共有

Microsoft Easy Assist クライアントでは、トラブルシューティングの内容に集中できる合理的なデザインが施されています。顧客のデスクトップの共有と、操作の要求を行うにはさまざまな方法があります。ここでは、要求、共有、セッションでの操作の要求、自分のデスクトップまたはプログラムの共有について説明します。

サポート担当者はセッション中にデスクトップの共有を要求し、参加者のデスクトップを操作したり、自らのデスクトップを共有することができます。

デスクトップの共有を要求して、操作するには

  1. [ツール] をクリックし、[共有を要求] をクリックします。

  2. ["ユーザー名" からの応答を待っています] ダイアログ ボックスが表示されます。 参加者が [デスクトップの共有] または [プログラムの共有] の [OK] をクリックすると、参加者のデスクトップまたはプログラムを表示できます。

  3. デスクトップ共有セッションで操作を行うには、[共有セッションの操作が許可されました] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

  4. [共有セッションの操作が許可されました] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックして、デスクトップ共有セッションで操作を行います。

    注: 顧客のデスクトップを操作するには、まず共有を要求してから、操作を要求する必要があります。

セッションの参加者とデスクトップを共有するには

  1. [ツール] をクリックし、[デスクトップの共有]、[開始] の順にクリックします。

  2. [共有] ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。

セッションの参加者とのデスクトップの共有を中止するには

  1. [ツール] をクリックし、[デスクトップの共有]、[中止] の順にクリックします。

セッションの参加者と、プログラムの表示画面を共有するには

  1. [ツール] をクリックし、[プログラムの共有]、[選択] の順にクリックします。

  2. [プログラムの共有] ダイアログ ボックスで、共有するプログラムを選択して [OK] をクリックします。

セッション参加者とのプログラムの表示画面の共有を中止するには

  1. [ツール] をクリックし、[プログラムの共有]、[中止] の順にクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×