情報、メッセージ、ファイルのアップロードなどは、そのまま残ります。これは、プロジェクトを完了した契約社員が、後日、再契約する場合などに、便利なオプションです。無効になったユーザーは、90 日以内にメール アカウントを有効にして、Yammer にログオンし、ここでもう一度有効にするためのリンクが含まれたメールを受信することにより、アカウントを再度有効にすることができます。90 日を過ぎると、アカウントは完全に削除されます。

  • このユーザーを完全に削除して、メッセージを保持する:    このオプションを選ぶと、ユーザーを削除して、投稿されたメッセージとコンテンツを保持できます。

  • このユーザーとメッセージを完全に削除する:    このオプションを選ぶと、ユーザーと投稿されたすべてのメッセージを削除できます。削除を元に戻すことはできません。

アカウント アクティビティ

Yammer では、ユーザーとデバイスのセッション管理を実施できます。ユーザーで検索すると、現在ログオンしているデバイス、各デバイスの最終ログオン日時、使用している IP アドレスが表示されます。管理者は、特定のユーザーを各デバイスからログオフすることもできます。

ユーザーをブロックする

必要に応じて、ユーザーのメール アドレスを入力して、そのユーザーをネットワークからブロックします。ブロックされたメール アドレスを持つユーザーは、管理者がそのメール アドレスのブロックを解除しない限り、Yammer ネットワークにアクセスできません。複数のメール アドレスを指定する場合は、アドレスをコンマで区切るか、改行して区切ります。

メモ: をブロックするユーザーが Yammer での一時停止状態である場合は、そのメール アドレスをブロックしてがユーザー削除された状態にします。

ヒント: Yammer は、すべての投稿が個々のユーザーから投稿されたものであると、最も効果的です。そのため、グループ メール アドレスをブロックすることがあります。

送り返されたメール

Yammer では、ユーザーに更新内容をメールで送信することがあります。従業員のメール アドレスが無効の場合、送信したメールは送り返されます。メールが送り返されたユーザーのリストを表示して、その従業員の雇用が終了している場合は、無効にすることができます。

ディレクトリの統合

Yammer と会社のディレクトリを同期することができます。詳細については、この管理者ガイドの「その他の機能」の「エンタープライズ統合」セクションを参照してください。

ユーザーをエクスポートする

必要に応じて、監視と更新を行うために、ユーザーのリストを .csv ファイルにエクスポートします。フィールドには、ユーザーの ID、メール アドレス、名前、役職、所在地、参加日時 (ネットワークに参加した日の日付) が含まれます。

プロファイル フィールド

オプションをオンまたはオフに設定して、ユーザーがプロファイルに表示できるフィールドをカスタマイズします。特定の情報、経歴、専門分野などを探すときに、ユーザー同士が互いに見つけられるように、プロファイル フィールドを検索できます。

ユーザーの一括更新

* 認証管理者のみ    .csv ファイルを使って、ネットワーク メンバーシップを管理します。[ユーザーの一括更新] ページに示されているように、ユーザーの追加、更新、一時停止、削除ができます。.csv ファイルをテーブル形式に設定して、テーブルには、フィールドを定義する見出しまたは最初の行を含める必要があります。見出し列の名前は、左から右の順に、それぞれアクション、メール アドレス、名前、役職、パスワード、新着メールにします。アクション列の値は、次に示す Yammer での処理を表します。

  • 新規:    アクションを “新規” として指定し、[パスワード] フィールドを空白のままにすると、ユーザーは “保留” として作成されます。アクションを “新規” として指定して、パスワードを指定すると、アクティブなユーザーとして作成され、ただちにメンバーのディレクトリに表示されます。

  • 更新:    アクションを "更新" として指定すると、既存の Yammer アカウントは変更されません。 ただし、その他のフィールド (名前、役職、パスワード、メール アドレス) は、.csv ファイルのフィールドに合わせて、変更されます。メール アドレスの更新は、Yammer ネットワークの一部であるドメインに対してのみ行われます。さらに、Yammer に既に登録されているメール アドレスを更新に含めると、そのメール アドレスに関連付けられたユーザーは一時停止されます。

  • 一時停止:    アクションを “一時停止” として指定すると、ユーザーがメール リクエストでステータスを確認するまで、ユーザー アカウントは一時停止されます。

  • 削除:    アクションを “削除” として指定すると、ユーザー アカウントは削除されますが、メッセージと添付ファイルは、ネットワーク内に残ります。

英語以外の文字を含むユーザーを一括更新する場合は、UTF-8 でエンコードされた CSV ファイルが必要です。

Excel では、CSV ファイルの英語以外の文字を正しくエンコードできません。ユーザー名に英語以外の文字が含まれる場合は、メモ帳で UTF-8 でエンコードされた CSV ファイルを作成し、一括更新に使用します。

メモ帳を使用して Excel スプレッドシートから utf-8 CSV ファイルを作成するには

  1. Excel では、ファイルを開き、[ファイル] を選びます >名前を付けて保存します。ファイルの種類] ボックスでUnicode テキスト (*.txt)を選択します。

  2. このファイルをメモ帳で開きます。

  3. ファイル内のフィールドが区切りのカンマ (,) を検索し、コンマですべてのタブを置換する必要があるかどうかを確認する必要がある「,」します。テキストからタブ文字をコピーし、[編集] を選びます >置換します。検索ボックス。タブ文字] と [置換対象] ボックスに貼り付けます。カンマを入力し、[すべて置換] を選びます。

  4. ファイルを選択して >名前を付けて保存エンコード] ボックスに、ファイル名] ボックスで、ファイル拡張子に変更 .txt ではなく .csv とutf-8を選択します。

次の記事: Yammer データの監視 (Yammer 管理者ガイド)

関連トピック

Yammer 管理者ガイド
Yammer 管理者センター

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×