入力可能なフォームを作成する

他のユーザーが入力できるフォームを Word で作成するには、テンプレートで作業を開始し、コンテンツ コントロールを追加します。コンテンツ コントロールには、チェック ボックス、テキスト ボックス、日付の選択、ドロップダウン リストなどがあります。データベースに精通していれば、これらのコントロールをデータにリンクすることもできます。

入力可能なフォームの作成は、6 つの基本的な手順で開始します。それでは、この詳細を見ていきましょう。

手順 1: [開発] タブを表示する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [リボンのユーザー設定] をクリックします。

  4. [リボンのユーザー設定] の [メイン タブ]の下の一覧で [開発] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    [リボンのユーザー設定] ダイアログ

手順 2: フォームの基になるテンプレートまたは文書を開く

時間を短縮するには、フォーム テンプレートを使用します。一から始める場合は、空のテンプレートから始めます。

フォーム テンプレートを使用する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [新規作成] をクリックします。

  3. [オンライン テンプレートを検索する] ボックスで、作成するテンプレートの種類を入力し、Enter キーを押します。

  4. 使用するフォーム テンプレートをクリックし、[作成] をクリックします。

空のテンプレートを使用する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [新規作成] をクリックします。

  3. [白紙の文書] をクリックします。

手順 3: フォームにコンテンツを追加する

[開発] タブの [デザイン モード] をクリックし、目的のコントロールを挿入します。

[デザイン モード]

注: コンテンツ コントロールを使用して作成したフォームは印刷できますが、コンテンツ コントロールの周囲のボックスは印刷されません。

ユーザーがテキストを入力できるテキスト コントロールを挿入する

リッチ テキスト コンテンツ コントロールでは、文字列に太字や斜体などの書式を設定したり、複数の段落を入力したりすることができます。ユーザーが追加する内容を制限するには、テキスト コンテンツ コントロールを挿入します。

  1. コントロールを挿入する位置をクリックします。

  2. [開発] タブで、[リッチ テキスト コンテンツ コントロール] リボンの画像 または [テキスト コンテンツ コントロール] リボンの画像 をクリックします。

コントロールに特定のプロパティを設定するには、「手順 4: コンテンツ コントロールのプロパティを設定または変更する」を参照してください。

画像コンテンツ コントロールを挿入する

画像コンテンツ コントロールは、通常、テンプレートで使用されますが、フォームに追加することもできます。

  1. コントロールを挿入する位置をクリックします。

  2. [開発] タブの [画像コンテンツ コントロール] をクリックします。

コントロールに特定のプロパティを設定するには、「手順 4: コンテンツ コントロールのプロパティを設定または変更する」を参照してください。

文書パーツ コントロールを挿入する

ユーザーが特定のまとまったテキストを選択できるようにするには、文書パーツ コントロールを使用します。たとえば、契約書のテンプレートを設定しており、契約書の特定の要件に応じてさまざまな定型文を追加する必要がある場合、文書パーツ コントロールが有用です。定型文のバージョンごとにリッチ テキスト コントロールを作成し、文書パーツ コントロールをリッチ テキスト コンテンツ コントロールのコンテナーとして使用できます。

また、フォームで文書パーツ コントロールを使用することもできます。

  1. コントロールを挿入する位置をクリックします。

  2. [開発] タブの [コントロール] グループで [コンテンツ コントロール] をクリックします。

    文書パーツ コントロール

コントロールに特定のプロパティを設定するには、「手順 4: コンテンツ コントロールのプロパティを設定または変更する」を参照してください。

コンボ ボックスまたはドロップダウン リストを挿入する

コンボ ボックスでは、ユーザーは、指定されている選択肢の一覧から項目を選べます。また、自分で情報を入力することもできます。ドロップダウン リストでは、ユーザーは選択肢の一覧から選んだ操作のみを行うことができます。

  1. [開発] タブの [コンボ ボックス コンテンツ コントロール] ボタンの画像 または [ドロップダウン リスト コンテンツ コントロール] リボンの画像 をクリックします。

  2. コンテンツ コントロールを選択し、[開発] タブの [プロパティ] をクリックします。

  3. 選択肢の一覧を作成するため、[ドロップダウン リストのプロパティ] の [追加] をクリックします。

  4. [表示名] ボックスに、[同意する]、[同意しない]、[ある程度同意する] などの選択肢を入力します。

    すべての選択肢がドロップダウン リストに作成されるまで、この手順を繰り返します。

  5. 必要に応じて、その他のプロパティを入力します。

    注: [コンテンツの編集不可] チェック ボックスをオンにすると、ユーザーは選択肢をクリックできなくなります。

日付選択コントロールを挿入する

  1. 日付選択コントロールを挿入する位置をクリックします。

  2. [開発] タブの [日付選択コンテンツ コントロール] をクリックします。

コントロールに特定のプロパティを設定するには、「手順 4: コンテンツ コントロールのプロパティを設定または変更する」を参照してください。

チェック ボックスを挿入する

  1. チェック ボックス コントロールを挿入する位置をクリックします。

  2. [開発] タブの [チェック ボックス コンテンツ コントロール] をクリックします。

コントロールに特定のプロパティを設定するには、「手順 4: コンテンツ コントロールのプロパティを設定または変更する」を参照してください。

手順 4: コンテンツ コントロールのプロパティを設定または変更する

各コンテンツ コントロールには、設定または変更できるプロパティがあります。たとえば、日付選択コントロールには、日付を表示する形式のオプションが用意されています。

  1. 変更するコンテンツ コントロールをクリックします。

  2. [開発] タブの [プロパティ] をクリックし、目的のプロパティを変更します。

手順 5: 操作方法のテキストをフォームに追加する

操作方法のテキストを追加すると、作成して配布するフォームが使いやすいものになります。コンテンツ コントロール内の既定の操作方法のテキストを変更できます。

フォーム ユーザー向けに既定の操作方法のテキストをカスタマイズするには、次の操作を行います。

  1. [開発] タブの [デザイン モード] をクリックします。

  2. プレースホルダーの操作方法のテキストを修正するコンテンツ コントロールをクリックします。

  3. プレースホルダーのテキストを編集し、必要に応じて書式を設定します。

  4. [開発] タブの [デザイン モード] をクリックしてデザイン機能を無効にし、操作方法のテキストを保存します。

注: フォームのユーザーが操作方法のテキストを独自のテキストに置き換えられるようにする場合は、[コンテンツの編集不可] チェック ボックスをオンにしないでください。

手順 6: フォームに保護を追加する

他のユーザーによるフォームの編集または書式設定を制限するには、[編集の制限] を使用します。

  1. ロックまたは保護するフォームを開きます。

  2. [ホーム]、[選択]、[すべて選択] の順にクリックするか、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

  3. [開発]、[編集の制限] の順にクリックします。

ヒント: 必要に応じて、配布する前にフォームをテストすることができます。フォームを開き、ユーザーが行うのと同様に必要事項を記入し、指定した保存先に保存します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×