内容に応じてデータを色分けする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ グラフィック機能の [値によって色分け] オプションでは、一意の値または値の範囲を示す色を適用できます。データ グラフィック機能の詳細については、視覚効果を高めるデータ グラフィックを使用してデータを参照してください。

  • 一意の値   すべての同じ値を持つ図形には、同じ色を適用できます。たとえば、色分け販売部門黄色の従業員のすべての図形と会計部門の従業員のすべての図形赤いします。

    部門を示すために色付けされた従業員図形

  • 値の範囲    色の範囲 (明るい色から抑えた色まで) を使用して、値の範囲を示すことができます。たとえば、赤からピンクの色の範囲を使用して、製品売上増加率の高、中、低に対応付けることができます。

    相対的な収益を示すように色分けされた、売り上げを示す図形。

値によって図形を色分けする

  1. [データ] メニューの [図形にデータを表示] をクリックします。

  2. [データ グラフィック] 作業ウィンドウで、色分けするデータ グラフィックを右クリックし、ショートカット メニューの [データ グラフィックの編集] をクリックします。

  3. [データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで [新しいアイテム] をクリックし、[値によって色分け] をクリックします。

  4. [値による色分けの新規設定] ダイアログ ボックスの [表示] で、[データ フィールド] 一覧からアイテムを選択します。

  5. [色分けの方法] で、次のいずれかの操作を実行します。

    • [それぞれの色が一意の値を表す] を選択して、同じ値を持つすべての図形に同じ色を適用します。

      [色の割り当て] 一覧に、利用可能なすべての値が表示され、各値に対して塗りつぶしの色とテキストの色が割り当てられます。塗りつぶしまたはテキストに別の色を選択するには、[塗りつぶしの色] または [テキストの色] 矢印をクリックします。

    • [それぞれの色が値の範囲を表す] を選択して、色の範囲 (明るい色から抑えた色まで) により値の範囲を示します。

      [色の割り当て] の一覧に、値に適用可能な範囲が一覧表示され、塗りつぶしの色またはテキストの色が各範囲に適用されます。[値 1] および [値 2] の各ボックスに別の値を入力して、カスタムの範囲を作成します。各値に別の塗りつぶしまたはテキストの色を選択するには、[塗りつぶしの色] または [テキストの色] の矢印をクリックします。ただし、明るい色から抑えた色までの色セットの効果を保つには、[色の割り当て] 一覧の最初のアイテムに対してのみ別の色を選択することをお勧めします。

  6. 図面の図形に設定を適用するには、まず [値による色分けの新規設定] ダイアログ ボックスで、次に [データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×