全員に返信を阻止する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook でメールを送信すると、受信者はそのメッセージについて返信、全員に返信、転送、印刷、別のメッセージへの添付を行うことができます。また、受信者は自分の好みの方法で、添付されているファイルのダウンロード、編集、送信を行うこともできます。こうした操作のいずれかまたは複数を防ぐには、Information Rights Management (IRM) を使用してメッセージをセキュリティで保護します。IRM は、Exchange アカウントで Outlook を使用する場合、または Office 365 Business プランの場合に含まれています。

IRM でできること

Exchange または Office 365 管理者が、使用できるアクセス許可を管理します。通常、次のようなアクセス許可があります。

  • すべての権限

  • コピーと印刷を除くすべての権限

  • 転送不可

  • 全員に返信不可

  • 読み取り専用

  • 表示と印刷のみ

IRM は、組織内の別のユーザーに送信したメッセージにのみ機能します。外部のメール アドレスに送信したメッセージは、IRM のセキュリティ保護の対象になりません。

IRM によるメッセージのセキュリティ保護

  1. 新しいメッセージ ウィンドウで、[オプション] タブの [アクセス許可] を選びます。

    [アクセス許可] ボタンをクリックして、メッセージに権限を割り当てる

    注: [アクセス許可] が表示されない場合、管理者が組織の IRM を有効にしていません。

  2. メール メッセージに関連付けるアクセス許可の種類を選び、通常どおりにメッセージを送信します。

注記: 

  • メール メッセージに適用したアクセス許可は、メール メッセージに添付した Microsoft Office ファイルにも適用されます。たとえば、Word 文書を添付したメッセージに [読み取り専用] を選ぶと、受信者はその文書を編集できなくなります。

  • IRM で保護したメッセージには投票ボタンを使用できません。Outlook で投票ボタンを設定できますが、受信者には表示されません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×