共有フォルダのアクセス権を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

新しい共有ノートブックの設定手順

OneNote では、新しいノートブック ウィザードで指定した場所に、コンピューター上の共有ノートブックを作成しました。

この共有ノートブックの設定を完了して、他のユーザーへのアクセスを許可する、アクセス許可を指定する必要があります。Windows Vista または Windows XP の [アクセス許可を指定するのには、この記事の指示に従います。

続けるには、お使いのコンピューターで実行しているオペレーティング システムの見出しをクリックします。

Windows Vista の場合

Windows Vista で共有ノートブックの権限を設定します。

ノートブックを共有するのには、各ユーザーは、すると、同じネットワークにユーザー アカウントとパスワードが必要です。

  1. Windows vista の場合は、[スタート] ボタン ボタン イメージ をクリックし、[ドキュメント] をクリックします。

  2. "ドキュメント" フォルダ内の "OneNote ノートブック" フォルダを開きます。通常、OneNote のノートブック フォルダはすべてここに格納されます。共有する特定のノートブックのフォルダがコンピュータ上の別の場所にある場合は、その場所に移動します。

  3. 新しいノートブック ウィザードを使用して作成した共有ノートブックの名前をクリックし、[メニュー バーで [共有] をクリックします。ファイルの共有] ダイアログ ボックスが開きます。

    Windows Vista の [ファイルの共有] ダイアログ ボックス

  4. [ファイルの共有] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • ノートブックをネットワーク上のすべてのユーザーと共有するには、テキスト ボックスの右側の矢印をクリックし、[Everyone] をクリックします。

    • 特定のユーザーまたはグループのメンバーが、ノートブックを共有するには、ユーザーまたはグループの名前を入力し、[追加] をクリックします。すべての他のユーザーまたはグループ、アクセス許可のリストに追加するには、これを繰り返します。

    • 特定のユーザーを検索してから追加するには、テキスト ボックスの右側の矢印をクリックし、[検索] をクリックします。ファイルを共有するユーザーの名前を入力し、[名前の確認] をクリックして、[OK] をクリックします。

  5. 選択したユーザーまたはグループの名前がファイル共有の一覧に表示されたら、そのユーザーまたはグループのアクセス許可レベルの横にある矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • このユーザーまたはグループにノートブックの表示を許可する場合は、[閲覧者] をクリックします。このレベルのユーザーは、共有ノートブック内の情報を変更することも、削除することもできません。

    • このユーザーまたはグループに共有ノートブック内の情報の表示、追加、変更、および削除を許可する場合は、[投稿者] をクリックします。

    • このユーザーまたはグループに共有フォルダ内のファイルの表示、変更、追加、および削除を許可する場合は、[共同所有者] をクリックします。

      警告: ファイル共有のパスワード保護をオンにしていない場合に、ファイルを共有するユーザーの一覧で [Everyone] または [Guest] を選択すると、ネットワークにアクセスするすべてのユーザーが共有フォルダにアクセスできるようになります。このため、大規模な企業ネットワークまたは学校のネットワークでは、Everyone グループまたは Guest ユーザー アカウントに [共同所有者] または [投稿者] のアクセス許可レベルを割り当てることはお勧めしません。詳細については、Windows Vista の [ファイルの共有] ダイアログ ボックスの [Windows での共有の方法について表示します。] をクリックしてください。

  6. ファイルを共有するユーザーまたはグループを選択したら、[共有] をクリックします。管理者パスワードの入力またはユーザー アカウント制御の確認を求められた場合は、パスワードの入力または確認を行って続行します。

  7. [完了] をクリックして、[ファイルの共有] ダイアログ ボックスを終了します。

共有ノートブックについてユーザーに通知します。

他のユーザーに共有ノートブックを表示または編集する権限を割り当てた後に、それらのユーザーにノートブックへのリンクを送信して、共有ノートブックが使用可能になったことを通知できます。OneNote では、受信者に正しいリンク先を示す電子メール メッセージを自動的に作成できます。

  1. OneNote で、開くか、共有ノートブックに移動します。

  2. [共有] メニューの [共有ノートブックのリンクを他のユーザーに送信] をクリックします。

  3. OneNote によって電子メール メッセージが作成されるので、受信者を指定し、任意の情報を追加して、メッセージを送信します。

Windows XP の場合

Windows XP で共有ノートブックの権限を設定します。

Windows XP で OneNote を実行している場合は、共有ノートブック フォルダーのプロパティ] ダイアログ ボックスする必要があります自動的に画面に表示される、このヘルプ記事が表示されたとき。

[プロパティ] ダイアログ ボックスが自動的に表示されない場合は、ここをクリックします。

共有ノートブック フォルダーのプロパティ] ダイアログ ボックスが開いていない場合は、次の操作を行います。

  1. Windows XP で、[スタート] ボタンをクリックし、[マイ ドキュメント] をクリックします。

  2. [マイ ドキュメント] で、 OneNote ノートブックフォルダーを開きます。これは、通常の保存先すべてのノートブック フォルダーです。フォルダーを共有する特定のノートブックのある別の場所で、コンピューターに、正しい位置に移動します。

  3. を共有するノートブックのフォルダーを右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。

次の手順では、他のコンピュータまたは特定のユーザーをアクセス許可の一覧に追加します。この手順は、コンピュータが単純なホーム ネットワークまたはオフィス ネットワークに接続しているか、ドメイン コントローラのある複雑なビジネス ネットワークに接続しているかによって異なります。

続けるには、お使いのコンピューターに接続するネットワークの種類をクリックします。

単純な home または office ネットワーク

単純なホーム ネットワークまたはオフィス ネットワークでノートブックを共有する

Windows XP で OneNote を使用していて、単純なホーム ネットワークまたはオフィス ネットワークに接続している他のコンピュータとノートブックを共有する場合は、次の手順に従います。

注: このセクションの候補の設定手順を実行している場合、コンピューターで表示する一致しない場合、さまざまな種類のネットワーク上または制限付きアクセス許可を持つネットワーク上にあります。どちらの場合について、ネットワーク、またはシステム管理者に問い合わせてください。

  1. フォルダの [プロパティ] ダイアログ ボックスで、[ネットワーク上での共有とセキュリティ] の [ネットワーク上でこのフォルダを共有する] チェック ボックスをオンにします。

    Windows XP ホーム ネットワークの [フォルダーのプロパティ] ダイアログ ボックス

    注: これまでにない場合フォルダーを共有ネットワークにネットワーク上には、このフォルダーを共有する] チェック ボックスが表示されないセキュリティの警告を確認し、[ファイルの共有を有効にするオプションを選択するまでします。

  2. [共有名] ボックスで、ノートブックの名前を確認します。既定の名前を変更する必要はありません。

  3. 共有ノートブックでの情報の追加、編集、または削除を他のユーザーに許可する場合のみ、[ネットワーク ユーザーによるファイルの変更を許可する] チェック ボックスをオンにします。

  4. [適用] をクリックして、選択したノートブックに対する新しいセキュリティ設定を保存し、[OK] をクリックします。

ヒント: ノートブックが正常に共有されていることを確認するには、ネットワーク上の別のコンピューターからの接続を確認できます。

共有ノートブックについてユーザーに通知します。

他のユーザーに共有ノートブックを表示または編集する権限を割り当てた後に、それらのユーザーにノートブックへのリンクを送信して、共有ノートブックが使用可能になったことを通知できます。OneNote では、受信者に正しいリンク先を示す電子メール メッセージを自動的に作成できます。

  1. OneNote で共有ノートブックを開きます ([ファイル] メニューの [開く] をポイントし、[ノートブック] をクリックします)。

  2. [共有] メニューの [共有ノートブックのリンクを他のユーザーに送信] をクリックします。

  3. OneNote によって電子メール メッセージが作成されるので、受信者を指定し、任意の情報を追加して、メッセージを送信します。

ドメイン コント ローラーの大規模企業ネットワーク

ドメイン コントローラのあるネットワークでノートブックを共有する

Windows XP で OneNote を使用していて、ビジネス ネットワークや学校内のネットワークなど、ドメインで制御される大規模なネットワークに接続している特定のユーザーとノートブックを共有する場合は、次の手順に従います。

注: このセクションの候補の設定手順を実行している場合、コンピューターで表示する一致しない場合、さまざまな種類のネットワーク上または制限付きアクセス許可を持つネットワーク上にあります。どちらの場合について、ネットワーク、またはシステム管理者に問い合わせてください。

  1. フォルダの [プロパティ] ダイアログ ボックスで、[共有] タブの [このフォルダを共有する] をクリックします。

    Windows XP ビジネス ネットワークの [フォルダーのプロパティ] ダイアログ ボックス

  2. [アクセス権] をクリックします。

  3. [アクセス許可] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  4. [ユーザー、コンピュータ、またはグループの選択] ダイアログ ボックスで、共有ノートブックにアクセスできるユーザーを指定します。フル ネーム、ユーザー名、または電子メール アドレスを入力できます。アクセス許可の一覧に追加するユーザーは、使用中のコンピュータと同じネットワーク上に存在している必要があります。

  5. [名前の確認] をクリックしてネットワーク上のエントリを確認し、[OK] をクリックします。

  6. [アクセス許可] ダイアログ ボックスで、一覧のユーザー名をクリックして選択し、そのユーザーのアクセス許可を指定します。たとえば、[許可] 列の [フル コントロール] チェック ボックスをオンにすると、そのユーザーは共有ノートブックのページを開いて変更できるようになります。

  7. 一覧の次のユーザーに進む前に、[適用] をクリックして、選択したユーザーのアクセス許可を保存します。

  8. 一覧の各ユーザーについて、手順 6. ~ 7. を繰り返します。

  9. すべてのユーザーの権限の設定が完了したら、[ OKを] をクリックします。

  10. プロパティ] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ] タブを表示する場合は、コンピューターがドメイン コント ローラーのネットワークに接続します。このようなネットワーク上のノートブック フォルダーを共有するには、手順 3 ~ 8 し、[セキュリティ] タブの [共有] タブで以前に設定した同じアクセス許可を設定してする必要があります。]、[プロパティ] ダイアログ ボックスで [セキュリティ] タブが表示されない場合は、フォルダーのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じるには、 [ok]をクリックします。

ヒント: ノートブックが共有されていることを確認するには、アクセス許可のリスト内の他のユーザーのコンピューターからの接続を確認できます。

共有ノートブックについてユーザーに通知します。

他のユーザーに共有ノートブックを表示または編集する権限を割り当てた後に、それらのユーザーにノートブックへのリンクを送信して、共有ノートブックが使用可能になったことを通知できます。OneNote では、受信者に正しいリンク先を示す電子メール メッセージを自動的に作成できます。

  1. OneNote で共有ノートブックを開きます ([ファイル] メニューの [開く] をポイントし、[ノートブック] をクリックします)。

  2. [共有] メニューの [共有ノートブックのリンクを他のユーザーに送信] をクリックします。

  3. OneNote によって電子メール メッセージが作成されるので、受信者を指定し、任意の情報を追加して、メッセージを送信します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×