スキップしてメイン コンテンツへ

共通部分と動的配列

2018年9月には、動的配列と呼ばれる関数族にいくつかの新機能が導入されました。 これらの関数は、自動的に範囲または配列に設定され、従来の Ctrl + Shift + Enter (CSE) 配列数式の必要がなくなります。 動的な配列は、その共通部分をどのように管理するかに関して、パフォーマンスに影響を与えます。これは、財務概要で使用されることがよくあります。

内容

  • 動的に認識される Excel では、Excel は共通部分を処理しません。 代わりに、数式が配列数式として解釈されます。

  • 暗黙的な共通部分は、数式が配列を返すことを防ぐために、動的でない配列認識 Excel で使われていました。 ただし、grid では配列をネイティブに認識しているため、暗黙的な共通部分を自動的に実行する必要はありません。

  • 動的配列認識 Excel で式を使用して暗黙的な交差を行う場合は、暗黙的な共通部分演算子 (@)を使うことができます。

  • 動的ではない Excel で作成された数式が暗黙的な交点に依存している場合は、動的配列 Excel でその数式の先頭に @ が表示されます。 動的に認識されない Excel との互換性を確保するため、@ は保存時に削除されます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

FILTER 関数

RANDARRAY 関数

SEQUENCE 関数

SORT 関数

SORTBY 関数

UNIQUE 関数

Excel での #SPILL! エラー

こぼれた配列の動作

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×