共通コントロール図形

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

共通コントロールの多くの図形で使用するオプション

多くのコントロール図形では同じオプションを使用できます。

コントロール図形を右クリックすると、次のコマンドが表示されます。

  • [有効] は、そのコントロールが使用可能であることを示します。

  • [無効] は、通常は、別の UI 要素の状態により、そのコントロールが使用不可能であることを示します。

  • [選択済み] は、そのコントロールが現在プログラムに影響を及ぼしていることを示します。

  • [選択なし] は、そのコントロールが現在プログラムに影響していないことを示します。

  • [複合の値] は、選択されている項目がすべて同じ状態ではないことを示します。

特殊なオプションのある共通コントロール図形

共通のオプションの他に、一部の図形には特殊なオプションがあります。

  • スクロール バーが付いた図形には、[ボックスのサイズを設定] オプションがあります。

    ヒント: 文書の大部分が画面に表示されていることを示す場合は、スクロール バー内のボックスのサイズを大きくします。文書のごく一部だけが画面に表示されていることを示す場合は、スクロール バー内のボックスのサイズを小さくします。

  • [水平スクロール バーを表示する] または [垂直スクロール バーを表示する] を使用すると、必要なスクロール バーだけをコントロール ボックスに表示できます。

  • スライダ図形には、目盛りの数とそれらを表示する場所を指定するオプションがあります。

  • マウス ポインタ図形には、15 種類の状態から必要なポインタを選択できる [マウス ポインタの選択] オプションがあります。

共通コントロール図形のサイズ変更

一部の共通コントロール図形には、サイズ変更時の特性が他と異なるものがあります。

  • ツリー ノードなどの図形は、そのコントロールの標準サイズに設定され、サイズを変更できません。

  • コンボ ボックス図形は標準の高さに設定されますが、長くすることもできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×