内部のデータ ソースへのアクセスを要求する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

( Power Query バージョン 2.1 0 )

Power BI for Office 365 の共有クエリの基になるデータ ソースへのアクセス権がない場合は、データをインポートできません。 まず、データ ソースへのアクセス権を取得する必要があります。 データ ソースへのアクセス権を要求するために使用できるデータ ソースのメール アドレスまたは URL を指定すると、データ スチュワードは、ユーザーが Power BI のデータ ソースへのアクセス権を要求できる方法に関する情報を提供できます。 これにより、エンタープライズの既存の要求管理システムがメールまたは URL ベースであれば、そのシステムを利用できるようになります。 Power BI のデータ ソースに対するアクセス権の要求情報を指定する方法について詳しくは、「データの管理ポータルでデータ ソース情報を管理する (英語)」をご覧ください。

データ ソースに対して Power BI でアクセス権の要求情報が指定されている場合、データ ソースへのアクセス権がないユーザーがデータ ソースに接続しようとすると、その情報が提示されます。 Power BI のデータ ソースに対して指定されている情報を使うと、ユーザーは Power Query からデータ ソースへのアクセス権を直接要求することができます。

Power Query を使ってデータ ソースへのアクセス権を要求するには:

  1. Power Query の [オンライン検索] オプションを使って、共有クエリを検索して使います。 詳しくは、「共有クエリを検索して使う」をご覧ください。

  2. 基になるデータ ソースへのアクセス権がなく、データの管理ポータルでデータ ソースに対してデータ ソースの要求アクセス権のメール アドレスまたは URL が指定されている場合、共有クエリのデータ プレビューで [ワークシートに追加] または [フィルターと整形] をクリックすると、次の画面で [アクセス権の要求] リンクが表示されます。 [アクセス権の要求] をクリックします。

    データ ソースへのアクセス権を要求する

  3. データの管理ポータルでのデータ ソースに対するアクセス権の要求情報のセットアップ方法に応じて、メールを送信するか、URL を介してアクセス権を要求するように求められます。 メールの場合は、既定のメール クライアントが起動し、データの管理ポータルでアクセス権要求の権限に対して指定されているメール ID が宛先として事前に下書きされたメールが表示されます。 データ ソースに対するアクセス権の要求情報を指定する方法について詳しくは、「データの管理ポータルでデータ ソース情報を管理する (英語)」をご覧ください。

    ヒント: データ ソース名の横にある矢印をクリックし、[ポータルで表示] リンクをクリックすると、データ ソースの詳細を表示できます。 この操作を行うと、データの管理ポータルが表示され、選んだデータ ソースのみを表示するように表示がフィルター処理されます。 詳しくは、「データ管理ポータルでデータ ソースを表示する (英語)」をご覧ください。

    ポータルでデータ ソース情報を表示する

関連トピック

データ管理ポータルでデータ ソース情報を管理する

共有クエリを検索して使う

データ管理でのデータ管理者の役割を理解する

Power BI for Office 365 でのデータ管理の操作環境のヘルプ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×