全画面表示と標準表示を切り替える

より多くのデータが画面に表示されるようにするには、一時的に全画面表示に切り替えます。全画面表示では、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのリボン、数式バー、およびステータス バーが非表示になります。非表示の要素に再びアクセスするには、標準表示に戻す必要があります。

  • 全画面表示に切り替えるには、[表示] タブの [ブックの表示] で [全画面表示] をクリックします。

  • 標準表示に戻すには、ワークシート内の任意の場所を右クリックし、[全画面表示を閉じる] をクリックします。

    キーボード ショートカット Esc キーを押して実行することもできます。

注: 全画面表示オプションは、Excel 2013 以降のバージョンでは使用できません。ただし、Excel で画面領域を最大化するためには、常にリボン、タブ、またはコマンドを非表示にすることができます。詳細については、「Office のリボンの表示/非表示の切り替え」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×