共有フォルダーでの編集の競合について

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

共有フォルダーのメンバーは同じファイルを同時に開くことができます。編集の権限に応じて、複数のメンバーが同じファイルを同時に編集し、変更を保存する場合もあります。このような場合、編集の競合が発生するため、SharePoint Workspace では全員の作業を保存して競合を解決できるように、次の手順が実行されます。

  • 最初に変更を保存したメンバーが元のファイルに変更を保存できます。

  • その後で他のメンバーが変更を保存すると、ファイルは新しい "競合" バージョンに保存されます。たとえば、下の図の "諸石 由美子のコピー" は競合ファイルです。

ファイル共有ワークスペースでのファイル バージョンの競合

このような編集の競合が発生した場合は、メンバー間で連絡を取り合い、解決やファイル結合の方法を決める必要があります。

特殊なケース

大半のソフトウェア アプリケーションでは、ファイルを開いて編集している間に、ファイルが "ロック" されます。SharePoint Workspace では、編集の競合に対処するために、このロックが利用されます。ただし、メモ帳などのアプリケーションでは、このロックの機構が使用されないため、複数のメンバーが同じファイルを同時に開いて編集すると、最後に保存された変更のみが残り、ファイルの競合バージョンは作成されません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×