内容に応じてデータを色分けする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

データグラフィック機能の [値によって色分け] オプションを使用すると、色を適用して、一意の値または値の範囲を示すことができます。データグラフィック機能の詳細については、「データグラフィックを使用してデータを拡張する」を参照してください。

  • 一意の値   同じ値を持つすべての図形に同じ色を適用することができます。たとえば、営業部の従業員のすべての図形を黄色で色付けし、経理部の従業員のすべての図形を赤色にすることができます。

    部門を示すように色付けされた社員の図形

  • 値の範囲    明るいからミュートまでのさまざまな色を使用して、値の範囲を指定することができます。たとえば、赤からピンクに薄い色の範囲を使用して、売上高、中、低の地域に対応することができます。

    相対的な収益を示すように色分けされた、売り上げを示す図形。

値によって図形を色分けする

  1. [データ] メニューで [図形にデータを表示] をクリックします。

  2. [データグラフィック] 作業ウィンドウで、コードの色分けを行うデータグラフィックを右クリックし、ショートカットメニューの [データグラフィックの編集] をクリックします。

  3. [データグラフィックの編集] ダイアログボックスで、[新しいアイテム] をクリックし、[値による色] をクリックします。

  4. [新しい色の値] ダイアログボックスの [表示] で、[データフィールド] リストからアイテムを選びます。

  5. [配色方法] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 各色を選択して、同じ値を持つすべての図形に同じ色を適用する一意の値を表します。

      [色の割り当て] リストには、使用可能なすべての値が表示され、各値に塗りつぶしの色とテキストの色が割り当てられます。別の塗りつぶしまたはテキストの色を選択するには、[塗りつぶしの色] または [テキストの色] 矢印をクリックします。

    • [各色] を選択して、値の範囲を表します。明るい色からミュートまでの範囲を使用して、値の範囲を指定します。

      [色の割り当て] の一覧には、使用可能な値の範囲の一覧が表示され、各範囲に塗りつぶしの色とテキストの色が割り当てられます。ユーザー設定の範囲を作成するには、[値1 ] と [値 2 ] ボックスに別の値を入力します。値ごとに異なる塗りつぶしとテキストの色を選択するには、[塗りつぶしの色] または [テキストの色] の矢印をクリックします。ただし、色セットの明るいからミュート効果を保持するには、[色の割り当て] リストの最初の項目に対してのみ別の色を選択することをお勧めします。

  6. 図面内の図形に設定を適用するには、[新しい色] ダイアログボックスの [ OK ] をクリックし、[データグラフィックの編集] ダイアログボックスで [最初に表示する] を選びます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×