共同作成者の設定の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイト管理者や管理者は、Web サイトの異なる面で作業する Web デザイナやコンテンツ作成者などのさまざまなグループと共に作業をすることがあります。同時に作業するグループが多数になると、だれかがたとえばホーム ページのデザインを変更したり、スタイル シートを修正したり、間違った場所にファイルを保存したり、あるいはサイト ナビゲーションや検索機能を破損したりするなどして、サイトを誤って破損することが懸念されます。そのような懸念がある場合、Microsoft Office SharePoint Designer 2007 で共同作成者の設定をオンにし、共同作成者モードを構成することによって、これらの誤りを回避することができます。

共同作成者の設定は、複数のユーザー グループが関与する Web サイトの更新プロセスを用いる組織で広範囲に使用できます。たとえば、共同作成者の設定では、次のことができます。

  • サイト管理者および管理者が、サイトの修正に Office SharePoint Designer 2007 をどのように使用するかを制御できるようにします。

  • ユーザーが SharePoint サイト内でページを作成および更新するときの一貫性を確保します。

  • ユーザーが、不必要に変更を行うことによって誤ってページを破損することなく、円滑に作業することを可能にします。

  • ユーザーを自動的に正しい方針に案内することによって、ユーザーが組織の最善策およびサイトの更新プロセスに従うことを容易にします。

  • 円滑で合理化された Web サイト更新プロセスを保証します。

このトピックでは、共同作成者の設定について紹介し、その機能の効果的な利用に役立つ重要な概念について説明します。

重要: 共同作成者の設定を使用するには、Windows SharePoint Services 3.0 か Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行するサーバー上にサイトが配置されている必要があります。

この記事の内容

共同作成者の設定とは何ですか。

共同作成者の設定は、セキュリティ機能ではありません。

共同作成者グループとは

領域の種類とは

共同作成者モードでのように、ユーザー エクスペリエンスは何ですか。

次のステップ

共同作成者の設定とは

共同作成者の設定は、Office SharePoint Designer 2007 でのアクセスが制限されたモードである共同作成者モードを構成し、有効にするために使用します。Office SharePoint Designer 2007 で編集するためにサイトを開くユーザーは、どの共同作成者グループに属し、どの編集制限がその共同作成者グループに割り当てられているかによって、異なるコマンドや機能にアクセスします。

共同作成者モードは既定で有効化されており、サイト管理者や管理者が設定する必要はありません。管理者のみが共同作成者モードをオンまたはオフにできます。

共同作成者の設定はサイト レベルで機能し、親サイトの設定はサブサイトによって継承されません。

共同作成者の設定では、サイト管理者は組織内のユーザー グループ (共同作成者グループ) を定義し、それらのグループが Office SharePoint Designer 2007 で実行できる、または実行できないタスクを厳密に定義できます。つまり、共同作成者の設定を使用すると、異なるグループに対して異なる編集制限を設定できます。たとえば、Web デザイナは新しいスタイルを作成できるようにし、コンテンツ作成者は新しいスタイルを作成できないように制限できます。または、コンテンツ作成者はマスタ ページから新しいページを作成できる一方で、異なるグループに対して新しいページを作成できないように制限できます。サイト マネージャは、ユーザーが、Office SharePoint Designer 2007 のコマンドおよび機能のうち、自身の作業を実行するのに必要なものにのみアクセスするように、共同作成者グループを構成できます。

Office SharePoint Designer 2007 でアクセスできる機能は、組織内でのユーザーのロールによって決まります。詳細については、次の表を参照してください。

ユーザーの区分

可能な内容

サイト管理者

SharePoint アクセス許可レベルでフル コントロールが付与されている場合、次のことが可能です。

  • 共同作成者グループを作成し、それらに編集制限を割り当てる。

  • マスタ ページでコンテンツ領域を挿入し、その領域で許可されるコンテンツの種類を指定する。

  • マスタ ページ上のコンテンツ領域外のエリアを編集されないように制限する。

  • どの種類のページがどのようにして作成され、どこにコンテンツが保存されるかを制御する。

  • ユーザーが既定のホーム ページ、マスタ ページ、またはサイト定義に含まれるその他のページを修正するのを防止する。

  • 選択したグループにのみ、Office SharePoint Designer 2007 の完全な利用または制限付きの利用を許可する。

Web デザイナまたはコンテンツ作成者などのユーザー (または制限されたユーザー)

共同作成者グループの編集制限に応じて、次のことが実行できます。

  • 新しいページを作成する。

  • スタイルおよび書式設定を既存のページに適用する。

  • イメージおよびメディア ファイルを挿入する。

  • Web パーツやデータ ビューなどの SharePoint コンテンツを使用する。

共同作成者の設定を行うことにより、サイト管理者は、ユーザーが Office SharePoint Designer 2007 の機能に適切なレベルでアクセスできるように共同作成者モードを構成できます。共同作成者モードによって、ユーザーは容易に作業を完成させ、組織が用意した Web サイト更新プロセスを実施できます。

ページの先頭へ

共同作成者の設定はセキュリティ機能とは異なる

重要: 共同作成者の設定は、セキュリティ機能ではありません。共同作成者モードとは、Office SharePoint Designer 2007 で SharePoint サイトを開いたり編集したりするユーザーに対するアクセス制限モードです。共同作成者モードは、サイト管理者がユーザーの意図を把握できる環境において使用されます。共同作成者モードでは、ユーザーが作業を実行するためにそのユーザーを特定の方向に案内するのに役立ち、このように案内すると Web サイトが誤って変更されることが防止されます。

ページの先頭へ

共同作成者グループとは

共同作成者グループとは、組織の Web サイト更新プロセスにおいて特定のロールを行うよう指定されたユーザー グループです。サイト管理者または管理者は、各共同作成者グループが Office SharePoint Designer 2007 を使用してどのように SharePoint サイトを修正できるかを制御する編集制限を作成します。

共同作成者グループは SharePoint アクセス許可レベルにリンクされることに注意が必要です。たとえば、Office SharePoint Designer 2007 には、サイト管理者、Web デザイナ、およびコンテンツ作成者の 3 つの既定の共同作成者グループがあります。これらの 3 つの共同作成者グループは、それらの既定の SharePoint アクセス許可レベルであるフル コントロール、デザイン、および共同作成にリンクされています。次の表に、既定のセットアップを示します。

SharePoint アクセス許可レベル

リンク先の共同作成者グループ

フル コントロール

サイト管理者

デザイン

Web デザイナ

投稿

コンテンツ作成者

共同作成者グループおよびアクセス許可レベルは、グループ アクセスを定義する上で最大限の柔軟性を実現するために、異なる範囲で機能します。アクセス許可レベルでは、サイト、ライブラリ、リスト、フォルダ、アイテム、または文書などのエンティティでユーザーまたは SharePoint グループに一連のアクセス許可を付与できます。アクセス許可レベルを共同作成者グループにリンクすることによって、これらのユーザーが Office SharePoint Designer 2007 でどの機能およびコマンドにアクセスできるかに関して、編集制限を設定できます。

アクセス許可レベルは常に、共同作成者グループよりも優先されます。Office SharePoint Designer 2007 で共同作成者グループを構成するとき、そのグループがそのグループのアクセス許可レベルで許可されていない作業を実行することを許可することはできません。

たとえば、Office SharePoint Designer 2007 では、共同作成者グループが新しいページを作成することを許可するためのオプションがあります。ただし、これを許可した場合でも、ユーザーは自身の SharePoint アクセス許可レベルにページの追加とカスタマイズのアクセス許可が含まれていない限り、新しいページを作成することはできません。実際に、既定では、共同作成アクセス許可レベルにはページの追加とカスタマイズのアクセス許可は含まれていません。その代わりに、共同作成アクセス許可レベルには、項目の追加、項目の編集、および項目の削除のアクセス許可が含まれています。共同作成アクセス許可レベルは、コンテンツ作成者共同作成者グループにリンクされています。つまり、既定では、コンテンツ作成者グループのユーザーはドキュメント ライブラリ内のページのみを編集および保存できます。これらの共同作成者グループが新しいページを作成できるようにする場合、次の図に示すように、それらの共同作成者グループに対してこの作業を許可するのに加えて、必要なアクセス許可をそのアクセス許可レベルに追加する必要があります。

アクセス許可レベル設定にリンクされる共同作成者グループの設定

どのようにして共同作成者グループにユーザーを追加しますか。簡潔に言えば追加できません。少なくとも直接追加することはできません。その代わりに、SharePoint サイト内のユーザーおよびグループをアクセス許可レベルに割り当てると、そのアクセス許可レベルが共同作成者グループにリンクされます。共同作成者グループのメンバは、その共同作成者グループにリンクされるアクセス許可レベルに割り当てられたすべてのユーザーとグループで構成されます。したがって、共同作成者グループを構成するときには、プロセスの重要な部分は Windows SharePoint Services 3.0 のブラウザ内で最初に実行する必要があります。たとえば、ブラウザ内で次のことを実行します。

  • サイトにユーザーおよびグループを追加します。

  • ユーザーおよびグループをアクセス許可レベルに割り当てます。

  • 必要に応じて新しいアクセス許可レベルを作成します。

  • 必要に応じてアクセス許可を追加または削除してアクセス許可レベルを構成します。

次に Office SharePoint Designer 2007 で、アクセス許可レベルが共同作成者レベルにリンクされます。次の図に、サイト管理者がブラウザで実行しなければならない作業および Office SharePoint Designer 2007 で実行しなければならないその他の作業を示します。

アクセス許可レベルと共同作成者の設定の関係を示す図

Office SharePoint Designer 2007 で、既定の共同作成者グループを使用するか、または新しいグループを作成して SharePoint のアクセス許可レベルにリンクすることができます。1 つの共同作成者グループを複数の SharePoint アクセス許可レベルにリンクできますが、各アクセス許可レベルは 1 つの共同作成者グループにしかリンクできません。たとえば、共同作成アクセス許可レベルをコンテンツ作成者共同作成者グループにリンクすると、その共同作成アクセス許可レベルを Web デザイナ共同作成者グループにリンクすることはできません。次の図に、共同作成者グループとアクセス許可レベルとの間のこの一対多のリレーションシップを示します。

共同作成者グループとアクセス許可レベルの間の 1 対多のリレーションシップを示している図

複数の新しい共同作成者グループを作成する場合、さらにそれらのグループにリンクするための新しいアクセス許可レベルを作成し、ユーザーおよびグループをその新しいアクセス許可レベルに割り当てることが必要になることがあります。

ページの先頭へ

領域の種類とは

既定の共同作成者グループを使用することにより、サイト管理者や管理者は、サイトを変更できるユーザーおよび許可する変更の種類を、設定不要ですばやく制御できます。さらに、領域の種類をマスタ ページのコンテンツ領域と組み合わせて使用することにより、サイト管理者は「だれ」が「何」を変更できるかだけでなく「どこ」で変更できるかも制御できます。

Office SharePoint Designer 2007 で、コンテンツ プレースホルダをマスタ ページに追加し、目的に応じて配置できます。各コンテンツ プレースホルダによってコンテンツ領域が決まります。マスタ ページ上のコンテンツ領域によって、そのマスタ ページに適用されるコンテンツ ページにユーザーがコンテンツを追加できる場所が決まります。コンテンツ領域に領域の種類を割り当てることにより、ユーザーがコンテンツ領域に追加できるコンテンツの種類 (テキストやイメージなど) を制御できます。

領域の種類によって、ユーザーがページ上のコンテンツ領域に追加できるコンテンツの種類が決まります。Office SharePoint Designer 2007 には、テキストとイメージ、テキストのみ、およびテキスト、レイアウト、イメージの 3 つの領域の種類があります。サイト管理者として、新しいコンテンツ プレースホルダをマスタ ページに追加し、領域の種類を作成し、領域の種類をコンテンツ領域に割り当てることができます。共同作成者グループのユーザーはマスタ ページに基づいてコンテンツ ページを作成または編集するとき、その他のデザイン要素やページ レイアウトに影響を与えることなく、コンテンツの特定の種類のみをそれらの領域のみに容易に追加できます。

領域の種類を示すコンテンツのプレースホルダ

次の表に、既定の領域の種類とその説明を示します。

領域の種類

許可されるコンテンツの種類

テキストとイメージ

テキストとイメージの両方がこの領域内で許可されます。ユーザーはここでテキストを入力したり貼り付けたり、サイト上のイメージ フォルダからイメージを挿入したりできます。すべてのイメージの種類がサポートされていますが、ビデオ、オーディオ、およびその他の種類のファイルは許可されません。

テキストのみ

テキストのみがこの領域で許可されます。ユーザーは書式設定を適用したり、イメージ、ファイル、またはハイパーリンクを挿入したりすることはできません。

テキスト、レイアウト、イメージ

ユーザーはこの領域でテキストを入力したり貼り付けたりでき、そのテキストに書式設定を適用できます。イメージも許可され、すべてのイメージの種類がサポートされます。

既定の領域の種類に加えて、新しい領域の種類を必要なだけ作成できます。領域の種類を使用して、サイト管理者は詳細な編集制限をページ上の領域に対して設定できます。領域の種類を作成するとき、ユーザーの共同作成者グループから設定を継承するか、または共同作成者グループの設定を無効にするかを選択できます。

たとえば、既定ではコンテンツ作成者共同作成者グループは、テキストだけでなく表やハイパーリンクなどのページ要素の編集も許可されています。しかし、共同作成者グループの設定を無効にし、コンテンツ作成者がページ上のコンテンツ領域内のテキストのみを編集できるようにする領域の種類を作成することができます。サイト管理者はマスタ ページを使用して、サイトに対してユーザーが行うことができる変更を制限する場合、領域の種類を利用することによって、コンテンツ ページ上のどこでどの種類の変更を可能とするかをきわめて柔軟にかつ詳細に制御できます。

ページの先頭へ

共同作成者モードでの操作性

仮に、共同作成者モードをオンにしたサイトで Office SharePoint Designer 2007 で作業しており、制限されたユーザーとして共同作成者グループに属しているとします。どうなるでしょうか?

共同作成者モードで Office SharePoint Designer 2007 を起動すると、何かが異なることをすぐに知らせるインジケータがいくつか表示されます。たとえば、ユーザーがどの共同作成者グループのメンバであるかを知らせる共同作成者作業ウィンドウが表示され、さらにはユーザーの共同作成者の設定へのリンクがその他の便利なリンクと共に表示されます。

注: ユーザーが共同作成者グループ ユーザーである場合、共同作成者モードで作業を開始する前に、共同作成者の設定を表示させると便利です。このようにすると、どの機能にアクセスできるのかまたはできないのかを確認できます。共同作成者の設定を表示する方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

次の図に、コンテンツ作成者共同作成者グループのメンバに対して共同作成者作業ウィンドウがどのように表示されるかを示します。共同作成者作業ウィンドウが表示されない場合、[作業ウィンドウ] メニューの [共同作成者] をクリックします。

[コンテンツ作成者共同作成者] グループの [共同作成者] 作業ウィンドウ

1. このセクションには、所属している共同作成者グループの名前が表示されます。

2. このリンクをクリックすると、ユーザーが所属している共同作成者グループの設定が表示されます。

3. このリンクをクリックすると、サイト管理者宛ての電子メール メッセージが開きます。

4. Office SharePoint Designer 2007 の前のセッションで開いたファイルの一覧が表示されます。

5. このリンクをクリックすると、[新規作成] ダイアログ ボックスが開き、新規ファイルを作成できます。

6. このリンクをクリックすると、[開く] ダイアログ ボックスが開き、ファイルを参照して開くことができます。

Office SharePoint Designer 2007 を起動すると、ウィンドウの右下隅のステータス バーに共同作成者モードの通知も表示されます。この通知には、ユーザーの共同作成者グループの名前が表示されます。ステータス バーのこの領域をダブルクリックすると、共同作成者作業ウィンドウが表示されます (まだ開いていない場合)。

ステータス バー上の共同作成者モード通知

もう 1 つのインジケータがタイトル バーです。このタイトル バーはユーザーが共同作成者モードにあることを知らせます。

タイトル バー上の共同作成者モード通知

共同作成者モードでは、[書式] メニューの [書式の削除] など、一部の機能は常にオフになります。共同作成者モードでは、[ヘルプ] メニューおよび [ウィンドウ] メニューの [保存] コマンドなど、いくつかの機能は常にオンになります。ただし、大部分の機能は共同作成者モードで有効または無効にできます。

重要: 使用できない機能に関連付けられたキーボード ショートカットは押しても応答しません。

機能が使用できるかどうかは、ページ上のカーソルの位置によって変化するため、文書内で移動すると機能が使用可能にまたは使用不可になります。一般的な規則として、機能が許可されていない場合、その項目は使用できません。たとえば、Web パーツおよび Web パーツ領域の挿入が許可されていない場合、[Web パーツ] 作業ウィンドウは使用できません。

ページが変更されて機能が許可されるようになると、機能は再びオンになります。たとえば、コンテンツ領域で 1 つの画像が許可されていると、[挿入] メニューの [画像] コマンドが使用できます。ただし、画像を挿入すると、[挿入] メニューの [画像] コマンドは使用できなくなります。画像を削除すると、コマンドは再び利用可能になります。

ほか、使用できない機能もありますを利用できない場合がありますページの部分にはユーザーします。コンテンツ領域が指定した場所のマスター ページを使っている場合は、使い慣れているこれらはなります。カーソルを 編集不可の領域でカーソルが表示される様子 、変化することができないようにするために変更します。編集不可の領域にコンテンツをドラッグしようとした場合は、同じカーソルを表示します。コンテンツ領域にコンテンツをドラッグすると、コピーと貼り付けのルールが適用されます。コンテンツを編集不可の領域に貼り付けることはできません。コンテンツ領域に貼り付けると、その領域で許可されている属性だけが貼り付けられます。たとえば、テキストのみとして定義されているコンテンツ領域にテキストを貼り付けるときに破棄して、貼り付けられたテキストから書式設定されます。

ページの先頭へ

次に参照するトピック

共同作成者の設定は、SharePoint サイトのユーザーを管理するための非常に便利な方法となります。共同作成者の設定の基本について説明しましたので、ユーザーのロールに応じてさらに詳細に説明します。

サイト管理者の場合

サイト管理者の場合、次の作業を実行できます。

  • サイト管理者として共同作成者の設定を使用します。   サイト管理者が正確に適切なユーザー エクスペリエンスを作成するのには、共同作成者の設定を変更する方法について説明します。詳細については、サイト管理者として共同作成者の設定を使用するを参照してください。

  • 共同作成者グループを作成します。   サイト管理者が新しい共同作成者グループを作成し、SharePoint アクセス許可レベルにリンクする方法について説明します。詳細については、共同作成者グループを作成するを参照してください。

  • 領域の種類を作成します。   サイト管理者が新しい領域の種類を作成し、マスター ページのコンテンツ領域に割り当てる方法について説明します。

共同作成者グループのユーザーの場合

コンテンツ作成者や Web デザイナなど、共同作成者グループのユーザーである場合、割り当てられたグループ制限でどのように Office SharePoint Designer 2007 で作業するかについて把握する必要があります。次の作業を実行できます。

  • 共同作成者の設定を表示します。   詳細については、 Office SharePoint Designer 2007で実行できない共同作成者モードでグループの設定を確認します。「参照」セクションで、共同作成者の設定を表示する方法に関する詳細情報へのリンクを見つけることができます。

  • 共同作成者モードでページを作成します。   共同作成者モードで新しいページを作成する方法を学習します。詳細については、共同作成者モードでページを作成するを参照してください。

  • コンテンツ作成者として共同作成者モードで作業する    共同作成者モードでのコンテンツ作成者の操作性について説明します。共同作成者モードでの作業の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×