入力規則を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォーム テンプレートのコントロールに入力規則を追加すると、収集されるデータの正確性と一貫性が保証されます。テキスト コントロールを追加すると、ユーザーはその中にどんな内容でも入力できます。しかし、ユーザーが電子メール アドレスのみ入力できるようにする場合は、ユーザーがフィールドに入力する内容が電子メールのパターンに一致することを保証する入力規則を使用し、一致しない場合は修正を求めるダイアログを表示します。

この記事の内容

入力規則の例

入力規則のエラーについてユーザーに通知する方法

入力規則を追加する

[ルールの追加] ボタンを使用する

[ルール] 作業ウィンドウを使用する

高度な条件シナリオ

入力規則の例

以下に、フォーム テンプレートにおける入力規則の使用例をいくつか示します。

  • 経費項目として入力した金額が承認される金額を超えている場合にユーザーに知らせる。

  • ユーザーが電話番号ボックスに正しい形式の電話番号を入力するようにする。

  • 請求先住所が配送先住所と同じであることを示すチェック ボックスをユーザーがオンにしなかった場合に、請求先住所が入力されたことを確認する。

注: データ入力規則を使用すると、エラーが存在する場合はユーザーがフォームを送信できなくなります。

入力規則のエラーについてユーザーに通知する方法

入力規則は、特定のフォーム内の条件を確認して、これらの条件を満たしている場合に通知するユーザー是正措置を行うことができるように設計されています。入力規則が検証エラーについてユーザーに通知する 2 つの方法があります: ポップ ヒントとダイアログ ボックス。ポップ ヒントでは、常には、入力規則のエラーし、ユーザーは、関連付けられている検証ルールを使用コントロールを上にマウス カーソルを移動したときに表示されます。ユーザーが無効なデータを入力したときに表示される [追加] ダイアログ ボックスのメッセージを指定することもできます。

既定では、ダイアログ ボックスは、入力規則が設定されているコントロールをユーザーが右クリックし、InfoPath Filler で [エラーの詳細情報] をクリックするか、Web ブラウザーで入力規則のヒント内のリンクをクリックしたときにのみ表示されます。ダイアログ ボックスが自動的に表示されるように規則を構成することもできます。このオプションは、InfoPath Filler でフォームに入力しているときに、ユーザーが無効な内容を入力して、コントロールを終了しようとした場合にのみ適用されます。このオプションが選択されていても、Web ブラウザーでフォームに入力しているときはダイアログ ボックス メッセージが自動的に表示されません。

入力規則を追加する

[ルールの追加] ボタンを使用する

[ルールの追加] ボタンを使用することで、あらかじめ用意された定義済み入力規則を追加できます。入力規則をすばやく追加するには、次の手順に従います。

  1. コントロールを選択します。

  2. [ホーム] タブの [ルール] で [ルールの追加] をクリックします。

入力規則を追加する

  1. ルールが満たす必要がある条件の種類を、適用する順番にクリックします (たとえば、フィールドの内容が電子メール アドレスの形式になっていることを確認するルールが必要な場合は、[電子メール アドレスでない] をクリックします)。

  2. [入力規則のエラーを表示] をクリックします。

注: 選択した条件の種類によっては、追加の情報を入力するように求められます。

  1. 終了すると、[ルール] 作業ウィンドウが表示され、ルールに必要な変更を加えることができます。

[ルール] 作業ウィンドウを使用する

[ルール] 作業ウィンドウから入力規則を追加するには、次の手順に従います。

  1. 入力規則を作成します。

    1. コントロールをクリックします。

    2. [ルール] 作業ウィンドウが表示されない場合は、[ホーム] タブの [ルール] で [ルールの管理] をクリックします。

    3. [新規作成] をクリックします。

    4. [入力規則] をクリックします。

    5. [詳細] ボックスに、ルールの名前を入力します。

  2. 条件を指定します。

    1. 条件セクションで [なし] をクリックします。

    2. ルールの条件がフィールドに基づく場合は、次の手順を実行します。

      1. ルールのベースとなるフィールドをクリックします。

      2. 演算子 ([が次の値に等しい] など) をクリックします。

      3. 値を入力します。

        入力規則を追加する

        注: 式や署名データ ブロックに基づいたルールを作成することもできます。これらの高度なシナリオの詳細については、「高度な条件シナリオ」の該当するセクションを参照してください。

    3. [AND] をクリックして別の条件を追加し、手順 2. を繰り返すか、[OK] をクリックします。

      注: 別の条件を追加すると、[AND] ボタンがボックスで置き換えられます。最初の条件と、その後の各条件の両方に当てはまる場合にデータ入力規則を適用するには、[AND] を選択したままにします。または、いずれかの条件にのみ当てはまる場合にデータ入力規則を適用するには、[OR] を選択します。

  3. メッセージを指定します。

    1. [ヒント] ボックスにテキストを入力します。

    2. 詳細なメッセージを追加する場合や、自動ダイアログ ボックス メッセージを有効にする場合は、次の手順に従います。

      1. [その他のオプションを表示] をクリックします。

      2. [ヒントとダイアログ ボックス メッセージを表示する] をクリックして、自動ダイアログ ボックス メッセージを有効にします。

        注: Web ブラウザーでフォームに入力しているときは、ヒントのみが表示されます。

      3. [ダイアログ ボックス メッセージ] ボックスに、テキストを入力します。

この結果、[データ入力のパターン] ダイアログ ボックスが表示され、複数の定義済み標準パターンを選択できます。これらのどのパターンも必要を満たさない場合、カスタム パターンを指定できます。カスタム パターンでは、特殊文字の使用を要求することができます。これは、[特殊文字の挿入] ボックスから選択することで簡単に挿入できます。

高度な条件シナリオ

次の高度なシナリオは、データ入力規則の条件を設定するときに使用できます。

  • 式に基づいたルールを作成する

式は、値、フィールドまたはグループ、関数、および演算子のセットです。ユーザーが入力した日付や、経費報告書に入力された品目のコストを確認するなど、フィールドの値を確認するには、式を使用します。

  1. [] をクリックします。

  2. 式を入力します。

注: 詳細については、追加の関数や数式を参照してください。

  • 署名データ ブロックに基づいたルールを作成する

ルールのベースを署名データ ブロックにすることで、ユーザーがフォームを署名していない場合に送信ボタンにエラー メッセージを追加できるため、送信前にフォームが署名されることを保証するのに役立ちます。この条件は、InfoPath Filler フォームでのみサポートされます。

  1. [署名データ ブロックの選択] をクリックします。

  2. [署名データ ブロックの選択] ダイアログ ボックスで、署名データ ブロックを選択し、[OK] をクリックします。

  3. 必要な条件をクリックし、基準をクリックします。

注: 詳細については、 InfoPath 2010 のデジタル署名を参照してください。

  • ユーザーのロールに基づいたルールを作成する

すべてのユーザーを対象とした 1 つのフォームであっても、ユーザーのロールによっては、ユーザーの各グループとは異なる情報を要求する場合があります。このため、データ入力規則エラーを使用して、特定のロールに割り当てられているユーザーが必須フィールドに入力し忘れた場合に入力規則エラーを表示することができます。ユーザーのロールは、InfoPath Filler のフォームでのみサポートされます。

  1. 1 つ目のボックスから [ユーザーの現在のロール] をクリックします。

  2. 演算子 ([が次の値に等しい] など) をクリックします。

  3. ロールをクリックするか、[ユーザー ロールの管理] をクリックしてユーザー ロールを管理します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×