スキップしてメイン コンテンツへ

共有リストにタスクを割り当てる

タスクを依頼する

自分を含め、共有リストの任意のメンバーにタスクを割り当てることができます。 

共有リスト内にタスクを割り当てるには、タスクの詳細ビューを開き、[割り当て] をクリックまたはタップします。 次に、タスクを割り当てる共有リストのメンバーを選択します。 

[割り当て先] メニューが開いていることを示すスクリーンショット、およびリストのメンバーに割り当てるオプション (Miriam Graham、Alex の場合)、およびリストのリンクをコピーして共有するオプションが表示されています。

自分に割り当てられたスマートリスト

すべてのタスクの割り当てを表示するには、[担当者] リストをクリックまたはタップします。 自分に割り当てられているすべてのタスクは、Planner などの他の有効な接続の割り当てと共に自動的に表示されます。

Planner の接続は、To Do 設定でオンにすることができます。 

Planner とフラグ付きメールをオンにした場合の設定の接続のスクリーンショット

[担当者] リストが自動的に表示されます。 この設定をオフにする場合は、To Do 設定を開いて、[担当者] のスマートリストを [オフ] に設定します。 

"重要"、"計画済み"、"自分に割り当て済み" の設定のスマートリストのスクリーンショット。オフにして、空のスマートリストを自動的に非表示に切り替えます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×